野球肩

肩の外旋の可動域と怪我の関係性について

憧れの一流選手のフォームを真似しようとしたことは一度はあるのではないでしょうか。しかし、見た目だけを真似してもうまくいかないこともしばしば起こります。というのも卵が先か鶏が先かという問題があり、そのひとの身体のバランスや筋肉の使い方の結果でスポーツのフォームが生まれるわけで、そのまま真似することにはリスクを高める可能性さえあります。

 

ポイント

  • 球速が速いピッチャーは肩の可動域が大きい傾向にあります
  • ピッチング時の肩の外旋の可動域が大きすぎると怪我をしやすい傾向にあります
  • 肩の外旋の可動域が小さいと怪我をしやすい傾向にあります

 

肩の可動域が大きい投球フォームで球速アップ?

闇雲に可動域を大きくすれば球速アップするとは限りません。

ピッチャーの投球フォームにおいて、投球時の肩の外旋の角度が球速に影響を与える可能性があるという考え方があります。

ピッチング時の最大外旋位(Aguinaldo and Chambers 2009より引用)

  • 127名のピッチャーの投球動作を解析した研究では、球速が速いグループはピッチング時の肩の外旋が大きかったそうです

この結果を踏まえると、意図的に外旋の可動域を大きくしたフォームで球速アップができるのではないか?という考え方ができますし、実際にこのように指導している人も見かけたことがあります。

 

しかし、卵が先か鶏が先という議論があるように、意図的に肩の可動域が大きいフォームにすることで球速アップするというよりも、適切な筋肉の働きで運動連鎖が起こった結果で可動域が増えるものだと思います。ですので見た目のフォームだけ真似をしてもその効果には限界があるのではないでしょうか。

ピッチング時の運動連鎖

https://www.quora.com/What-does-kinetic-chain-mean

 

肩の外旋の角度が大きいほど怪我をしやすい?

肩の可動域は怪我と関連している可能性があります

肩の検査をする女性

肩の外旋の可動域と怪我に関する研究

  • 14名のジュニア世代のピッチャーの投球動作を解析したところ、ピッチング時の肩の外旋の角度が大きいほど肘への負担も大きい傾向にあることがわかっています
  • さらに25名のプロのピッチャーの投球動作を分析した研究では、怪我をしているピッチャーはピッチング時の肩の外旋の負荷が大きいということがわかっています

 

これらの結果を踏まえると、肩の外旋の角度が大きいピッチングフォームには一定のリスクがあることがわかります。

 

それでも肩の可動域を高めることは重要

それでも肩の外旋の可動域を高めることは重要であると考えられています。

というのも、ピッチング動作では必然的に肩が大きな角度に到達してしまうため、それにふさわしいだけの柔軟性が必要になってきます。

ピッチャーの肩の外旋のストレッチ

参照https://ericcressey.com/shoulder-mobility-drills-how-to-improve-external-rotation

  • プロのピッチャー132名の肩の外旋の可動域を野球のシーズンが始まる前に調べ、その後の怪我を追跡調査した研究があります。その結果肩の外旋の可動域の低下は怪我のリスクを高めることが報告されています

こういったことから適度な可動域を確保することが重要であることが言えるかと思います。

 

さらに、肩の外旋の可動域の増加には筋肉などによるものや骨の形状の変化によるものがあり、こういった違いも怪我のリスクに影響してきます。

ピッチャーの投球シーン
肩関節の内旋の可動域の低下が怪我のリスクを高める?

一般的には可動域が低下しているほど怪我のリスクが高まると考えられており、柔軟性を高めるためにストレッチなどを行うことが多いことかと思います。確かに柔軟性が低下することはいいことではないのですが、実はそ ...

続きを見る

 

まとめ

一見相反するような結果かもしれませんが、これらの研究をまとめるとピッチング時の適切な運動連鎖の結果で大きな肩の外旋の角度が生まれ、それにふさわしいだけの柔軟性が必要になるという感じですかね。一流選手の投球動作で肩の角度が大きいからと、その見た目だけを真似したフォームするだけでは再現できないものがあるかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Matsuo T, Escamilla RF, Fleisig GS, Barrentine SW, Andrews JR. Comparison of Kinematic and Temporal Parameters between Different Pitch Velocity Groups. Journal of Applied Biomechanics. 2001;17(1):1-13.

  2. Sabick MB, Torry MR, Lawton RL, Hawkins RJ. Valgus torque in youth baseball pitchers: A biomechanical study. J Shoulder Elbow Surg. 2004;13(3):349-355.

  3. Anz AW, Bushnell BD, Griffin LP, Noonan TJ, Torry MR, Hawkins RJ. Correlation of Torque and Elbow Injury in Professional Baseball Pitchers. The American Journal of Sports Medicine. 2010;38(7):1368-1374.

  4. Camp CL, Zajac JM, Pearson DB, et al. Decreased Shoulder External Rotation and Flexion Are Greater Predictors of Injury Than Internal Rotation Deficits: Analysis of 132 Pitcher-Seasons in Professional Baseball. Arthroscopy. 2017;33(9):1629-1636.

-野球肩

© 2021 Hero's Body