野球肘

変化球を投げることが肘の怪我の原因になっているのか?

野球グローブとボール

成長期のピッチャーが変化球を投げると怪我をしやすいと言われることがあるかと思います。骨などが成長過程にある選手に高い負荷をかけ続けると怪我をしやすいのですが、本当に変化球を投げることが負荷を生み出しているのでしょうか?

 

ポイント

  • 統計上は変化球で怪我の発生率は微妙なところかもしれません
  • 投球動作解析ではストレートのほうが負荷が高いという結果になります
  • 投球動作解析は球速に大きく左右され、筋肉の働きの影響が十分に考慮されていません

 

変化球と怪我の発生率について

変化球を投げることで怪我が増えるかどうかは議論が分かれるところです。

野球

変化球と怪我の発生率を調べた研究

  • 478名のジュニア世代のピッチャーをアンケート調査したところ、ストレートだけでなくカーブやスライダーを投げているピッチャーのほうが肘や肩を怪我しやすい傾向にあるそうです
  • 一方で別の研究で怪我をしたピッチャー95名にアンケート調査をしたところ、変化球を投げる頻度と肘の手術には重要な関係がみられなかったそうです

統計上は意見が分かれるところですが、変化球で怪我をするという意見もあるので実際に投球動作の解析結果なども考慮したほうがいいのかもしれません。

 

ストレートと変化球のどちらが負荷が高いのか?

スポーツ医学の研究ではストレートのほうが負荷が高いという結果になっています。

 

モーションキャプチャーによる投球動作解析

  • ストレートと変化球の投球動作を解析した研究があります。この研究では29名のジュニア世代のピッチャーにストレート、カーブ、チェンジアップの3種類を投げてもらっているようで、ストレートは変化球と比べて全体的に負荷が高いようですが、特に肘への負担が大きいようです
  • 他の研究でもストレートとカーブの投球動作を解析しているものがありますが、こちらもストレートのほうが負荷が高い結果となっております

 

しかし、これはあくまでモーションキャプチャーによる実験結果にすぎません。実際に身体にかかる負荷は少々違ってくるかと思います。

 

負荷の算定の仕組みが影響している?

投球動作の解析においては変化球よりもストレートのほうが負荷が高いという結果になりますが、そこには疑問も残ります。

ここで、どのように負荷を算定されているのかというメカニズムを知ることが大切です。

モーションキャプチャーによるピッチャーの投球動作の測定の様子

参照https://www.hastings.edu/success-stories/diffendaffer-improves-athletic-safety-performance-through-biomechanical-research/

先ほど紹介したモーションキャプチャーを使って投球動作を解析しているのですが、モーションキャプチャーを使った肘や肩の関節の負荷の算定は、主に次の2点によって大きく影響を受ける可能性があります(同一人物の投球動作を解析した場合)。

  • 腕の位置が関節からどれだけ離れているか?
  • 物体がどれだけ速く動いているか?

腕の位置が関節からどれだけ離れているのかはテコの原理をうまく活かせるのかどうかに関係してきます。誤解を招くかもしれませんが、簡単にいうならば関節からより遠いところに腕やボールが位置しているほどに負荷が高くなります。仮にストレートと変化球で似たような軌道の腕の振りだった場合には、この影響は小さくなっていきます。

モーションキャプチャーの性質を考えると、関節やボールがどれだけ速く動いているのかが負荷の算定に大きな影響を及ぼします。一般的に球速が速いほうが関節の負荷が高く算出される傾向にあるということです。

ピッチャー
球速が速いピッチャーほど肘を怪我しやすいのか?

ピッチャーの肘の怪我の話題は尽きず、肘の手術という事態を防ぐために色々な議論がなされています。その議論のひとつにストレートの球速が速いほど肘に大きな負担がかかるというものがあります。特に球速の速いピッ ...

続きを見る

 

これらを踏まえると、先ほどの研究でストレートのほうが変化球よりも関節への負荷が高いのは、ストレートのほうが球速が速いというところが大きいと思います。ここにモーションキャプチャーを使った関節の負荷の計算式の弱点があるわけですね。

筋肉を上手に使えているのか?力を効率的に伝達しているのか?全身をうまく連動させているのか?というような要素を含めた分析に限界がある方法と言えます。

 

まとめ

研究ではストレートのほうが負荷が高いという結果になりやすいのかもしれませんが、筋肉を上手に使えているのか?力を効率的に伝達しているのか?全身をうまく連動させているのか?などという点もしっかり考慮することが大事ではないかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Lyman S, Fleisig GS, Andrews JR, Osinski ED. Effect of pitch type, pitch count, and pitching mechanics on risk of elbow and shoulder pain in youth baseball pitchers. Am J Sports Med. 2002;30(4):463-468.

  2. Olsen SJ, Fleisig GS, Dun S, Loftice J, Andrews JR. Risk factors for shoulder and elbow injuries in adolescent baseball pitchers. Am J Sports Med. 2006;34(6):905-912.

  3. Dun S, Loftice J, Fleisig GS, Kingsley D, Andrews JR. A Biomechanical Comparison of Youth Baseball Pitches: Is the Curveball Potentially Harmful? The American Journal of Sports Medicine. 2008;36(4):686-692.

  4. Nissen CW, Westwell M, Õunpuu S, Patel M, Solomito M, Tate J. A Biomechanical Comparison of the Fastball and Curveball in Adolescent Baseball Pitchers. The American Journal of Sports Medicine. 2009;37(8):1492-1498.

-野球肘

© 2021 Hero's Body