肘の痛み

ゴルフ肘の原因と改善方法について

2024年3月22日

 

ゴルフ肘とは?

ゴルフ肘とは肘の内側の痛みの総称であり、内側上顆に過剰な負荷がかかって炎症や痛みを引き起こします。

ゴルフだけに限らずロッククライミングや建築仕事など、腕を酷使するとゴルフ肘(内側上顆炎)へとつながります。

ゴルフ肘

ゴルフ肘はあくまで肘の内側の総称であり、筋肉や骨の損傷、場合によっては神経の圧迫や損傷など状態は人によって違ってきます。

重大な損傷の疑いがある場合には整形外科を受診することが大切です。

 

ゴルフ肘の原因

過剰な運動量

ゴルフなど運動量が多くなり、過剰な負荷が肘にかかり続けることでゴルフ肘を発症します。

前腕は疲労を自覚しにくく、気がついた時には過剰な負荷がかかっていた、腕に痛みが走っていたという状態に陥ってしまうことが珍しくありません。

ゴルフのスイング

 

スイングの乱れ

ゴルフのスイング時に腕の軸がブレたりすると肘の負担が大きくなり、ゴルフ肘に繋がりやすくなります。

腕に過剰な力が入ってしまうと軸がブレやすくなるため、適度に腕の力をリラックスさせておくということも重要なポイントになります。

肩甲骨などの適切な働きも肘の負担に関わっていて、肘だけでなく全身運動として捉えることも大切です。

ゴルフスイング

 

筋力低下

前腕の筋力低下はゴルフ肘へとつながる可能性があり、ゴルフ肘を抱えている人は筋力不足を抱えていることが珍しくありません。

トレーニングが好きな人でも前腕の筋肉も鍛えているという人は少なく、筋力不足が起こりやすい箇所であると言えます。

さらに、前腕には多くの筋肉が付いているためバランス良く筋肉を使うことが難しく、弱くなっている筋肉が生まれやすい傾向にあります。

ゴルフ肘

 

肘関節の歪み

肘関節の微妙な歪みが肘の痛みを生み出すことがあり、ゴルフ肘を抱えている人は肘関節が微妙にズレている人が珍しくありません。

慢性的な筋肉の硬さや筋力不足などにより、力の均衡が乱れてしまうと肘関節が微妙に歪んでしまう原因へとなることがあります。

ゴルフ肘

 

ゴルフ肘の対処方法

休養

ゴルフ肘は慢性的な負荷の蓄積によって引き起こされていることが多く、十分な休養を取ることが大切です。

ゴルフなどを再開するときも急激に運動量を戻すのではなく、少しずつ負荷を増やしていくことが痛みの再発を防ぐために重要です。

ゴルフ

 

 

マッサージ

腕の筋肉の硬さがゴルフ肘に関わっていて、マッサージで筋肉をほぐすことはゴルフ肘の改善に役立ちます。

前腕のマッサージは意外と骨が折れる作業であるため、マッサージ用の道具を使うと楽にケアをしやすくなります。

前腕のマッサージ

 

ストレッチ

前腕のストレッチで柔軟性を高めることも、ゴルフ肘の改善に役立つ可能性があります。

とはいえストレッチで思うように効かせられないことも珍しくないため、マッサージなど他の方法と併用して行うことが無難であると思います。

前腕のストレッチ

 

トレーニング

ゴルフ肘の改善には柔軟性の向上だけでなく筋力強化も大事であり、前腕のトレーニングに取り組むことが役立ちます。

ゴルフ肘は慢性的な負荷の蓄積によって引き起こされていることが多いため、トレーニングの負荷が過剰にならないように注意することが大事であり、小さな負荷から徐々に取り組んでいくことが効果を生み出すポイントです。

ゴルフ肘では前腕のリハビリが行われることが多いですが、上腕の筋肉や肩甲骨周りの筋肉などのトレーニングも取り入れることも役立ちます。

 

まとめ

ゴルフ肘はゴルフのスイングなど肘を酷使する運動、柔軟性の低下や筋力不足、肘関節の微妙なズレ、スイングの乱れなどが原因となります。

ゴルフ肘の改善には十分な休養、マッサージやストレッチでの柔軟性の改善、トレーニングでの筋力強化が役立ちます。

 

<参考文献>

  1. Amin NH, Kumar NS, Schickendantz MS. Medial epicondylitis: evaluation and management. J Am Acad Orthop Surg. 2015 Jun;23(6):348-55. doi: 10.5435/JAAOS-D-14-00145. PMID: 26001427.
  2. Ciccotti MC, Schwartz MA, Ciccotti MG. Diagnosis and treatment of medial epicondylitis of the elbow. Clin Sports Med. 2004 Oct;23(4):693-705, xi. doi: 10.1016/j.csm.2004.04.011. PMID: 15474230.
  3. Hoogvliet P, Randsdorp MS, Dingemanse R, Koes BW, Huisstede BM. Does effectiveness of exercise therapy and mobilisation techniques offer guidance for the treatment of lateral and medial epicondylitis? A systematic review. Br J Sports Med. 2013 Nov;47(17):1112-9. doi: 10.1136/bjsports-2012-091990. Epub 2013 May 24. PMID: 23709519.
  4. Moon HW, Kim JS. Golf-related sports injuries of the musculoskeletal system. J Exerc Rehabil. 2023 Apr 27;19(2):134-138. doi: 10.12965/jer.2346128.064. PMID: 37163185; PMCID: PMC10164523.

-肘の痛み

© 2020 biomechclinic.com