股関節の痛み

サッカー選手のグロインペインの原因と改善方法

2024年2月19日

 

グロインペイン症候群とは?

グロインペインはサッカー選手に多く見られる鼠径部の痛みであり、キック動作やランニングなどで鼠径部やその周辺に痛みが見られます。

サッカー選手のグロインペインは意外と長期化しやすく、完治するのに平均で2ヶ月近くかかってしまうという報告もあります

グロインペイン

あくまでグロインペインは股関節の痛みの総称でもあり、実際には筋肉の故障や恥骨損傷、関節唇損傷など様々な怪我の可能性が考えられます

重大な損傷の疑いがある場合には整形外科を受診することが大切です。

 

サッカー選手のグロインペインの原因

過剰な負荷

サッカーで股関節に繰り返しの負荷が蓄積されていくとグロインペインへとつながり、身体が出来上がっていない状態で過剰な負荷がかかってしまうとリスクが高まります。

サッカー選手のグロインペインは若い選手に多く、特にシーズン前半に発症しやすいことが報告されています3・4

サッカースプリント

 

キックのフォーム

サッカー選手にグロインペインが頻発するのはキック動作が関連していると考えられており、キックのフォーム次第ではグロインペインにつながるリスクが高まる可能性があります。

実際にグロインペインを発症しているサッカー選手のインサイドキックは膝関節に頼っている部分が大きく、体幹部の動きが小さいことなどが報告されています

サッカーのキック

 

内転筋の筋力不足

グロインペインを発症したサッカー選手は内転筋が弱い傾向にあることが報告されています6・7

内転筋

しかし、内転筋だけではグロインペインとの関係性が弱いという報告もあり、内転筋に限らず複数の筋肉をバランス良く鍛えていくことが大事になってくるかと思います。

 

グロインペインの改善方法

ストレッチ

股関節周りの柔軟性を高めることがグロインペインの痛みを防ぐのに役立つことが示唆されています

体幹部や胸郭など全身の柔軟性を高めて、股関節の負荷を分散できるような連動性の高い動きを獲得することも大事です。

 

トレーニング

内転筋のトレーニングでサッカー選手のグロインペインが減ることが報告されています10

負傷しやすい箇所を鍛えるだけでなく、ハムストリングスや体幹など様々な筋肉をバランス良く鍛えることが内転筋の負荷を分散させるポイントでもあります。

グロインペインを発症しているサッカー選手は方向転換時の全身の連動性が低下しているという報告もあることから、ランニングや方向転換の質を高めるトレーニングも役立つかもしれません11

が、いきなり激しいトレーニングをすると痛みを悪化させてしまうリスクがあるので、十分な休養を取りつつ、様子をみながら徐々に負荷を増やしていくことが大事です。

 

まとめ

グロインペインはサッカー選手に起こりやすく、キック動作や内転筋の筋力不足、全身の連動性の低下などによってリスクが高まります。

十分な休養を取りつつ、ストレッチで柔軟性を高め、内転筋などをリハビリで強化していくことがグロインペインの解消に役立ちます。

 

<参考文献>

  1. Mercurio M, Corona K, Galasso O, Cerciello S, Morris BJ, Guerra G, Gasparini G. Soccer players show the highest seasonal groin pain prevalence and the longest time loss from sport among 500 athletes from major team sports. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2022 Jun;30(6):2149-2157. doi: 10.1007/s00167-022-06924-5. Epub 2022 Mar 8. PMID: 35258646.
  2. Candela V, De Carli A, Longo UG, Sturm S, Bruni G, Salvatore G, Denaro V. Hip and Groin Pain in Soccer Players. Joints. 2021 Jun 22;7(4):182-187. doi: 10.1055/s-0041-1730978. PMID: 34235383; PMCID: PMC8253608.
  3. Eberbach H, Fürst-Meroth D, Kloos F, Leible M, Bohsung V, Bode L, Wenning M, Hagen S, Bode G. Long-standing pubic-related groin pain in professional academy soccer players: a prospective cohort study on possible risk factors, rehabilitation and return to play. BMC Musculoskelet Disord. 2021 Nov 17;22(1):958. doi: 10.1186/s12891-021-04837-x. PMID: 34789227; PMCID: PMC8600924.
  4. Marušič J, Šarabon N. Hip adduction and abduction strength in youth male soccer and basketball players with and without groin pain in the past year. PLoS One. 2022 Oct 5;17(10):e0275650. doi: 10.1371/journal.pone.0275650. PMID: 36197941; PMCID: PMC9534424.
  5. Murakami K, Miyazawa S, Nagamoto H. Kinetic characteristics of kicking motion between football players with or without groin pain: From motion analysis of the instep kick. Journal of Science and Medicine in Sport. 2017;20:e27.
  6. Thorborg K, Branci S, Stensbirk F, Jensen J, Hölmich P. Copenhagen hip and groin outcome score (HAGOS) in male soccer: reference values for hip and groin injury-free players. Br J Sports Med. 2014 Apr;48(7):557-9. doi: 10.1136/bjsports-2013-092607. Epub 2013 Jul 12. PMID: 23850734.
  7. Thorborg K, Branci S, Nielsen MP, Tang L, Nielsen MB, Hölmich P. Eccentric and Isometric Hip Adduction Strength in Male Soccer Players With and Without Adductor-Related Groin Pain: An Assessor-Blinded Comparison. Orthop J Sports Med. 2014 Feb 14;2(2):2325967114521778. doi: 10.1177/2325967114521778. PMID: 26535298; PMCID: PMC4555615.
  8. Rafn BS, Tang L, Nielsen MP, Branci S, Hölmich P, Thorborg K. Hip Strength Testing of Soccer Players With Long-Standing Hip and Groin Pain: What are the Clinical Implications of Pain During Testing? Clin J Sport Med. 2016 May;26(3):210-5. doi: 10.1097/JSM.0000000000000227. PMID: 26204042.
  9. McAleer SS, Lippie E, Norman D, Riepenhof H. Nonoperative Management, Rehabilitation, and Functional and Clinical Progression of Osteitis Pubis/Pubic Bone Stress in Professional Soccer Players: A Case Series. J Orthop Sports Phys Ther. 2017 Sep;47(9):683-690. doi: 10.2519/jospt.2017.7314. Epub 2017 Aug 3. PMID: 28774219.
  10. Fujisaki K, Akasaka K, Otsudo T, Hattori H, Hasebe Y, Hall T. Effects of a Groin Pain Prevention Program in Male High School Soccer Players: A Cluster-Randomized Controlled Trial. Int J Sports Phys Ther. 2022 Aug 1;17(5):841-850. doi: 10.26603/001c.36631. PMID: 35949380; PMCID: PMC9340824.
  11. Mansourizadeh R, Letafatkar A, Franklyn-Miller A, Khaleghi-Tazji M, Baker JS. Segmental coordination and variability of change in direction in long-standing groin pain. Gait & Posture. 2020;77:36-42.

-股関節の痛み

© 2020 biomechclinic.com