肩の痛み

卓球選手の肩の痛みの原因と改善方法

2024年2月12日

 

卓球の肩の痛みの原因

柔軟性の低下

適度な柔軟性を確保することは大事であり、柔軟性が低下してしまうと肩の怪我につながる可能性があります。

実際に肩の内旋の可動域低下が卓球選手の肩の痛みと関係していることが報告されています

卓球ショット

特に激しい練習をした後などは肩の可動域が著しく低下しやすいので、肩のケアをしておくことがポイントになります。

 

肩甲骨の機能低下

肩甲骨の機能低下などにより肩関節がズレたり、ぶつかったりすることで卓球選手の肩の痛みにつながることが報告されています

肩甲骨周りの筋力不足があると肩関節に余計な負荷がかかりやすく、肩を怪我するリスクが高まります。

卓球

肩甲骨の機能低下にはインナーマッスルの弱体化などが関係していて、意識して肩甲骨を動かすだけでは思うようにいかないことも珍しくありません。

 

動き

卓球のスイングには様々な動きがありますが、いくつかのスイングは肩に負担がかかりやすい傾向にあります。

肩が力んでしまっているような動き、肩甲骨の動きが悪く腕の力でスイングをしている、打点が無理な姿勢になっているといったものは怪我につながりやすいと考えられています。

卓球スイング

スイングが乱れてしまう原因には柔軟性の低下、肩甲骨の機能低下、インナーマッスルの筋力不足などの原因が相互に関連していることが多々あり、

動きの修正だけでなく身体のバランスの乱れを修正していくことがより大きな効果を発揮します。

 

過剰な運動量

過剰な練習量、急激に練習量を増やすことや休養を取らないなど、肩を酷使し続けると肩の怪我につながります。

肩のダメージは数ヶ月遅れてやってくることがあり、知らず知らずのうちにダメージが蓄積しやすいと言えます。

卓球疲労

 

卓球の肩の痛みの改善方法

休養

蓄積した肩のダメージを回復させるには十分な休養を与えることが大切で、肩関節が回復するには思っている以上に長い時間がかかってしまうことも珍しくありません。

1〜2週間ほど休んでも痛みが完全に回復しないことも多々ありますが、休みを入れることで痛みが軽減されている場合には休養が効果を発揮していると考えられるので、引き続き辛抱強く休養を取ることが賢明です。

短期間で回復しないと焦ってしまうと泥沼にはまってしまう可能性があり、下手に運動を再開すると痛みを悪化させてしまうので注意が必要です。

何よりも長期離脱になってしまう前に、普段から適度に休養を取ることが重要です。

 

ストレッチ

ストレッチで肩の柔軟性を高めることは肩の痛みの改善に役立ちます。

大胸筋や広背筋、上腕二頭筋などの大きな筋肉はストレッチで比較的ほぐしやすいのですが、肩甲骨周りの細かな筋肉はストレッチが上手く入りにくいため筋膜リリースやフォームローラーなどの道具を併用することがオススメです。

肩ストレッチ

 

トレーニング

肩の痛みの改善には肩のインナーマッスルや肩甲骨周りの細かな筋肉を鍛えることが大切です。

普段意識できないような細かな筋肉が肩周りにはたくさん存在していて、こういった筋肉を地道に鍛えていくことで痛みの改善や怪我の耐性がついてきます。

肩インナーマッスルトレーニング

怪我をしている場合には大きな筋肉をウェイトトレーニングなどで鍛えると痛みが悪化しやすいため、こういった筋肉は痛みが回復した時に鍛えることが賢明です。

 

まとめ

卓球選手の肩の痛みは肩の可動域の低下、肩甲骨の機能低下や負荷のかかりやすいスイングのクセ、過剰な運動量などが原因になります。

肩の痛みの改善には適度な休養、ストレッチなどでの柔軟性の向上、インナーマッスルや肩甲骨のトレーニングが役立ちます。

 

<参考文献>

  1. Zhang B, Wang K, Zhang E, Shang X. Correlation of Glenohumeral Internal Rotation Deficit With Shoulder Pain in Elite Table Tennis Players. Am J Phys Med Rehabil. 2023 Aug 1;102(8):687-691. doi: 10.1097/PHM.0000000000002180. Epub 2023 Jan 8. PMID: 36728366.
  2. Li L, Ren F, Baker JS. The Biomechanics of Shoulder Movement with Implications for Shoulder Injury in Table Tennis: A Minireview. Appl Bionics Biomech. 2021 May 8;2021:9988857. doi: 10.1155/2021/9988857. PMID: 34055046; PMCID: PMC8123990.
  3. Biz C, Puce L, Slimani M, Salamh P, Dhahbi W, Bragazzi NL, Ruggieri P. Epidemiology and Risk Factors of Table-Tennis-Related Injuries: Findings from a Scoping Review of the Literature. Medicina (Kaunas). 2022 Apr 21;58(5):572. doi: 10.3390/medicina58050572. PMID: 35629989; PMCID: PMC9147389.
  4. Teo MMJ, Chang FH, Lin YN. Sports injuries and risk factors for table tennis among nonprofessional collegiate athletes: A cross-sectional study. Medicine (Baltimore). 2021 Dec 17;100(50):e28221. doi: 10.1097/MD.0000000000028221. PMID: 34918684; PMCID: PMC8678010.

-肩の痛み

© 2020 biomechclinic.com