足の痛み

シーバー病の原因と改善方法について

2024年2月9日

 

シーバー病とは

シーバー病とはかかとの骨の端にみられる痛みであり、骨が成長過程にある10歳前後の子供達に多く発生すると言われています。

(Fares et al 2021)

シーバー病はサッカー選手などに多く、ダッシュやジャンプ動作によってかかとの骨が引っ張られて、炎症を起こし、時には骨にも影響を与えることがあります

状況によりますがシーバー病を発症してからスポーツに復帰するまで2ヶ月近くかかってしまうこともあります

 

シーバー病の原因

足首の柔軟性の低下

足首の可動域もシーバー病に関係しているかもしれません。

シーバー病を抱えている人達の足首の可動域が健康な人達に比べて著しく減少していたという研究結果があります

足首の可動域の制限があることで、足部に負荷がかかりやすい状態になっている可能性があります。

足首の可動域

 

急激な運動量の増加

普段の運動量が少ない選手がシーバー病を発症しやすいことが報告されています

激しい運動に慣れていない人が急激に運動量を増やすことや、より強度の高いプレーをするとシーバー病を発症するリスクが高まります。

サッカー

 

足部のプロネーション

足部のプロネーションと呼ばれるアライメントの乱れもシーバー病のリスクであることが報告されています

足首周りの筋肉のバランスの乱れなどによって足部が歪み、かかとに負荷が高まりやすくなる可能性があります。

足部のプロネーション

 

 

シーバー病の改善方法

ストレッチ

ストレッチなどで柔軟性を向上させることがシーバー病の改善に役に立つことが報告されています

特にふくらはぎのストレッチで足首の柔軟性を高めることが重要です。

ふくらはぎのストレッチ

 

シューズやインソール

インソールの処方はシーバー病の痛みを和らげることが報告されています5・6

自分でシューズやインソールを選ぶと身体に合っているものを見分けることが難しいため、シューズやインソールは経験豊富な専門家に処方してもらうのがいいでしょう。

インソールの処方

また、かかとにヒールパッドを取り入れることもランニング時のシーバー病の痛みを和らげることができます6・7

かかとのヒールパッドはインソールに比べてかなり安い価格で購入することができるというのがメリットです。

ヒールパッド

 

テーピング

テーピングもシーバー病の痛みを和らげるのに効果的で、簡単にテーピングを巻くだけでも症状を和らげるのに役立ちます。

 

トレーニング

筋力トレーニングなどで身体を鍛えて、負荷に慣らすことでシーバー病を防ぎやすくなります。

特にカーフレイズでふくらはぎの筋肉を鍛えることがシーバー病の予防に大切です

しかし、シーバー病を抱えている場合にはトレーニングで痛みが悪化してしまう可能性もあるので、様子を見ながら少しずつ負荷をかけていくことが大切です。

カーフレイズ

 

まとめ

シーバー病は10歳前後に見られるかかとの骨の痛みであり、足首の柔軟性の低下、急激な運動量の増加、足部のアライメントの乱れなどがシーバー病へとつながります。

ふくらはぎのストレッチやトレーニング、シューズの調整やテーピングなどでシーバー病の痛みを和らげることができます。

 

<参考文献>

  1. James AM, Williams CM, Haines TP. “Effectiveness of interventions in reducing pain and maintaining physical activity in children and adolescents with calcaneal apophysitis (Sever’s disease): a systematic review.” J Foot Ankle Res. 2013;6:16.

  2. Belikan P, Färber LC, Abel F, Nowak TE, Drees P, Mattyasovszky SG. Incidence of calcaneal apophysitis (Sever's disease) and return-to-play in adolescent athletes of a German youth soccer academy: a retrospective study of 10 years. J Orthop Surg Res. 2022 Feb 9;17(1):83. doi: 10.1186/s13018-022-02979-9. PMID: 35139872; PMCID: PMC8827183.
  3. Martinelli N, Spreafico A, Tramacere I, Marcolli D, Valli F, Curci D. Prevalence and Associated Factors of Sever's Disease in an Athletic Population. J Am Podiatr Med Assoc. 2019 Sep;109(5):351-356. doi: 10.7547/17-105. PMID: 31599666.

  4. Nieto-Gil P, Marco-Lledó J, García-Campos J, Ruiz-Muñoz M, Gijon-Nogueron G, Ramos-Petersen L. Risk factors and associated factors for calcaneal apophysitis (Sever's disease): a systematic review. BMJ Open. 2023 Jun 6;13(6):e064903. doi: 10.1136/bmjopen-2022-064903. PMID: 37280033; PMCID: PMC10254686.
  5. Fares MY, Salhab HA, Khachfe HH, Fares J, Haidar R, Musharrafieh U. Sever's Disease of the Pediatric Population: Clinical, Pathologic, and Therapeutic Considerations. Clin Med Res. 2021 Sep;19(3):132-137. doi: 10.3121/cmr.2021.1639. PMID: 34531270; PMCID: PMC8445662.
  6. Alfaro-Santafé J, Gómez-Bernal A, Lanuza-Cerzócimo C, Alfaro-Santafé JV, Pérez-Morcillo A, Almenar-Arasanz AJ. Effectiveness of Custom-Made Foot Orthoses vs. Heel-Lifts in Children with Calcaneal Apophysitis (Sever's Disease): A CONSORT-Compliant Randomized Trial. Children (Basel). 2021 Oct 25;8(11):963. doi: 10.3390/children8110963. PMID: 34828675; PMCID: PMC8621014.
  7. Ramponi DR, Baker C. Sever's Disease (Calcaneal Apophysitis). Adv Emerg Nurs J. 2019 Jan/Mar;41(1):10-14. doi: 10.1097/TME.0000000000000219. PMID: 30702528.

-足の痛み

© 2020 biomechclinic.com