身体のケア

糖尿病性神経障害における運動療法について

糖尿病によって様々な症状が引き起こされますが、神経障害もそのひとつです。糖尿病性神経障害を抱えていることで身体の機能にも変化が生じていることがあるため、そういったことを考慮した上での運動療法が役に立つかもしれません。

 

ポイント

  • 長期間の糖尿病により神経に負荷がかかり続け、神経障害を発症することがあります。
  • 歩行時の足底への圧力の偏りは足潰瘍などにつながる可能性があるようです。
  • 運動によって血流改善やバランス、血糖値などに一定の効果があるようです。

 

糖尿病性神経障害のメカニズム?

なぜ、糖尿病によって神経障害が引き起こされる理由は、いくつもの身体の機能によって影響を受けているようです

というのも糖尿病があることで様々な臓器や細胞、神経伝達物質に影響が及ぶためです

(Alavie et al 2014より引用)

 

糖尿病性神経障害のリスク要因

長期間の血糖値が高い状態、長期間の糖尿病によって神経障害を引き起こすリスクが高くなるようです。

  • 糖尿病の期間の長さは糖尿病性神経障害のリスクとなるようです
  • HbA1c(糖化ヘモグロビン)。血糖値は食事や運動といった短期間の影響を受けやすいですが、糖化ヘモグロビンの値は長期的な血糖値の値が反映されると考えられています。
  • 体重や血圧、喫煙、アルコール摂取などは糖尿病性神経障害のリスクと関係がありますが、まだまだ科学的根拠は弱いかもしれません

 

神経の生理学的変化

糖尿病にともない神経の反応が悪くなったり、感覚が鈍ったりすることがあります。

  • エコー検査によると糖尿病性神経障害がある人は神経の面積が大きくなっていたそうです。これは神経が腫れているなどの可能性を示唆しています。
  • エコー検査によると糖尿病神経障害の症状が重いと神経における血液が多い傾向にあったそうです5・6。これは身体が神経を修復しようとしているのか、循環が悪くて血液が溜まっているのか、解釈が難しいところです。
  • 糖尿病神経障害に伴い神経伝達速度が低下している傾向にあるそうです
  • 神経線維の走行など神経組織(Fractional anisotropy)にも変化がみられたそうです

こういった神経の変化などにより、足の感覚が鈍くなっていくことが珍しくありません。

 

糖尿病性神経障害と歩行動作

糖尿病性神経障害を抱えていることで歩行動作に特徴がみられるようです。

  • 糖尿病性神経障害を持っている人は地面への圧力が高く、接地時間が長い傾向にあったそうです
  • 重度の糖尿病性神経障害を持っている人は特に足の前部への圧力が高い傾向にあったそうです10

(Alavi et al 2014より引用)

歩行時の圧力が特定の箇所に集中することで足にたこができることがあり、これに炎症や代謝といった要素が相まって足潰瘍に発展する可能性があるようです11

このため歩行時の圧力に偏りがないように整えておくことが役に立つ可能性があるようです。

 

足潰瘍(Ulcer)

糖尿病性神経障害は足潰瘍にも関連しています。

  • 歩行時の地面への圧力が高まっていることは糖尿病性足潰瘍と関係しているようです10・12
  • 足の感覚が乏しいことも糖尿病性足潰瘍のリスク要因となっているようです12・13
  • 血流障害があることで糖尿病性足潰瘍が治りにくくなることが報告されています14
  • 一方で糖尿病の期間や体重は糖尿病性足潰瘍の発生率とはあまり関係がないようです12

最悪の場合は壊死や足の切断につながることもあるため、早い段階で食い止めておきたいところです。

 

運動療法について

糖尿病の診断・治療は医師の指示に従うことが大前提です。

血糖値のコントロールや薬の処方などの治療は医師の判断となりますが、医師が運動を勧めることがあります。

 

血流の改善

血流を改善することが役に立つ可能性があります。

  • 糖尿病を抱えた人達は血流が低下している傾向にあることが報告されています15
  • 血流の改善により足潰瘍を防ぐ効果がみられたそうです16
  • マッサージによる血流改善にも一定の効果があるようです17・18・19
  • エクササイズや運動にも血流改善に一定の効果があるようです20・21。ただ激しければいいというわけではなくて、適度な負荷の設定が大事なようです。

このようにマッサージや運動によって血流が改善することは一定の効果があります。

 

バランスの改善

足裏の感覚が鈍っていることや足底への圧力の偏りがあることから、バランスの改善も役に立つ可能性があります。

片脚立ちバランス

  • バランスエクササイズによって一定の効果があるようです22
  • マッサージによっても足の感覚器を刺激できるためか一定のバランス改善効果があるようです23

足裏の神経感覚の低下など様々なメカニズムが関係している可能性があります。詳しくはこちらの記事を参照ください。

足裏への感覚刺激によるバランス改善について

 

血糖値改善

運動によって血糖値が改善する可能性があります20・21

基本的なことかもしれませんが、定期的な運動の習慣は大事ですね。

 

 

まとめ

糖尿病神経障害において運動が役に立つ可能性がありますが、そのメカニズムを理解することで少しでも効果的な運動ができればと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Yorek MA. Vascular Impairment of Epineurial Arterioles of the Sciatic Nerve: Implications for Diabetic Peripheral Neuropathy. Rev Diabet Stud. 2015;12(1-2):13-28. doi:10.1900/RDS.2015.12.13
  2. Tang H-Y, Jiang A-J, Ma J-L, Wang F-J, Shen G-M. Understanding the Signaling Pathways Related to the Mechanism and Treatment of Diabetic Peripheral Neuropathy. Endocrinology. 2019;160(9):2119-2127. doi:10.1210/en.2019-00311
  3. Liu X, Xu Y, An M, Zeng Q. The risk factors for diabetic peripheral neuropathy: A meta-analysis. PLoS One. 2019;14(2):e0212574. doi:10.1371/journal.pone.0212574
  4. Singh Y, Dixit R, Singh S, Garg S, Chowdhury N. High resolution ultrasonography of peripheral nerves in diabetic peripheral neuropathy. Neurol India. 2019;67(Supplement):S71-S76. doi:10.4103/0028-3886.250719
  5. Borire AA, Issar T, Kwai NC, et al. Sonographic assessment of nerve blood flow in diabetic neuropathy. Diabet Med. 2020;37(2):343-349. doi:10.1111/dme.14085
  6. Eaton SEM, Harris ND, Ibrahim S, et al. Increased sural nerve epineurial blood flow in human subjects with painful diabetic neuropathy. Diabetologia. 2003;46(7):934-939. doi:10.1007/s00125-003-1127-3
  7. K N, Rl S, Ls D, M B, Fw B. Reproducibility of different methods for diagnosing and monitoring diabetic neuropathy. Electromyogr Clin Neurophysiol. 1998;38(5):295-299.
  8. Wu C, Wang G, Zhao Y, et al. Assessment of tibial and common peroneal nerves in diabetic peripheral neuropathy by diffusion tensor imaging: a case control study. Eur Radiol. 2017;27(8):3523-3531. doi:10.1007/s00330-016-4698-3
  9. Fernando M, Crowther R, Lazzarini P, et al. Biomechanical characteristics of peripheral diabetic neuropathy: A systematic review and meta-analysis of findings from the gait cycle, muscle activity and dynamic barefoot plantar pressure. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2013;28(8):831-845. doi:10.1016/j.clinbiomech.2013.08.004
  10. Caselli A, Pham H, Giurini JM, Armstrong DG, Veves A. The forefoot-to-rearfoot plantar pressure ratio is increased in severe diabetic neuropathy and can predict foot ulceration. Diabetes Care. 2002;25(6):1066-1071. doi:10.2337/diacare.25.6.1066
  11. Alavi A, Sibbald RG, Mayer D, et al. Diabetic foot ulcers. Journal of the American Academy of Dermatology. 2014;70(1):1.e1-1.e18. doi:10.1016/j.jaad.2013.06.055
  12. Frykberg RG, Lavery LA, Pham H, Harvey C, Harkless L, Veves A. Role of neuropathy and high foot pressures in diabetic foot ulceration. Diabetes Care. 1998;21(10):1714-1719. doi:10.2337/diacare.21.10.1714
  13. Richard J-L, Reilhes L, Buvry S, Goletto M, Faillie J-L. Screening patients at risk for diabetic foot ulceration: a comparison between measurement of vibration perception threshold and 10-g monofilament test. Int Wound J. 2014;11(2):147-151. doi:10.1111/j.1742-481X.2012.01051.x
  14. Prompers L, Schaper N, Apelqvist J, et al. Prediction of outcome in individuals with diabetic foot ulcers: focus on the differences between individuals with and without peripheral arterial disease. The EURODIALE Study. Diabetologia. 2008;51(5):747-755. doi:10.1007/s00125-008-0940-0
  15. Liao F, Jan Y-K. Nonlinear dynamics of skin blood flow response to mechanical and thermal stresses in the plantar foot of diabetics with peripheral neuropathy. Clin Hemorheol Microcirc. 2017;66(3):197-210. doi:10.3233/CH-160239
  16. Lavery LA, Higgins KR, Lanctot DR, et al. Preventing Diabetic Foot Ulcer Recurrence in High-Risk Patients: Use of temperature monitoring as a self-assessment tool. Diabetes Care. 2007;30(1):14-20. doi:10.2337/dc06-1600
  17. Çakici N, Fakkel TM, van Neck JW, Verhagen AP, Coert JH. Systematic review of treatments for diabetic peripheral neuropathy. Diabet Med. 2016;33(11):1466-1476. doi:10.1111/dme.13083
  18. Dalal K, Maran VB, Pandey RM, Tripathi M. Determination of efficacy of reflexology in managing patients with diabetic neuropathy: a randomized controlled clinical trial. Evid Based Complement Alternat Med. 2014;2014:843036. doi:10.1155/2014/843036
  19. Chatchawan U, Jarasrungsichol K, Yamauchi J. Immediate Effects of Self-Thai Foot Massage on Skin Blood Flow, Skin Temperature, and Range of Motion of the Foot and Ankle in Type 2 Diabetic Patients. J Altern Complement Med. 2020;26(6):491-500. doi:10.1089/acm.2019.0328
  20. Olver TD, Laughlin MH. Endurance, interval sprint, and resistance exercise training: impact on microvascular dysfunction in type 2 diabetes. Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2016;310(3):H337-350. doi:10.1152/ajpheart.00440.2015
  21. Laughlin MH. Physical activity-induced remodeling of vasculature in skeletal muscle: role in treatment of type 2 diabetes. Journal of Applied Physiology. 2015;120(1):1-16. doi:10.1152/japplphysiol.00789.2015
  22. Mohamed AA, Jan Y-K. Effect of Adding Proprioceptive Exercise to Balance Training in Older Adults with Diabetes: A Systematic Review. Curr Diabetes Rev. 2020;16(4):327-339. doi:10.2174/1573399815666190712200147
  23. Chatchawan U, Eungpinichpong W, Plandee P, Yamauchi J. Effects of thai foot massage on balance performance in diabetic patients with peripheral neuropathy: a randomized parallel-controlled trial. Med Sci Monit Basic Res. 2015;21:68-75. doi:10.12659/MSMBR.894163

-身体のケア

© 2021 Hero's Body