前十字靭帯損傷

前十字靭帯再建後のリハビリで見逃されやすいポイント

私はこれまで前十字靭帯再建後のリハビリがうまくいっていないというご相談を受けることがしばしばありました。

前十字靭帯を再断裂した人や、前十字靭帯が切れたまま手術ができない人、何年もリハビリをしているのに思うような結果を得られていない人など様々な方からご相談を受けてきました。

そういった方々はしっかりと身体をメンテナンスして、トレーニングもしているのに思うような結果が出ていないことが珍しくありませんでした。

ですが、そういった人達でもちょっとしたポイントや工夫によってどんどん脚の状態が良くなっていくことが多いです。

そこで前十字靭帯再建後のリハビリで見逃されやすいポイントについてまとめてみました。何かの参考になれば幸いです。

 

柔軟性へ重きをおきすぎる

前十字靭帯再建後のリハビリで思うような結果が出ていないという人でも、柔軟性が十分に確保されているケースは意外と多い印象を受けています。

日頃からしっかりと脚をケアしているんだろうな〜、というのが伝わってくるほどに脚の柔らかさがあったりします。

そのようにしっかりとケアされている方々でも、股関節や足関節の柔軟性が乏しかったり、筋肉があまりついていなかったりすることがあります。

おそらく膝周りの柔軟性の確保は徹底してケアしているのだけれども、他の部分にそこまで注意を払えていなかったりすることがあるような気がしています。

 

柔軟性ばかりを追い求めても前十字靭帯断裂後は膝が硬くなりやすく、どんなに脚をほぐしても本質的な問題の解決につながらないことが珍しくありません。

むしろ膝が硬くなってしまうのは本能的に膝を守ろうとするための身体の機能だったりします。

 

柔軟性を確保することは重要ですが、そこばかりに気をとられて他のことがおろそかになってしまうことがあるように思います。

しっかりと努力をされている方だからこそ、理にかなった方法を取り入れるだけで脚が劇的に良くなっていくケースも珍しくありません。

 

お尻の筋肉がうまく使えていない

お尻の筋肉を使うことが大切だということを耳にしたことがあるかと思います。

しかしながら、前十字靭帯断裂後のリハビリがうまくいっていない方々は頭でわかっていてもお尻の筋肉をうまく使えていないケースが珍しくありません。

大臀筋とハムストリングス

 

お尻のエクササイズにただ取り組むだけでお尻の筋肉がうまく使えるとは限らず、

例えば股関節の柔軟性が不足しているためにお尻の筋肉に力が入りにくいというケースもあります。

大臀筋を鍛えて前十字靭帯への負荷を減らす

 

他にも体幹部の筋肉がうまく働いていないだとか、手術の傷口がうまくケアされていなかったり、さらには脳神経の連動性の問題だったりと、

お尻の筋肉がうまく働いていないケースでは様々な原因と対応策が考えられます。

筋肉がうまく使えないのは才能があるからとか、そういった問題とは限りません。

 

筋肉をバランスよく鍛えるということ

お尻の筋肉に限らず、様々な筋肉をバランス良く鍛えるというのはとても重要です。

前十字靭帯再建後のリハビリがうまくいっていない方々で特定の筋肉が弱かったり、筋肉量の偏りがみられたりとバランスが整っていないことが珍しくないように思います。

 

例えば、内側広筋はリハビリの際に重要視されることが多いため、前十字靭帯再建後のリハビリがうまくいっていない方々でもしっかりと鍛えられていることが多いのですが、内側広筋以外の筋肉が弱かったりすることが多々あります。

内側広筋(VMO)を集中的に鍛えることの長所と短所

VMO内側広筋斜頭

 

前十字靭帯への負荷を減らす役割がある筋肉は他もたくさんあり、ハムストリング内側外側、ふくらはぎの筋肉など様々な筋肉をバランスよく鍛えることが大切になってきます。

腓腹筋やヒラメ筋による前十字靭帯の負荷軽減について

 

トレーニングの負荷の調整

細かな筋肉をバランスよく鍛えることが大切なのですが、そういったことを行わずに時期尚早のままスクワットやランジなどの負荷の高いエクササイズに進んでしまうことも珍しくありません。

スクワット

一般的に前十字靭帯リハビリからの復帰や再断裂を防ぐための基準として、筋力やジャンプ力があることが望ましいとされており、

こういったところのトレーニングを目的としてスクワットなど負荷の高いトレーニングを取り入れることは必要性があるものだと思います。

前十字靭帯断裂からのスポーツへの復帰と再断裂について

 

しかし問題となるのは、膝の状態があまりよくないのに負荷の高いエクササイズを取り入れてしまうことで、

かえって膝を痛めてしまったり、変なクセがついてしまったりと思うような効果を得られないといったケースもあります。

 

膝の機能をしっかりと高めてからスクワットなどの負荷の高いトレーニングで脚を鍛えていくことが大切です。

闇雲に筋力をつけようとすればいいわけではないと思います。

 

何気ない瞬間に起こる恐怖心への対策

前十字靭帯断裂をすると、何気ない瞬間に膝がもっていかれるような恐怖を感じることがあります。

そのような状態ではなかなかスポーツの複雑な動きや、高度なトレーニングに安心して取り組むことができなくなってしまいます。

芝生スパイク

 

これは単なる心理的な問題だけではなく、靭帯断裂によって膝関節が不安定な状況になっているために起こる現象でもあります。

膝が緩いため何かの拍子に膝関節がガッとずれて、本能的に危険を感じてしまうことがあります。

これは体験したことのある人ではないと理解できないかもしれませんが、突然やってくるためなかなかの恐怖を感じてしまいます。

 

安心してトレーニングやスポーツに取り組むためにも、膝関節の安定性をしっかりと高めてこういった問題を先に解決しておくことが重要です。

心理的な要素というのは再断裂のリスクにも関わっているというデータもあるためしっかりと対策をすることが大切だと思います。

前十字靭帯損傷における心理面による影響について

 

恐怖心というのは身体を守るための正常な反応であると思いますし、決してネガティブ思考だから恐怖を感じてまうわけではありません。

しっかりと理にかなったトレーニングをすることで解決できるケースも多々あると思います。

 

骨格の問題に対する対策

前十字靭帯再建のリハビリが思うように進んでいない場合など、骨格に問題があるからと指摘されてしまうケースも時にはあるかもしれません。

骨盤と大腿骨

本当に骨格の問題かどうか?というのはしっかりとレントゲンやMRIなどの検査によって確かめたほうがよく、リハビリが思うように進まない原因を骨格のせいにするのはよろしくないと個人的には思います。

少なくとも骨格に何らかの異常があったとしても、それを考慮した身体のケアやトレーニングという工夫をすることができます。

 

私自身も骨格の問題と指摘されることも何度もありましたが、それはあくまで個性のひとつに過ぎないのではないかと思いますし、

人の身体を正常とそうでないものと区別することはあまり気持ちの良いものではありません。

 

全てを正常値にもっていき異常値を排除しようとする考え方では、骨格の問題があるとリハビリが思うように進めにくいと感じてしまうかもしれません。

骨格異常があったとしても原理原則を深く理解していれば、機転の利かせた応用的なリハビリやトレーニングによって身体をいい方向にもっていける可能性は十分にあると私は思います。

 

まとめ

前十字靭帯再建後のリハビリというのは本当に大変なもので、様々な要素が絡んできます。

画一的な方法ではなく、その人の身体の状態に合わせ、原理原則を深く理解した上で理にかなったアプローチをすることで身体が改善していく可能性があるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body