野球肘の整体施術 | 越谷市 | Hero's Body

野球肘

野球肘の予防・改善に役立つ整体施術やトレーニングをご紹介していきます。

 

野球肘の原因

野球肘(内側側副靱帯損傷)の原因は主に繰り返しの投球動作です。

投球回数が多い、休養日が短い、球速が速い、可動域の低下、筋力不足といった要因が重なると野球肘のリスクが高まります。

肘内側側副靱帯

野球肘は野球に復帰するのに数ヶ月かかる場合や、靭帯へのダメージが大きい場合には手術なども検討することがあります。

このため重大な肘の損傷が疑われる場合には整形外科で診断を受けることが大切です。

 

野球肘の整体施術

野球肘に対して効果を発揮する整体施術には様々なものがあります。

 

ストレッチ

メジャーリーグ球団では肩のストレッチがよく行われており、最近ではストレッチ専門店というものが増えてきています。

肩のストレッチは野球選手のコンディションを整えるのに非常に優れており、日々のストレッチのルーティーンは怪我予防などにも大いに役立つのですが、

それはあくまで健康な野球選手に対してであり、酷い怪我を抱えている野球選手には慎重な判断が求められます。

というのも酷い怪我をしている人の場合にはストレッチで腕を大きく伸ばすと、痛みや違和感が出ることも珍しくありません。

違和感のない無理のない範囲でストレッチを行うことが大事で、怪我をしている人の場合には他の施術を組み合わせていくことが大事です。

 

可動域を高める施術

肩関節の内旋や外旋の可動域の低下、肩関節の屈曲など可動域の低下は肘の怪我のリスクに関係しています。

筋肉のもみほぐし、筋膜リリースなど様々な方法を使って可動域を高める施術を行なっていくことが役に立ちます。

(Wilk et al 2002より引用)

肩関節はとても繊細な関節であるため、微妙なバランスの調整が求められます。

某メジャーリーグ球団のトレーナーさんによれば、うまく筋肉のバランスをとることが極意だそうで、これには高い技術力が求められます。

 

肩甲骨への施術

肩甲骨

野球では肩甲骨が大事と言われることがあり、肩甲骨をほぐすなどの整体施術が行われています。

もちろん肩甲骨の柔らかさは大事なのですが、それ以上に肩甲骨周りの筋力とのバランスを保ちながら施術を行うことが大事です。

⇨整体での肩甲骨はがしの効果について

 

肩甲骨をひたすら柔らかくしすぎると、かえって痛みや違和感が出現するというケースも珍しくありません。

適度なバランスを保ちつつ肩甲骨周りをほぐしていくことが高い効果を生み出すポイントであり、これは高い技術が求められるものです。

 

野球肘のトレーニング

野球肘を予防・改善するためには筋肉をバランスよく鍛えることが大切ですが、その中でも筋力不足になりやすいポイントをご紹介していきたいと思います。

 

上腕のトレーニング

上腕三頭筋

上腕の筋肉を鍛えている野球選手はとても多い印象を受けていますが、腕の前面にある上腕二頭筋が過度に発達し、後部にある上腕三頭筋が相対的に弱い野球選手が珍しくありません。

腕の前面は見栄えに大きく関係していて、ムキムキでカッコいい肉体に仕上げるために上腕二頭筋ばかりが鍛えられるということがよくあります。

⇨肘を怪我しているピッチャーは上腕三頭筋が弱い

上腕三頭筋トライセプスプレスダウン

野球肘を防ぐためには、上腕の後方部にある上腕三頭筋もしっかりと鍛えていくことがポイントになります。

 

前腕のトレーニング

前腕の筋肉の解剖図

前腕の筋肉は肘の靭帯の近くに位置しており、野球肘を防ぐのに役に立ちます。

前腕の筋肉のトレーニングは地味であるため、前腕を鍛えることを面倒に感じてしまい、ついつい鍛えることが疎かになってしまうことがよくあります。

⇨前腕の筋肉によるピッチャーの肘の怪我予防

 

肩甲骨のトレーニング

野球肘を防ぐためには肩甲骨周りもしっかりと鍛えておくことが重要です。

肩関節や肩甲骨はとても繊細な筋肉であるため、闇雲にトレーニングをすると逆効果になってしまうことが珍しくなく、うまく鍛えるには知識と経験が必要になってきます。

ローテーターカフ

ローテーターカフの筋肉のトレーニングに取り組んでいる野球選手も少しずつ増えてきましたが、十分に鍛え上げられているケースはまだまだ少ないのが現状です。

というのも通常のトレーニングのように重いダンベルを使って闇雲に鍛えるだけでは効率が悪くなってしまいます。

僧帽筋

僧帽筋なども野球肘を防ぐのに大切であり、特に下部僧帽筋が十分に鍛えられていないことがよくあります。

トレーニングでこの筋肉にはうまく刺激が入らないことがよくあり、この筋肉に効かせるには一定の技術が必要になってきます。

 

肘に負担のかかりにくい投球動作

手投げと言われるように、投球動作の効率が悪いと肘に負担がかかりやすく、怪我予防のために投球フォームを改善しようという考え方があります。

野球の投球フォームは奥が深く、突き詰めるとキリがないのですが、怪我予防という観点では一定のポイントを抑えていれば大丈夫であると思います。

というのも投球フォームによって多少の違いはあるものの、決定的に怪我につながるというような投球フォームはそこまで多いわけではありません。

とはいえより高いレベルを目指している野球選手の場合には、本人が感じていることをベースに投球動作を突き詰めていくことになります。

絶対的に正しい投球フォームはこれ!と第三者が提示するのではなく、選手本人の感覚を重視して、本人の要望を実現できるようにトレーナーが調整を加えていくことが大事だと思います。

 

投球時の腕の動き

ピッチャーの肘

腕が外に大きく広がる投球フォームは、テコの原理によって肘に大きな負担がかかります。

特にコッキングフェーズと呼ばれる腕を後ろに振りかぶった時点での肘の動きが、怪我のリスクに大きく関係しています。

⇨ピッチング時の肘の外反ストレスと靭帯損傷のリスク

 

ピッチング動作

投球時の肘の高さなどが議論になることがありますが、こちらは怪我のリスクとの関連性が微妙なところで明確に怪我につながると言えるほどの強い根拠があるわけではありません。

現状がうまく行っていなかったら、肘の高さを変えてみるというような感じでフォーム修正をするのでいいと思います。

⇨ピッチング時の肘の高さと怪我の関係性について

 

下半身からの力をうまく伝える

投球時の脚の使い方に関して研究が数多く存在し、細かいポイントがたくさんありますが、基本的な考え方としては極端に偏った脚の使い方をしていなければ問題ないかと思います。

野球投球動作

とはいえ股関節の可動域低下や体幹部が硬かったりすると、意識しても思うように身体が動かないということが起こるため、

体幹周りの柔らかさや、股関節周りの可動域を高めておくことが変なクセを防ぐひとつのポイントにもなります。

⇨体幹部の回旋動作のタイミングとピッチャーの怪我の関連性

⇨股関節の可動域低下とピッチャーの投球動作への影響

 

まとめ

野球肘の予防・改善のためには投球時の過度な肘の負担を取り除くとともに、可動域の改善や見逃しがちな筋肉をしっかりと鍛えることが重要です。

 

<参考文献>

  1. Carr JB 2nd, Camp CL, Dines JS. Elbow Ulnar Collateral Ligament Injuries: Indications, Management, and Outcomes. Arthroscopy. 2020 May;36(5):1221-1222. doi: 10.1016/j.arthro.2020.02.022. Epub 2020 Feb 27. PMID: 32112818.
  2. Agresta CE, Krieg K, Freehill MT. Risk Factors for Baseball-Related Arm Injuries: A Systematic Review. Orthop J Sports Med. 2019 Feb 25;7(2):2325967119825557. doi: 10.1177/2325967119825557. PMID: 30828579; PMCID: PMC6390229.
  3. Shitara H, Yamamoto A, Shimoyama D, Ichinose T, Sasaki T, Hamano N, Ueno A, Endo F, Oshima A, Sakane H, Tachibana M, Tomomatsu Y, Tajika T, Kobayashi T, Osawa T, Iizuka H, Takagishi K. Shoulder Stretching Intervention Reduces the Incidence of Shoulder and Elbow Injuries in High School Baseball Players: a Time-to-Event Analysis. Sci Rep. 2017 Mar 27;7:45304. doi: 10.1038/srep45304. PMID: 28345616; PMCID: PMC5366891.
  4. Pozzi F, Plummer HA, Shanley E, Thigpen CA, Bauer C, Wilson ML, Michener LA. Preseason shoulder range of motion screening and in-season risk of shoulder and elbow injuries in overhead athletes: systematic review and meta-analysis. Br J Sports Med. 2020 Sep;54(17):1019-1027. doi: 10.1136/bjsports-2019-100698. Epub 2020 Jan 14. PMID: 31937577; PMCID: PMC7456673.
  5. Wilk KE, Meister K, Andrews JR. Current concepts in the rehabilitation of the overhead throwing athlete. Am J Sports Med. 2002 Jan-Feb;30(1):136-51. doi: 10.1177/03635465020300011201. PMID: 11799012.
  6. Camp CL, Zajac JM, Pearson DB, Sinatro AM, Spiker AM, Werner BC, Altchek DW, Coleman SH, Dines JS. Decreased Shoulder External Rotation and Flexion Are Greater Predictors of Injury Than Internal Rotation Deficits: Analysis of 132 Pitcher-Seasons in Professional Baseball. Arthroscopy. 2017 Sep;33(9):1629-1636. doi: 10.1016/j.arthro.2017.03.025. PMID: 28865566.
  7. Chalmers PN, Wimmer MA, Verma NN, Cole BJ, Romeo AA, Cvetanovich GL, Pearl ML. The Relationship Between Pitching Mechanics and Injury: A Review of Current Concepts. Sports Health. 2017 May/Jun;9(3):216-221. doi: 10.1177/1941738116686545. Epub 2017 Jan 1. PMID: 28107113; PMCID: PMC5435152.
  8. Kageyama M, Sugiyama T, Takai Y, Kanehisa H, Maeda A. Kinematic and Kinetic Profiles of Trunk and Lower Limbs during Baseball Pitching in Collegiate Pitchers. J Sports Sci Med. 2014 Dec 1;13(4):742-50. PMID: 25435765; PMCID: PMC4234942.

 

アクセス(越谷市蒲生駅から徒歩5分)

​<住所>
​埼玉県越谷市蒲生茜町23-2  WAnest W204
東武伊勢崎線「蒲生駅」徒歩5分
アクセス方法の詳細

<営業時間>
10:00ー21:00(平日)
10:00ー18:00(土日祝日)​
完全予約制

 

料金

お問い合わせ

© 2022 Hero's Body