足の痛み

種子骨炎による足の痛みの原因と改善方法

2024年2月13日

 

種子骨炎とは?

種子骨は足の親指の付け根にある小さな骨の炎症や痛みであり、歩行時やランニング時などに痛みが生じます。

種子骨炎は繰り返しの荷重によって引き起こされ、ランナーやバレエダンサー、ハイヒールを履いている人などに多くみられます。

種子骨

歩行によって痛みが悪化することがあるため安静にすることが基本となります。

重大な損傷の疑いがある場合には整形外科を受診することが大切です。

 

種子骨炎の原因

過剰な運動量

繰り返しの負荷がかかり続けると種子骨炎の原因となり、普段よりも急激に運動量を増やすなど身体が出来上がっていない状態での運動量の増加はリスクがあります。

特にアスファルトなどの硬い路面での長時間の運動は負荷が高く、種子骨炎につながりやすい傾向にあります。

ランニング

 

つま先への荷重

ランニング時のつま先着地や親指荷重などは種子骨に負荷がかかりやすく、種子骨炎へとつながる可能性があります。

また、バレエのようにつま先立ちを続けることなども種子骨炎を引き起こすリスクがあります。

ランニング

ランニングフォームには賛否両論ありますが、普段から慣れている人ならばそこまでのリスクはなく、普段慣れていない人が無理に走り方を変えた時が怪我をしやすい傾向にあります。

マラソン
フォアフット走法は怪我のリスクを高めるのか?

続きを見る

 

シューズ

つま先に負担がかかりやすいシューズは種子骨炎を引き起こしやすく、クッションが薄いシューズなどはリスクがあります。

また、シューズのかかと部分が高すぎるとつま先立ちに近い形になり、種子骨炎を引き起こしやすくなる場合があるので注意が必要です。

着地した時にかかとからつま先に転がるようなシューズもつま先に負担がかかりやすく、種子骨炎につながる可能性があると言えます。

ランニングシューズ

 

種子骨炎の改善方法

休養

種子骨炎は繰り返しの負荷によって引き起こされる慢性的な怪我であるため、十分な休養を取ることが大切です。

種子骨炎の多くは数週間の休養を取ることで痛みなどの症状が少しずつ和らいでいきます。

2〜3週間の休養をとっても症状が全く改善しないなどの場合には、骨折など他の重大な損傷をしている可能性も考えられます。

 

シューズの調整

適切なシューズを選ぶことは種子骨炎の予防や改善に重要であり、つま先に負荷がかかりにくいようなシューズを選ぶことが役立ちます。

種子骨炎を防ぐことができるシューズには様々なものがありますが、つま先部分にクッションが入ったシューズも種子骨炎の改善に役立ちます

クッションシューズ

他にも専門家によるインソールの処方などで身体のバランスを整えることも役立ちます。

 

足部のトレーニング

足部の筋肉を鍛えることで負荷がかかりにくくなり、種子骨炎の予防や改善につながります。

足部には細かい筋肉がたくさん存在しており、特に筋肉のバランスを整えることが重要になってきます。

 

まとめ

種子骨炎は過剰な運動やつま先への荷重、クッション性の弱いシューズやハイヒールなどが原因になります。

種子骨炎の改善には十分な休養、シューズの調整、足部のトレーニングなどが役立ちます。

 

<参考文献>

  1. Kaur P, Carroll MR, Stewart S. The assessment and management of sesamoiditis: a focus group study of podiatrists in Aotearoa New Zealand. J Foot Ankle Res. 2023 May 16;16(1):29. doi: 10.1186/s13047-023-00628-w. PMID: 37194098; PMCID: PMC10186644.

-足の痛み

© 2020 biomechclinic.com