シンスプリント 疲労骨折

脛骨疲労骨折と骨の形状や骨密度との関係

疲労骨折は練習のしすぎだけではなく、骨の形状や強度によっても怪我のリスクが変わってきます。

ここで疲労骨折に影響する骨の特徴について、文献を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

 

疲労骨折と骨の大きさ

骨が小さいと疲労骨折につながる可能性があります。

(Tommasini et al 2007より引用)

  • 脛骨疲労骨折をしたマラソンランナーの骨は細く、体積が小さく、強度が低いなどの特徴がみられます1〜4
  • 骨の細さや体積、強度が低い人のほうが将来の疲労骨折が多かったことが報告されています

 

疲労骨折と骨密度

骨密度の低下は疲労骨折につながる可能性があります。

骨密度

  • 疲労骨折をした人は骨密度が低いという研究結果が報告されています6・7。一方で骨密度は疲労骨折に関係していなかったという研究結果もあります1・4
  • 女性マラソンランナーを対象とした研究では骨密度が低かった人は将来の疲労骨折を発症しやすかったことが報告されています

 

骨を強くしていくには?

疲労骨折は単に練習のしすぎだけではなく、骨の強さも怪我のリスクに影響してきます。

このため骨を強くすることが疲労骨折を防ぐ上で重要であり、たくさん練習をするアスリートほど強い骨を獲得しておきたいところです。

 

骨の強度や太さなどは栄養状態やといったことで変わってきます。

疲労骨折と栄養不足による影響について

 

ウェイトトレーニングなどで身体にある程度負荷をかけていると骨もそれに適応して、強く太くなっていきます。

さらには睡眠やホルモンバランス、心理的ストレスなど様々な要因が関わってきます。

疲労骨折と食事睡眠運動などによるリスク軽減について

 

まとめ

骨の太さや強度、骨密度などが疲労骨折のリスクに関係しています。

栄養やトレーニングなどの身体のケアで強い骨を作っていくことが大切です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Popp KL, Frye AC, Stovitz SD, Hughes JM. Bone geometry and lower extremity bone stress injuries in male runners. Journal of Science and Medicine in Sport. Published online September 21, 2019. doi:10.1016/j.jsams.2019.09.009
  2. Popp KL, Hughes JM, Smock AJ, et al. Bone Geometry, Strength, and Muscle Size in Runners with a History of Stress Fracture. Medicine & Science in Sports & Exercise. 2009;41(12):2145-2150. doi:10.1249/MSS.0b013e3181a9e772
  3. Franklyn M, Oakes B, Field B, Wells P, Morgan D. Section Modulus is the Optimum Geometric Predictor for Stress Fractures and Medial Tibial Stress Syndrome in both Male and Female Athletes. Am J Sports Med. 2008;36(6):1179-1189. doi:10.1177/0363546508314408
  4. Popp KL, McDermott W, Hughes JM, Baxter SA, Stovitz SD, Petit MA. Bone strength estimates relative to vertical ground reaction force discriminates women runners with stress fracture history. Bone. 2017;94:22-28. doi:10.1016/j.bone.2016.10.006
  5. Beck TJ, Ruff CB, Shaffer RA, Betsinger K, Trone DW, Brodine SK. Stress fracture in military recruits: gender differences in muscle and bone susceptibility factors. Bone. 2000;27(3):437-444. doi:10.1016/S8756-3282(00)00342-2
  6. Myburgh KH. Low Bone Density Is an Etiologic Factor for Stress Fractures in Athletes. Ann Intern Med. 1990;113(10):754. doi:10.7326/0003-4819-113-10-754
  7. Kelsey JL, Bachrach LK, Procter-Gray E, et al. Risk Factors for Stress Fracture among Young Female Cross-Country Runners. Medicine & Science in Sports & Exercise. 2007;39(9):1457-1463. doi:10.1249/mss.0b013e318074e54b
  8. Beck BR, Rudolph K, Matheson GO, Bergman AG, Norling TL. Risk Factors for Tibial Stress Injuries: A Case–Control Study. Clin J Sport Med. 2015;25(3):7.
  9. Tommasini SM, Nasser P, Hu B, Jepsen KJ. Biological Co-Adaptation of Morphological and Composition Traits Contributes to Mechanical Functionality and Skeletal Fragility. J Bone Miner Res. 2007;23(2):236-246. doi:10.1359/jbmr.071014

-シンスプリント, 疲労骨折

© 2021 Hero's Body