テニス肘

テニス肘にはグリップを握る動作の質も関係している!?

テニス選手にとって悩ましいもののひとつにテニス肘の怪我があります。慢性的な怪我であり、回復するのに意外と時間がかかってしまうことも珍しくありません。テニス肘の症状にはグリップを握ると痛みが出たり、グリップを握る力が低下してしまうことが多くあります。このようにグリップを握る動作がテニス肘に関わっているのにもかかわらず、一般的にはテニス肘の怪我の原因はバックハンド時の手首の動作であると考えられています。

テニス肘

ポイント

  • テニス肘を抱えている人はグリップを握る動作で痛みが出ることが珍しくありません
  • グリップを握る動作においても前腕の筋肉の活動が変化している傾向にあるようです
  • 強くグリップを握ると上腕の筋肉にも力が入り、上腕からの影響も考えられます

 

前腕の筋肉の活動パターンが変化している?

肘の怪我をしている人達は、手首の伸筋群の活動パターンや周辺の筋肉とのバランスに違いがあったそうです。特に疲労による影響で筋肉の活動量の変化が大きくなる傾向があるそうです。

手首のグリップ時の筋電図の計測

(Rojas-Martínez et al 2019より引用)

このような前腕の筋肉のバランスの乱れがテニス肘に影響している可能性があるので、こういった筋肉を整えることや持久力などの改善がテニス肘の改善や予防に大切ではないでしょうか。

 

グリップを握る動作へ影響があるかもしれない?

テニス肘を抱えている人はグリップを握る動作に痛みがあることが珍しくありません。テニス肘とグリップを握る動作はテニス肘と関係していることが多いと言われています。

テニスラケットを握る場面

  • グリップを握る動作には手首の屈筋群だけでなく伸筋群も関わっています。というのも、疲労によりグリップを握る力が低下した時には、前腕の伸筋群の活動量も低下していたという報告があります
  • テニス肘を持っている選手はグリップを握る動作においても手首の伸筋群の活動量の低下が報告されています。これがグリップを握る力に影響を与えているのかもしれませんね。

以上からラケットを握る動作には一部の筋肉だけでなく色々な筋肉が関わっており、前腕の筋肉をまんべんなくケアしたほうがいいかもしれませんね。

 

上腕の筋肉もグリップを握る動作に関係している?

グリップを握る動作には前腕の筋肉だけでなく、上腕の筋肉も関係しています。というのも、一定以上の力でグリップを握ると上腕二頭筋の活動量が急激に増加する傾向にあるようです

握力の度合いと上腕の筋肉の活動量

(Biswas et al 2019より引用)

つまり、テニスラケットを強く握りすぎることや、グリップを強く握るタイミングなどによって必要以上に肩周りの筋肉が力んでしまうかもしれません。そのためグリップを握るための筋力の変化がテニス肘に影響を与えている可能性があります。

テニスラケットを握る場面
テニス肘は手首だけではなく上腕も関係している!?

一般的にテニス肘は手首の伸展動作を繰り返すことで引き起こされると考えられていますが、その原因は上腕部にもある可能性があります。前腕の筋肉のケアやリハビリが行われることが多いのですが、ついつい上腕部の筋 ...

続きを見る

しかし、それぞれの研究で違う傾向が観察されるなど一定の傾向が掴みきれておらず、一概にこうしたほうがいいという明確なものがないのが現状となっています

 

まとめ

前腕の筋肉のバランスの乱れや、グリップを握る動作や疲労などがテニス肘に関係している可能性があることから、こういったところの改善をしておいて損はないかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Rojas-Martínez M, Alonso JF, Jordanić M, Mañanas MÁ, Chaler J. Analysis of Muscle Load-Sharing in Patients With Lateral Epicondylitis During Endurance Isokinetic Contractions Using Non-linear Prediction. Front Physiol. 2019;10:1185.

  2. Souza VK, Claudino AF, Uliam Kuriki H, Marcio Marcolino A, Registro Fonseca M de C, Inácio Barbosa R. Fatigue of the wrist extensor muscles decreases palmar grip strength. Fisioterapia e Pesquisa. 2017;24(1):100.

  3. Alizadehkhaiyat O, Fisher AC, Kemp GJ, Vishwanathan K, Frostick SP. Upper limb muscle imbalance in tennis elbow: a functional and electromyographic assessment. J Orthop Res. 2007;25(12):1651-1657.

  4. Biswas A, Parbat D, Chakraborty M. Establishment of EMG-Force relationship obtained during Simultaneous Voluntary Contraction of Biceps and Flexor Digitorum Profundus Muscles. In: 2019 IEEE 5th International Conference for Convergence in Technology (I2CT). ; 2019:1-6.

  5. Alizadehkhaiyat O, Frostick SP. Electromyographic assessment of forearm muscle function in tennis players with and without Lateral Epicondylitis. J Electromyogr Kinesiol. 2015;25(6):876-886.

-テニス肘

© 2021 Hero's Body