肘の怪我のメカニズム

テニス肘につながりやすいバックハンドの打ち方

テニス肘テニス肘はバックハンド時に手首を伸ばす動作を何度も繰り返すことが原因と一般的に考えられていますが、この考え方には疑問が残ります。

ここでバックハンドとテニス肘のメカニズムについて解説していきたいと思います。

 

ポイント

  • インパクトの瞬間に合わせて筋肉が力を発揮することが肘への負荷を減らす可能性があります
  • テニス初心者は手首の角度に違いがり、より急激に筋肉が引き伸ばされているようです
  • バックハンド時の衝撃が肘に伝わる度合いにも差があり、これによって肘への負荷が変わる可能性があります

 

バックハンドがテニス肘の原因なのか?

バックハンドの打ちすぎがテニス肘につながるかもしれませんが、本当にそれだけが原因なのでしょうか?

趣味でテニスをやっている人の怪我を調べてみたところ、テニス初心者の方がテニス上級者と比べてテニス肘を発症しやすいそうです。

テニスのバックハンド

ある研究ではテニスの上級者と初心者のバックハンド時の筋肉の活動量を計測し、筋肉が発揮している力を分析したところ初心者と上級者で差がみられたそうです。

テニスの初心者と上級者の前腕の筋力発揮

(Riek et al 1999より引用)

  • テニス上級者のバックハンドは初心者に比べてインパクト前までは筋肉の出力が弱いのですが、インパクトの瞬間に合わせて急激に筋肉が力を発揮しているわけです
  • テニス上級者に比べて初心者は筋肉が急激に引き伸ばされ、筋肉により負荷が高い結果になっています

このようにテクニックやフォームの問題もテニス肘に関係している可能性があります。

テニスのバックハンド

 

テニス初心者と上級者のバックハンドの違い

バックハンドの打ち方次第で肘への負担が変わってくる可能性があり、それは手首の角度や衝撃吸収能力といった違いにも表れてきます。

テニスバックハンド

  • バックハンドストロークのインパクト時の手首の角度を比べたところ、テニス上級者とテニス初心者では手首の角度が平均で約10度違っていたそうです
  • テニス初心者はバックハンドストローク時の衝撃の約40%が肘に伝わっているのに対し、テニス上級者はバックハンドストロークのインパクト時の衝撃が約10%しか肘に伝わっていないという研究結果もあります

このようにボールの打ち方によって身体への負荷が変わる可能性が考えられます。

 

まとめ

バックハンドをやりすぎてテニス肘になっていること以外にも様々な原因があり、筋肉やフォームなどにも原因があると考えられるわけです。

効率的な動作を身につけることで肘への負担を減らせる可能性があります。

 

<参考文献>

  1. Riek S, Chapman AE, Milner T. A simulation of muscle force and internal kinematics of extensor carpi radialis brevis during backhand tennis stroke: implications for injury. Clin Biomech (Bristol, Avon). 1999;14(7):477-483.

  2. De Smedt T, de Jong A, Van Leemput W, Lieven D, Van Glabbeek F. Lateral epicondylitis in tennis: update on aetiology, biomechanics and treatment. Br J Sports Med. 2007;41(11):816-819.

  3. Wei SH, Chiang JY, Shiang TY, et al. “Comparison of shock transmission and forearm electromyography between experienced and recreational tennis players during backhand strokes.” Clin J Sport Med2006;16:129–35.

-肘の怪我のメカニズム

© 2022 Hero's Body