腰痛

整体で坐骨神経痛の痛みが悪化した理由について

整体施術

他の整体で施術を受けたら坐骨神経痛の痛みが悪化したという相談を受けたので、痛みが悪化した考えられる理由についてご紹介していきたいと思います。

 

坐骨神経痛について

梨状筋症候群

坐骨神経痛は筋肉などが硬くなるなどの理由で坐骨神経を圧迫することで引き起こされると考えられています。

坐骨神経痛に対して様々な治療やリハビリが行われていますが、様々な要因が重なって坐骨神経痛が改善しないことも珍しくありません

坐骨神経痛

坐骨神経痛に良く似た症状として梨状筋症候群がありますが、大きな違いは坐骨神経痛の場合にはヘルニアなどによって腰から神経が圧迫されているかという違いが挙げられます。

この腰から神経が圧迫されるという要因が加わることで、坐骨神経痛を改善することが難しくなる要因にもなり得ます。

 

神経の状態を確認することの難しさ

施術で坐骨神経痛が悪化してしまう事例が起こる理由に、神経の状態を正確に確認することが難しいということが関係しています。

 

整体で確認できるのは骨や筋肉

整体で調べることができるのは神経そのものではなくて、あくまで骨や筋肉が中心になります。

例えば背骨がズレているということを確認することはできますが、そこから「背骨が歪んでいるから神経が圧迫されている」というのはあくまで推測にしか過ぎません。

本当にそうなのか検証するには、レントゲンやMRIなどで確認することが賢明であると言えます。

とはいえ歪んだ骨格を整えることが整体の商売であったりするので、骨格が歪んでいるから神経が圧迫されるとセールストークを展開したくなるのは仕方のない部分もあるかもしれません。

一般論として骨格が歪んでいると神経を圧迫する可能性がある、それが今回のケースで当てはまるかを検査する方法はなく、実際に骨格矯正を試してみるまでわかりません。

骨格を修正して痛みが軽減されれば仮説は正しかった、骨格修正で痛みが増幅されれば仮説が間違っていた、ということになるかと思います。

⇨整体でボキボキ鳴らす施術の効果について

 

徒手検査の限界

神経の症状のテストに特別な道具を使わずに、施術者の手による徒手検査が用いられることがあります。

 

こういった徒手検査によって神経の症状をテストすることができます。

しっかりとした科学的根拠があり、一定の信頼性があるのですが、100%の正確性があるわけではありません

 

急性症状の簡単な応急処置を施すため、あるいは重大な損傷の疑いがないかを調べるためといった用途でこういったテストが用いられます。

しかし、これらはあくまで簡易的なテスト方法といった位置付けであり、正式な診断は整形外科で医師が行うことが基本となります。

 

構造的要因を見逃す可能性

椎間板ヘルニア

ヘルニアを併発して神経を圧迫している、腰の靭帯が肥大して神経を圧迫している、などの構造的要因によって坐骨神経痛へとつながる可能性があります。

こういった構造的要因を検証するのは簡単ではなく、見逃したまま施術をしてしまうと症状が改善しにくかったり、場合によっては逆効果になってしまうことも考えられます。

全てのケースでこのような構造的問題があるとは限りませんが、坐骨神経痛につながりやすい構造的要因が隠れているかもしれないと慎重な判断をすることが大切です。

 

炎症の状態を見逃す可能性

坐骨神経痛の原因には神経の炎症という可能性もあり、日々のダメージの蓄積によって酷い炎症を引き起こしている可能性も考えられます。

このため骨格の歪みや、筋肉の状態だけを調べても、坐骨神経痛の痛みの原因を見逃してしまうことがあります。

ウォーキング

どのような運動をしたか、どのような生活を送ったか、それに伴う痛みの程度の変化などから炎症の程度を確かめておくことが賢明です。

 

効果を慎重に検証することの重要性

施術による痛みの悪化を防ぐためには、過信せずに慎重に効果があるのかを検証していくことが重要です。

 

整形外科の重要性

上記のような理由によって痛みが悪化してしまう可能性があるので、坐骨神経痛の診断は整形外科が行うことが大事です。

整形外科は守りのスペシャリストであり、最悪の事態を防ぎながらリスクを排除しながら治療をするのに最適です。

医師

しかし、保険制度などによって治療内容などに縛りがあったりするため、最大限の効果を生み出すための攻めの姿勢を取りにくいという弱点も少なからずあるかもしれません。

とはいえ最初から攻めの姿勢で保険適用外の施術を行うよりも、まずは守りの姿勢でリスクを減らしながらケアすることの優先度が高いのではないかと個人的には思います。

 

整体で施術をする場合

整体での施術は基本的には保険適用外であり、凄腕の人から怪しい人までピンキリの状態です。

とはいえ医療機関や保険制度による治療に限界を感じている人が、保険適用外であったとしても凄腕の施術によって症状が軽減されるという話は珍しくありません。

骨盤矯正の整体施術

それでも注意が必要なのが、たとえ8割の人に効果がある方法だったとしても、うまくいかない事例にあたってしまう可能性があるわけです。

技術や腕を過信せずに、慎重に効果を細かくチェックしていくことが大事になってきます。

 

どのような刺激が痛みを悪化させるのか、どのような刺激が痛みを軽減するのか、細かく調べていくことでその人の状態に合った最適な対応がしやすくなります。

こういった細かいチェックをせずに自分のやっていることが絶対的に正しいと思い込んでいると、施術によって症状を悪化させるということにつながる可能性があります。

常に謙虚であることが大切で、これで本当に痛みが軽減するのか?と何度も検証することがリスクを減らしながら効果を得るポイントになります。

 

揉みほぐしが強すぎると痛みが悪化する

坐骨神経痛に対する施術のひとつに、筋肉のもみほぐしがあります。

筋肉のもみほぐしによって症状が軽減されることが多々ありますが、強い力で筋肉をもみほぐしてしまうと坐骨神経痛が悪化してしまうことが珍しくありません。

私のところにもそういった痛みの悪化の相談が寄せられることがあります。

マッサージ腰痛

強い力で筋肉をほぐしたほうがいいのか?、弱い力で筋肉をほぐしたほうがいいのか?というのはよくある議論です。

強い力で筋肉をほぐしたほうが高い効果が生まれる場合もあるので、強い力で筋肉をほぐすことには一定のメリットがあります。

しかし、症状次第では力が強すぎると逆効果になってしまうことがあり、特に坐骨神経痛に対しては筋肉を強い力でもみほぐすことは好ましくありません。

 

これは整体での施術に限らず、自分でセルフケアを行う場合にも同じことが言えます。

例えば坐骨神経痛のセルフケアのひとつにテニスボールなどでお尻の筋肉をほぐすという方法があるのですが、

長時間ほぐしたり、強い力でほぐすと逆効果になってしまう可能性があります。

お尻のボールマッサージ

 

ストレッチで痛みが悪化する可能性

坐骨神経痛に対してストレッチが行われることがよくあるかと思いますが、意外にもストレッチが坐骨神経痛の痛みを減らすという強い科学的根拠は見受けられません3・4

たとえ科学的根拠がなくとも、ストレッチで股関節周りを緩めることで痛みが軽減されるというのは十分にあり得ることだと思いますが、ストレッチによって坐骨神経も引き伸ばされて一定の負荷がかかることを忘れてはいけません

ストレッチ

ストレッチをやりすぎてしまうと神経の炎症を引き起こし、坐骨神経痛が悪化する可能性も考えられます。

実際に過度なストレッチによって坐骨神経を痛めてしまったという事例が論文として公表されています

適度なストレッチであれば症状が軽くなる可能性はありますが、やりすぎには注意が必要かと思います。

 

運動療法で痛みが悪化する可能性

運動療法には坐骨神経痛を改善する一定の効果があることが報告されています

しかし、闇雲に運動するだけでは効果が得られず、むしろやりすぎてしまうと逆効果になってしまうことが珍しくありません。

ウォーキング

例えば、運動が身体にいいからと、1日に数千歩や一万歩を歩くなどの運動療法をする人は珍しくありません。

坐骨神経痛はお尻の問題も関わっているため、ウォーキングやランニングというのは意外とお尻に負荷かがかかってしまいます。

このため歩きすぎると痛みが悪化してしまうことがあります。

 

より大きな効果を得るために大切なことは、痛みや違和感が出る前に運動をやめる勇気を持つことです。

たくさん運動すればするほど効果があるという考え方は、逆効果を生み出してしまう可能性があります。

痛みや違和感のない範囲で運動をするからこそ、運動療法が痛みの改善に効果を発揮するのです。

 

まとめ

神経の状態を正確に把握することが難しいということを忘れ、腕を過信して施術をしてしまうと逆効果になることが考えられます。

坐骨神経痛を減らすのに効果があるとされている方法でさえも、過剰にやりすぎると神経を痛めて逆効果になってしまう可能性もあります。

⇨坐骨神経痛の整体施術について

 

<参考文献>

  1. Troutner AM, Battaglia PJ. The ambiguity of sciatica as a clinical diagnosis: A case series. J Am Assoc Nurse Pract. 2020 Aug;32(8):589-593. doi: 10.1097/JXX.0000000000000288. PMID: 31567779
  2. Urban LM, MacNeil BJ. Diagnostic Accuracy of the Slump Test for Identifying Neuropathic Pain in the Lower Limb. J Orthop Sports Phys Ther. 2015 Aug;45(8):596-603. doi: 10.2519/jospt.2015.5414. Epub 2015 Jun 24. PMID: 26107044.
  3. Kirschner JS, Foye PM, Cole JL. Piriformis syndrome, diagnosis and treatment. Muscle Nerve. 2009 Jul;40(1):10-8. doi: 10.1002/mus.21318. PMID: 19466717.
  4. Ostelo RW. Physiotherapy management of sciatica. J Physiother. 2020 Apr;66(2):83-88. doi: 10.1016/j.jphys.2020.03.005. Epub 2020 Apr 11. PMID: 32291226.
  5. Coppieters MW, Andersen LS, Johansen R, Giskegjerde PK, Høivik M, Vestre S, Nee RJ. Excursion of the Sciatic Nerve During Nerve Mobilization Exercises: An In Vivo Cross-sectional Study Using Dynamic Ultrasound Imaging. J Orthop Sports Phys Ther. 2015 Oct;45(10):731-7. doi: 10.2519/jospt.2015.5743. Epub 2015 Aug 24. PMID: 26304637.
  6. Shim HY, Lim OK, Bae KH, Park SM, Lee JK, Park KD. Sciatic nerve injury caused by a stretching exercise in a trained dancer. Ann Rehabil Med. 2013 Dec;37(6):886-90. doi: 10.5535/arm.2013.37.6.886. Epub 2013 Dec 23. PMID: 24466525; PMCID: PMC3895530.

-腰痛

© 2022 Hero's Body