肩の怪我のメカニズム

小胸筋が肩の怪我を引き起こしているのか?

肩の怪我をしている人は小胸筋が硬いことが多く、小胸筋をほぐすことで肩が楽になります。このため小胸筋の硬さが怪我を引き起こすと考えられていますが、一筋縄ではいかないケースも珍しくありません。

小胸筋

 

肩の怪我と小胸筋の関係

肩の怪我と小胸筋には密接な関わりがあります。

  • 怪我をした水泳選手は小胸筋が硬い傾向にあるそうです1・2
  • 水泳をすることで一定の負荷がかかり小胸筋が硬くなるようです
  • 利き腕のほうが小胸筋が硬くなりやすい傾向にあるようです

このように肩の怪我をしている人は小胸筋が硬いことが多いことから、小胸筋の硬さは怪我の原因になりうると考えられているようです。

ただ、小胸筋の硬さが怪我を引き起こすのか?という因果関係を検証した研究はほとんど存在しません。

 

小胸筋と肩甲骨の働き

小胸筋は肩甲骨の働きに影響を及ぼし、機能低下などへとつながる可能性も考えられるようです。

  • 小胸筋が硬いことで肩甲骨の前傾や内旋が起きやすくなるようです
  • 小胸筋のストレッチにより肩甲骨の後傾や外旋といった動きを引き出しやすくなるようです
  • 小胸筋が硬い人達は肩甲骨の安定性が乏しい傾向にあるようです
  • 小胸筋が及ぼす影響は限定的であるという研究結果もあるようです8・9

このように小胸筋は少なからず肩甲骨に何らかの影響を与える可能性があります。実際に現場でも小胸筋をほぐすことで肩が楽になったりすることから、小胸筋の硬さは良くないと考えることは自然なことだと思います。

しかしながら、肩の怪我は複雑化しやすいことも珍しくなく、現時点の研究では物足りないところもあるのは否めないと個人的には思います。

 

まとめ

怪我をしている人の小胸筋は硬いことが多く、悪影響を及ぼすと考えられています。

しかし、その因果関係を詳細に分析している研究は数が少ないのが現状であり、経験と勘によって小胸筋へのアプローチが行われていることが多いのではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Tate A, Turner GN, Knab SE, Jorgensen C, Strittmatter A, Michener LA. Risk Factors Associated With Shoulder Pain and Disability Across the Lifespan of Competitive Swimmers. Journal of Athletic Training. 2012;47(2):149-158.
  2. Harrington S, Meisel C, Tate A. A cross-sectional study examining shoulder pain and disability in Division I female swimmers. J Sport Rehabil. 2014;23(1):65-75. doi:10.1123/jsr.2012-0123
  3. Higson E, Herrington L, Butler C, Horsley I. The short-term effect of swimming training load on shoulder rotational range of motion, shoulder joint position sense and pectoralis minor length. Shoulder Elbow. 2018;10(4):285-291.
  4. Hodgins JL, Rubenstein W, Kovacevic D, Padaki A, Jobin CM, Ahmad CS. Pectoralis Minor Contracture in Throwing Shoulders of Asymptomatic Adolescent Baseball Players. Orthopaedic Journal of Sports Medicine. 2017;5(9):2325967117728041.
  5. Borstad JD, Ludewig PM. The effect of long versus short pectoralis minor resting length on scapular kinematics in healthy individuals. J Orthop Sports Phys Ther. 2005;35(4):227-238.
  6. Umehara J, Nakamura M, Nishishita S, Tanaka H, Kusano K, Ichihashi N. Scapular kinematic alterations during arm elevation with decrease in pectoralis minor stiffness after stretching in healthy individuals. J Shoulder Elbow Surg. 2018;27(7):1214-1220.
  7. Lee I-G, Im S-C, Kim K. Effects of pectoralis minor length on strength improvement and pain reduction during scapular reposition test. J Phys Ther Sci. 2020;32(1):42-47.
  8. Ebaugh D, Pollen T, Mohring J, Gerrity K, Goodstadt N, Finley M. Pectoralis minor muscle elongation and scapulothoracic motion do not differ in individuals with short versus typical resting pectoralis minor muscle length: a cross-sectional study. Braz J Phys Ther. 2018;22(6):519-526. doi:10.1016/j.bjpt.2018.05.003
  9. Navarro-Ledesma S, Fernandez-Sanchez M, Luque-Suarez A. Does the pectoralis minor length influence acromiohumeral distance, shoulder pain-function, and range of movement? Phys Ther Sport. 2018;34:43-48. doi:10.1016/j.ptsp.2018.08.009

-肩の怪我のメカニズム

© 2021 Hero's Body