膝の怪我のメカニズム

オスグッド病による膝痛のメカニズム

成長期のお子さんに多いオスグッド病ですが、そのメカニズムやリスク要因についてご紹介していきたいと思います。

 

オスグッド病とは?

成長期の骨の強度が弱い時期にオスグッド病を発症すると考えられており、膝の骨が引っ張られて突出する部分ができます。

オスグッド病

 

成長期の骨の弱さ

骨の成長の特定のステージにおいてオスグッド病を発症するが著しくリスクが高いことが報告されています(Apophyseal stageやcartilaginous stageなど)

(Sailly et al 2013より引用)

痛みが消えても骨の異常が残っていることが珍しくないことから、骨の変形よりも膝の炎症による影響が大きいのではないかという意見もあるようです

 

運動習慣や疲労の蓄積

長時間のスポーツの練習などによってオスグッド病へとつながっていきます。

  • オスグッド病を抱えている人達は運動や練習時間が長い傾向にあることが報告されています5・6・7・10
  • 子供のうちからひとつのスポーツを絞っている人はオスグッド病を発症しやすいという研究結果もあります

このように繰り返し同じ負荷がかかり続けることで膝へのダメージが蓄積していき、オスグッド病へとつながる可能性があります。

 

大腿四頭筋の硬さ

大腿四頭筋が硬いと膝の骨が引っ張られ、オスグッド病につながりやすいと言われています。

大腿四頭筋

  • 複数の研究でオスグッド病を抱えている人達は大腿四頭筋が硬いことが報告されています5・9・10
  • オスグッド病を抱えている人は大腿四頭筋だけでなく、股関節の内旋や足首の背屈の可動域の低下といった特徴がみられたという研究結果もあります

 

膝蓋骨の働き

膝の皿のポジションや働きによってはオスグッド病へとつながる可能性があります。

  • オスグッド病を抱えている人達は膝蓋骨のポジションの高さに変化がみられたことが報告されています11・12・13
  • オスグッド病を抱えいている人達は膝蓋骨が外側に位置していたという報告もあります14
  • 一方で膝蓋骨のアライメントとオスグッド病の関連性がみられなかったという研究結果もあります

いずれにしても膝蓋骨の働き次第では筋肉を効率的に使うことができず、膝の骨を引っ張る力が強まる可能性が考えられるのではないでしょうか。

膝蓋骨の高さと膝痛への影響

 

まとめ

オスグッド病は膝への繰り返しの負荷によって発症しやすく、膝の状態によっては効率的に力を伝えることができず怪我のリスクを高めてしまいます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Ladenhauf HN, Seitlinger G, Green DW. Osgood-Schlatter disease: a 2020 update of a common knee condition in children. Curr Opin Pediatr. 2020;32(1):107-112. doi:10.1097/MOP.0000000000000842
  2. Sailly M, Whiteley R, Johnson A. Doppler ultrasound and tibial tuberosity maturation status predicts pain in adolescent male athletes with Osgood-Schlatter’s disease: a case series with comparison group and clinical interpretation. Br J Sports Med. 2013;47(2):93-97. doi:10.1136/bjsports-2012-091471
  3. Kaneuchi Y, Otoshi K, Hakozaki M, et al. Bony Maturity of the Tibial Tuberosity With Regard to Age and Sex and Its Relationship to Pathogenesis of Osgood-Schlatter Disease: An Ultrasonographic Study. Orthop J Sports Med. 2018;6(1):2325967117749184. doi:10.1177/2325967117749184
  4. Rosenberg ZS, Kawelblum M, Cheung YY, Beltran J, Lehman WB, Grant AD. Osgood-Schlatter lesion: fracture or tendinitis? Scintigraphic, CT, and MR imaging features. Radiology. 1992;185(3):853-858. doi:10.1148/radiology.185.3.1438775
  5. Omodaka T, Ohsawa T, Tajika T, et al. Relationship Between Lower Limb Tightness and Practice Time Among Adolescent Baseball Players With Symptomatic Osgood-Schlatter Disease. Orthop J Sports Med. 2019;7(5):2325967119847978. doi:10.1177/2325967119847978
  6. Seyfettinoğlu F, Köse Ö, Oğur HU, Tuhanioğlu Ü, Çiçek H, Acar B. Is There a Relationship between Patellofemoral Alignment and Osgood-Schlatter Disease? A Case-Control Study. J Knee Surg. 2020;33(1):67-72. doi:10.1055/s-0038-1676523
  7. Kujala UM, Kvist M, Heinonen O. Osgood-Schlatter’s disease in adolescent athletes. Retrospective study of incidence and duration. Am J Sports Med. 1985;13(4):236-241. doi:10.1177/036354658501300404
  8. Hall R, Barber Foss K, Hewett TE, Myer GD. Sport specialization’s association with an increased risk of developing anterior knee pain in adolescent female athletes. J Sport Rehabil. 2015;24(1):31-35. doi:10.1123/jsr.2013-0101
  9. Nakase J, Goshima K, Numata H, Oshima T, Takata Y, Tsuchiya H. Precise risk factors for Osgood-Schlatter disease. Arch Orthop Trauma Surg. 2015;135(9):1277-1281. doi:10.1007/s00402-015-2270-2
  10. de Lucena GL, dos Santos Gomes C, Guerra RO. Prevalence and associated factors of Osgood-Schlatter syndrome in a population-based sample of Brazilian adolescents. Am J Sports Med. 2011;39(2):415-420. doi:10.1177/0363546510383835
  11. Aparicio G, Abril JC, Calvo E, Alvarez L. Radiologic study of patellar height in Osgood-Schlatter disease. J Pediatr Orthop. 1997;17(1):63-66.
  12. Hirano A, Fukubayashi T, Ishii T, Ochiai N. Relationship between the patellar height and the disorder of the knee extensor mechanism in immature athletes. J Pediatr Orthop. 2001;21(4):541-544.
  13. Visuri T, Pihlajamäki HK, Mattila VM, Kiuru M. Elongated patellae at the final stage of Osgood-Schlatter disease: a radiographic study. Knee. 2007;14(3):198-203. doi:10.1016/j.knee.2007.03.003
  14. Kamel SI, Kanesa-Thasan RM, Dave JK, et al. Prevalence of lateral patellofemoral maltracking and associated complications in patients with Osgood Schlatter disease. Skeletal Radiol. 2021;50(7):1399-1409. doi:10.1007/s00256-020-03684-6

-膝の怪我のメカニズム

© 2021 Hero's Body