コラム

怪我を防ぐために脳神経に最適な刺激を与えることについて

脳神経に最適な刺激を与えれば怪我を防げるんじゃないか?そんなことを考えているのは私だけではないかと思います。

ここでどのようにしたら脳神経に良い刺激を与えられるのか?ということについて書かせていただきたいと思います。

今回は概念的な話を中心とし、科学的根拠など詳しい内容は量が多いためリンク先にてご紹介させていただいています。

 

脳神経の働きを低下させる要素を取り除くためには?

痛みは脳や神経の働きに影響を及ぼします。

しかし、痛みだけでなく腫れも脳や神経の働きに影響を及ぼします。

この他にも様々な要素が脳や神経の働きに影響を及ぼす可能性があります。

 

関節に過度な負荷がかかるような動きをすることでも脳や神経の働きに影響を及ぼす可能性があります。

かといって負傷部位に負荷がかからないように安静にしていれば脳神経の働きにいい影響を与えられるわけでもありません

むしろ、適度に身体を動かすことが脳神経にいい影響を与えることができ、特に全身の協調性を求められる動きやスポーツに取り組むことが効果を発揮しやすい傾向があります。

このように様々な要素が脳神経に影響を及ぼしているため、脳や神経の働きを低下させる要素を取り除きつつ適切な刺激を与えようとすると、

怪我を治療してスポーツに復帰することが大事だったりするわけです。

 

 

脳や神経の働きが怪我の原因となりうるのか?

靭帯の断裂などで感覚器を損傷したことによる影響足裏からの感覚入力の低下、などなど脳や神経を損傷していなくとも、神経の働きが怪我に関与しているケースは多々あるかと思います。

スポーツの複雑な状況で怪我が発生しやすく、脳の認知や反応という要素も影響しています。

怪我と脳や神経の働きには密接な関係があります。

しかし、怪我を引き起こした後に脳神経の働きが低下しているという報告はたくさんあるものの、現状では脳神経の機能が低下している人の怪我の発生率が高かったというような研究結果は数が少ないです。

脳神経の働きが怪我を引き起こしているという因果関係を立証した科学的根拠はそこまで強いものがないのが現状ではないでしょうか。

 

もちろん脳や神経を損傷したというならば脳神経の機能が怪我の原因になっている言えるかと思いますし、

脳神経の機能が低下すると人はそれに適応するために身体活動を減らしたり、無理をしないようするといった身体の防衛機能が働く可能性も考えられます。

 

脳神経の働きを考慮したトレーニングなどによって怪我の発生率を減らすことはできるかと思います。

ただ、それは脳神経の単独の問題というよりも、負傷部位や筋肉の働きなどに脳神経が関与しているといった位置付けのものも多くあり、

あくまで脳や神経だけに怪我の原因があるというよりも、身体の機能が相互に密接に関わりあっているということに注意が必要だと思います。

 

 

まとめ

脳神経の働きを理解することは重要です。

ただ、脳神経に適度な刺激を入れて怪我を防ぐためには、怪我による生理学的変化や骨格筋の働きなど身体のあらゆるシステムの理解が大事になってくるかと思います。

-コラム

© 2021 Hero's Body