首の怪我のメカニズム

首の姿勢は痛みの原因なのか?

首の痛み

長時間のオフィスワークなどにより首の痛みが起こることがあり、特に首の姿勢の悪さが注目されることが少なくありません。首の姿勢次第では首への負荷が高まりやすいと考えられており、首の姿勢を改善するためのアプローチが行われることも珍しくないようです。

 

ポイント

  • 首の姿勢と痛みに一定の関係はみられるようです。
  • 首の姿勢が悪い場合には特定の筋肉が弱かったり強すぎたりすることがあるようです。
  • 首の姿勢や痛みのメカニズムに関して解明されていないことも多く、経験則による部分も大きいようです。

 

首の姿勢と痛み

一般的に首の姿勢が悪いと首への負荷が高まり、痛みに繋がりやすいと考えられます。

猫背

  • 首の姿勢と痛みは関係しているという研究報告があります1・2
  • 首の前方移動は痛みなどと関係していないという研究報告もあります3・4
  • 首の姿勢と痛みは関係していたが、首の姿勢の違いは小さかった
  • 首の姿勢と痛みの関係を調べた研究の多くは因果関係は明らかにしていない。

このように首の姿勢と痛みの関係については議論が分かれるところですが、首の姿勢と痛みに一定の関係はみられるようです。

 

筋肉と首の痛み

首の筋肉の状態によって首の姿勢に影響を与えることがあります。

例えば、首が前方移動している場合には特定の筋肉が弱かったり強すぎたりと筋肉のバランスが乱れているということが一般的に言われています。

参照https://gritfitnessllc.com/2019/10/do-you-have-upper-crossed-syndrome/

 

頚長筋

参照https://en.wikipedia.org/wiki/Longus_colli_muscle

  • 首の痛みを抱えている人は頚長筋の筋肉量や活動量が少ない傾向にあるそうです6・7
  • 首の屈筋群を鍛えることで首の姿勢や痛みが改善したという報告があります

 

胸鎖乳突筋

参照https://en.wikipedia.org/wiki/Sternocleidomastoid_muscle

  • 首が前方移動していると胸鎖乳突筋の筋肉量や活動量が多い傾向にあります9・10
  • 胸鎖乳突筋をほぐすことで首の痛みや姿勢の改善が報告されています11

 

前斜角筋

参照https://www.wikiwand.com/en/Scalene_muscles

  • 首の痛みがある人は前斜角筋の活動量が多い傾向にある

 

まとめ

首の姿勢と痛みについては一定の関係があり、姿勢を改善することで首の痛みが良くなることは珍しくないようです。しかし、その詳細なメカニズムを検証している研究は少ないです。

姿勢を改善しているから痛みが改善されているのか、適度な運動をしているから痛みが改善されているのか、それぞれの筋肉にどのような役割があるのか、まだまだ解明されていないことは多くあります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Kim D-H, Kim C-J, Son S-M. Neck Pain in Adults with Forward Head Posture: Effects of Craniovertebral Angle and Cervical Range of Motion. Osong Public Health Res Perspect. 2018;9(6):309-313.
  2. Mahmoud NF, Hassan KA, Abdelmajeed SF, Moustafa IM, Silva AG. The Relationship Between Forward Head Posture and Neck Pain: a Systematic Review and Meta-Analysis. Curr Rev Musculoskelet Med. 2019;12(4):562-577.
  3. Ghamkhar L, Kahlaee AH. Is forward head posture relevant to cervical muscles performance and neck pain? A case–control study. Braz J Phys Ther. 2019;23(4):346-354.
  4. Oliveira AC, Silva AG. Neck muscle endurance and head posture: A comparison between adolescents with and without neck pain. Manual Therapy. 2016;22:62-67.
  5. Silva AG, Punt TD, Sharples P, Vilas-Boas JP, Johnson MI. Head posture and neck pain of chronic nontraumatic origin: a comparison between patients and pain-free persons. Archives of Physical Medicine and Rehabilitation. 2009;90(4):669-674.
  6. Javanshir K, Rezasoltani A, Mohseni-Bandpei MA, Amiri M, Ortega-Santiago R, Fernández-de-las-Peñas C. Ultrasound Assessment of Bilateral Longus Colli Muscles in Subjects with Chronic Bilateral Neck Pain: American Journal of Physical Medicine & Rehabilitation. 2011;90(4):293-301.
  7. Falla DL, Jull GA, Hodges PW. Patients with neck pain demonstrate reduced electromyographic activity of the deep cervical flexor muscles during performance of the craniocervical flexion test. Spine. 2004;29(19):2108-2114.
  8. Kim JY, Kwag KI. Clinical effects of deep cervical flexor muscle activation in patients with chronic neck pain. Journal of Physical Therapy Science. 2016;28(1):269-273.
  9. Kim M-S. Neck kinematics and sternocleidomastoid muscle activation during neck rotation in subjects with forward head posture. J Phys Ther Sci. 2015;27(11):3425-3428.
  10. Bokaee F, Rezasoltani A, Manshadi FD, Naimi SS, Baghban AA, Azimi H. Comparison of cervical muscle thickness between asymptomatic women with and without forward head posture. Brazilian Journal of Physical Therapy. 2017;21(3):206-211.
  11. Aggarwal A, Shete SV, Palekar TJ. Efficacy of sub occipital and sternocleidomastoid release technique in forward head posture patients with neck pain: a randomized control trial.International Journal of Physiotherapy. Published online August 7, 2018:149-155.

-首の怪我のメカニズム

© 2021 Hero's Body