前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷と内側外側ハムストリングスのバランス

前十字靭帯損傷することでハムストリングスの筋肉のバランスが乱れることがあります。特に内側と外側のハムストリングスのどちらかに力が入りにくいといったことが珍しくありません。このような筋肉のバランスの乱れは膝への負荷を高める要素になりうることがあります。

ハムストリングス

 

ポイント

  • 内側のハムストリングスの働きで前十字靭帯への負荷が軽減される可能性があります。
  • 外側のハムストリングスの働きで前十字靭帯への負荷が軽減される可能性があります。
  • どちらかが強すぎるなど極端にバランスが乱れると膝が不安定になり、負荷が高まる可能性があります。

 

外側のハムストリングスと前十字靭帯の負荷

外側のハムストリングスは前十字靭帯に負荷を与えるかもしれないという意見があります

しかし、それぞれの筋肉にはしっかりと役割があるため、満遍なく筋肉を鍛えておいたほうが身体への負荷が軽減されやすくなります。

大腿二頭筋

  • 外側のハムストリングスが前十字靭帯への負荷を高める理由として、外側のハムストリングスの活動量が高いと前十字靭帯がより引き延ばされていたそうです。しかし、この実験では筋肉の働きが負荷を生み出していたのか、あるいは負荷から身体を守るために筋肉の活動量が高まっていたのか?という因果関係はわかりません。
  • 因果関係を調べるために献体を用いて実験したところ、外側のハムストリングスを働かせることで前十字靭帯への負荷が軽減したことが報告されています

実際に前十字靭帯損傷をした方々の外側のハムストリングスを鍛えて膝が楽になったと答える人が少なくなかったことからも、外側のハムストリングスも鍛えておいたほうがいいかと思います。

 

内側のハムストリングスと前十字靭帯の負荷

内側のハムストリングスにも負荷を軽減する働きがありますが、バランスよく鍛えることが重要です。

半腱様筋

  • 内側のハムストリングスが強すぎると下腿内旋が大きくなることが報告されており、前十字靭帯への負荷へとつながる可能性があります。
  • 因果関係を調べるために献体を用いて実験したところ、内側のハムストリングスを働かせることで前十字靭帯への負荷を軽減したことが報告されています

このように内側のハムストリングスにも身体を守る働きがあり、あくまで極端に偏ってしまう場合などに膝への負荷が高まってしまう可能性があるわけです。

 

まとめ

それぞれの筋肉にはしっかりと役割があるため、満遍なく筋肉を鍛えておいたほうが身体への負荷が軽減されやすくなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Serpell BG, Scarvell JM, Pickering MR, et al. Medial and lateral hamstrings and quadriceps co-activation affects knee joint kinematics and ACL elongation: a pilot study. BMC Musculoskeletal Disorders. 2015;16:1-11.
  2. Guelich DR, Xu D, Koh JL, Nuber GW, Zhang L-Q. Different roles of the medial and lateral hamstrings in unloading the anterior cruciate ligament. Knee. 2016;23(1):97-101.
  3. Shalhoub S, Fitzwater FG, Cyr AJ, Maletsky LP. Variations in medial-lateral hamstring force and force ratio influence tibiofemoral kinematics. J Orthop Res. 2016;34(10):1707-1715.
  4. Toor AS, Limpisvasti O, Ihn HE, McGarry MH, Banffy M, Lee TQ. The significant effect of the medial hamstrings on dynamic knee stability. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019;27(8):2608-2616.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body