腰痛のメカニズム

長年悩まされる慢性的な腰痛を解消する体幹トレーニング

腰痛がある男性

長年の腰痛に悩んでいらっしゃる方は様々な治療方法を試してきたかと思います。評判のいい治療院や、腕があるとされる著名な先生のところにも行ったことがあるかと思います。

しかし、腰痛改善のために色々なことを試してきたという人でも、良質な体幹トレーニングに取り組んできた人は少ない印象を受けています。

 

腰痛の隠れた原因とは?

 

ストレッチのやりすぎで逆効果になるケースも

腰痛を抱えている人は身体が硬いことが多く、基本的にストレッチやマッサージは腰痛改善に効果を発揮します。

しかし、体幹や脚の筋力が弱い場合にはストレッチをやりすぎてしまうと、かえって腰痛が悪化してしまうケースが見受けられます。

柔軟性が高すぎると腰痛の原因になることがある?

ハムストリングスのストレッチ

 

体幹の筋力不足が腰痛の原因に

体幹の筋力不足は腰痛の原因になることがあり、体幹を鍛えることは腰痛改善にとても重要です。

体幹トレーニングを試したことがあっても、腰痛を抱えている人はクセを抱えているため正しいフォームでのトレーニングが意外と難しく、

ネットの動画や書籍で学んだだけでは誤った体幹トレーニングになり、逆効果になってしまう場合もあります。

誤った体幹トレーニング

 

腰の反りすぎが腰痛の隠れた原因に

腰痛を抱えている人は腰が反りやすく、この姿勢が腰に大きな負担をかけてしまいます。

歩いている時、走っている時、何気ない普段の行動でも腰が反ってしまい、これが腰痛へとつながることがあります。

ランニングと腰の過伸展

 

体幹トレーニングで見落とされやすいポイント

 

腰の反り過ぎを修正し、綺麗な姿勢を維持するトレーニング

腰が反ってしまうクセがあると腰痛につながるだけでなく、体幹トレーニングの効果も落ちてしまうので、

まずは綺麗な姿勢を保つことができるようになることから始めていくことが大切です。

 

最小限の負荷で効かせる体幹トレーニング

腰痛を抱えている人へのトレーニングで腰に過剰な負荷がかかってしまうと逆効果になりかねません。

プランクによる体幹のトレーニングは腰痛に効果を発揮するのか?

できるだけ腰をニュートラルの姿勢のまま体幹を鍛えることで腰への負荷を減らし、腰痛を抱えている人でも安全にトレーニングをすることができます。

 

体幹の全ての筋肉をバランスよく鍛える

腰痛の再発防止には強靭な体幹を作り上げることがポイントになりますが、腹筋などの一部の筋肉だけ鍛えて他の筋肉はほったらかしといったケースが珍しくありません。

効率的に腰痛を防ぐためには一部の筋肉が強いだけでは効率が悪く、たとえ筋力が弱くとも全ての筋肉のバランスが取れているほうが腰痛を減らしやすい傾向があります。

鋼のように強い腹筋でも腰痛が止まらなかったケース

体幹の筋肉を満遍なく鍛えるには世の中に溢れている体幹トレーニングだけでは不十分であることが多いと思います。

というのも世の中に溢れている情報は、見栄えがいい映えるエクササイズなど、腰痛の軽減効果とはあまり関係ない人気投票で選ばれていることが多々あります。

 

まとめ

長年悩まされる腰痛の原因は体幹の筋力不足に隠れていることがあります。

質の良い体幹トレーニングに取り組むことで、腰痛解消に効果を発揮する可能性があります。

 

-腰痛のメカニズム

© 2022 Hero's Body