変形性膝関節症

変形性膝関節症による痛みと神経の働きによる影響

怪我をしている人の中には痛みを過度に感じてしまったり、反対に痛みをあまり感じないということがあります。痛みの感じ方には個人差がありますが、痛みの感じ方が極端に変化している場合には注意が必要かもしれません。

 

ポイント

  • 痛みの程度は必ずしも軟骨のすり減りと比例するわけでないようです。
  • 変形性膝関節症にともない痛みの感じ方に変化が生じることも珍しくないようです。
  • 膝の状態など何らかの刺激によって痛みの神経伝達に変化が生じているかもしれません。

 

変形性膝関節症と痛みの感じ方

変形性膝関節症に伴う痛みの感じ方は神経の働きによっても左右される可能性があります。

膝の痛み

  • 痛みの程度は必ずしも軟骨へのダメージの程度に比例しているわけではないようです1。
  • 変形性膝関節症を抱えている人の中には神経の異常などによる痛みを訴える人もいるようです
  • 変形性膝関節症の約4割が痛みの感じ方に過度な変化がみられたという研究報告もあるようです
  • 手術前に痛みをあまり感じない人、あるいは強すぎる痛みを感じている人は人工膝関節の手術後の痛みがうまくコントロールできていないという意見もあるようです

このように痛みの感じ方と神経の働きは密接に関わっています。

 

痛みの感じ方の評価について(Central Sensitization)

痛みに敏感になっている状態あるいは、痛みをあまり感じない状態をcentral sensitizationといいます

痛みの脳への信号伝達

このような痛みの感じ方には神経の働きが関わっていることもあり、理想的にはfMRIで脳の働きを計測するなどして神経の働きを解析したいところですが、現実的にはいくつかの質問に答える形でもcentral sensitizationに該当するかどうかを一定の精度で判断できる可能性があるようです

あるいは熱や物理的刺激など複数の痛みを誘発するような刺激を与えて、その反応をみるのもひとつの方法です

他の人と比べて大きく違う場合には痛みの感じ方に異常があると考えられるようです(具体的には±2SDに該当する項目がひとつでもあればcentral sensitizationにあたると考えられるようです)

 

生理学的要因など

痛みの感じ方に変化をもたらす要因は様々なものが考えられます。

脳幹

  • 変形性膝関節症で痛覚異常を抱えている人達に特定の刺激を加えたところ、脳幹(brainstem)の働きが増加している傾向にあり、これが痛みと関係していたことが報告されています
  • 変形性膝関節症を抱えている人の筋肉に生理食塩水を注入したところ、痛みを敏感に感じるようになったことが報告されています。注入された生理食塩水が細胞外マトリクスや感覚器などに影響を与え、痛みの感じ方に変化をもたらすといった色々な可能性が考えられるかと思います。
  • ある化学物質をマウスに注入すると軟骨へのダメージとともに神経による痛みが引き起こされることが報告されています9・10

まだまだ詳しいメカニズムが解明されていませんが、膝の状態次第で何らかの刺激が生み出され、神経伝達を通して脳にも影響を及ぼしているのかもしれません。

 

痛みへの対策

痛みの脳科学に関する文献では、認知行動療法と呼ばれるものがよく紹介されています。詳しくは次の記事をご覧ください。

認知行動療法
痛みの脳科学〜慢性痛を軽減させるには?

痛みには脳神経が関わっているというのが最近のトレンドとしてあります。 痛みと脳科学に関して解明されていないことがたくさんある中で、脳神経によって増幅されてしまった痛みを軽減させるヒントとして現在の痛み ...

続きを見る

 

まとめ

変形性膝関節症にともない痛みの感じ方に変化が生じることもあるため、うまく痛みをコントロールすることが大切になってくるかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Bradley LA, Kersh BC, DeBerry JJ, Deutsch G, Alarcón GA, McLain DA. Lessons from fibromyalgia: abnormal pain sensitivity in knee osteoarthritis. Novartis Found Symp. 2004;260:258-270; discussion 270-279.
  2. Hochman JR, French MR, Bermingham SL, Hawker GA. The nerve of osteoarthritis pain. Arthritis Care & Research. 2010;62(7):1019-1023. doi:https://doi.org/10.1002/acr.20142
  3. Hochman JR, Davis AM, Elkayam J, Gagliese L, Hawker GA. Neuropathic pain symptoms on the modified painDETECT correlate with signs of central sensitization in knee osteoarthritis. Osteoarthritis and Cartilage. 2013;21(9):1236-1242. doi:10.1016/j.joca.2013.06.023
  4. Lundblad H, Kreicbergs A, Jansson KA. Prediction of persistent pain after total knee replacement for osteoarthritis. J Bone Joint Surg Br. 2008;90(2):166-171. doi:10.1302/0301-620X.90B2.19640
  5. Woolf CJ. Central sensitization: Implications for the diagnosis and treatment of pain. PAIN. 2011;152(3, Supplement):S2-S15. doi:10.1016/j.pain.2010.09.030
  6. Rolke R, Baron R, Maier C, et al. Quantitative sensory testing in the German Research Network on Neuropathic Pain (DFNS): standardized protocol and reference values. Pain. 2006;123(3):231-243. doi:10.1016/j.pain.2006.01.041
  7. Gwilym SE, Keltner JR, Warnaby CE, et al. Psychophysical and functional imaging evidence supporting the presence of central sensitization in a cohort of osteoarthritis patients. Arthritis Rheum. 2009;61(9):1226-1234. doi:10.1002/art.24837
  8. Bajaj P, Bajaj P, Graven-Nielsen T, Arendt-Nielsen L. Osteoarthritis and its association with muscle hyperalgesia: an experimental controlled study. Pain. 2001;93(2):107-114. doi:10.1016/S0304-3959(01)00300-1
  9. Adães S, Ferreira-Gomes J, Mendonça M, Almeida L, Castro-Lopes JM, Neto FL. Injury of primary afferent neurons may contribute to osteoarthritis induced pain: an experimental study using the collagenase model in rats. Osteoarthritis and Cartilage. 2015;23(6):914-924.
  10. Ferreira-Gomes J, Adães S, Sousa RM, Mendonça M, Castro-Lopes JM. Dose-dependent expression of neuronal injury markers during experimental osteoarthritis induced by monoiodoacetate in the rat. Mol Pain. 2012;8:50. doi:10.1186/1744-8069-8-50

-変形性膝関節症

© 2021 Hero's Body