肩の怪我のメカニズム

肩のインピンジメントと筋肉による影響

手を挙上する動作などで肩の骨がひっかかるような感覚や痛みなどが伴うことがあります。特に野球や水泳など頭上に腕を動かすようなスポーツにおいて肩のインピンジメントが発生しやすい傾向にあります。インピンジメントというのは骨などの衝突などの意味があり、放っておくと慢性的な怪我へと繋がる可能性があります。

 

ポイント

  • 肩のスペースの減少と筋肉が関係していることがあります
  • 肩のインピンジメントは腱の厚みが関係していることがあります
  • 肩のインピンジメントを発症している人は肩甲骨周りの筋肉が弱い傾向にあります

 

肩のスペースによる影響について

筋肉などの影響でインピンジメントを引き起こしやすくなる可能性があります。

インピンジメントを持っている人のほうが肩関節のスペースが小さい傾向にあったそうです。これはMRIを用いてリラックした状態の姿勢での評価をした結果となっています。

肩のインピンジメント

肩の検査
肩のスペースとインピンジメント

肩のスペースが小さくなってしまうことも肩のインピンジメントのひとつの原因であり、これによって骨と骨が接触しやすくなってしまい肩のインピンジメントにつながることがあります。肩のスペースは骨格などの影響も ...

続きを見る

 

筋肉や腱の厚さによる影響について

腱の厚みなどもインピンジメントに影響を与える可能性があります。

他の研究ではさきほどのような関節のスペースに違いはみられなかったが、周辺の筋肉が厚くなっていた傾向にあったそうです。これは継続的な負荷や炎症などにより通常よりも筋肉などが大きくなっていて、この状態だと肩を動かした時にひっかかりやすくなる可能性が考えられます。

ローテーターカフ

このようにインピンジメントの原因はひとつだけではなく、複合的な要素が影響している可能性があります。骨の形による影響や、周辺組織の炎症伴う影響などなど色々なことが考えられます。

 

筋力とインピンジメントの関係性について

肩甲骨周りの筋力低下がインピンジメントに繋がっている可能性があります。

肩のローテーターカフ

  • インピンジメントの人達はローテーターカフの外旋筋や僧帽筋下部などの筋力が弱い傾向にあったそうで、外旋や内旋の可動域も低下している傾向にあったそうです
  • 特に僧帽筋下部に関しては筋力低下や活動の遅延など、他の研究でも似たような傾向が確認されています5〜7
  • さらに前鋸筋が働くタイミングが変わっていたりすることが報告されています

怪我を予防する上で筋肉のバランスを整えることはとても大事で、肩のインピンジメントにおいても同じことが言えます。

 

まとめ

この他にも肩周りの色々な筋肉が影響を与えている可能性があります。特定の筋肉だけでなく色々な筋肉のバランスを整えていくということが大切になってくるかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Hee Jin Park, So Yeon Lee, Yoon Jung Choi, Jai Hyung Park, Kim E. Association Between Subacromial Impingement and Acromiohumeral Distance on MRI. Iranian Journal of Radiology. 2018;15(2):1-6.

  2. Michener LA, Subasi Yesilyaprak SS, Seitz AL, Timmons MK, Walsworth MK. Supraspinatus tendon and subacromial space parameters measured on ultrasonographic imaging in subacromial impingement syndrome. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2015;23(2):363-369.

  3. Michener LA, McClure PW, Karduna AR. Anatomical and biomechanical mechanisms of subacromial impingement syndrome. Clin Biomech. 2003;18(5):369-379.

  4. Kolber MJ, Hanney WJ, Cheatham SW, Salamh PA, Masaracchio M, Liu X. Shoulder Joint and Muscle Characteristics Among Weight-Training Participants With and Without Impingement Syndrome: Journal of Strength and Conditioning Research. 2017;31(4):1024-1032.

  5. Smith M, Sparkes V, Busse M, Enright S. Upper and lower trapezius muscle activity in subjects with subacromial impingement symptoms: is there imbalance and can taping change it? Phys Ther Sport. 2009;10(2):45-50.

  6. Cools AM, Witvrouw EE, Declercq GA, Danneels LA, Cambier DC. Scapular Muscle Recruitment Patterns: Trapezius Muscle Latency with and without Impingement Symptoms. Am J Sports Med. 2003;31(4):542-549.

  7. Cools AM, Declercq GA, Cambier DC, Mahieu NN, Witvrouw EE. Trapezius activity and intramuscular balance during isokinetic exercise in overhead athletes with impingement symptoms. Scand J Med Sci Sports. 2007;17(1):25-33.

  8. Phadke V, Ludewig PM. Study of the scapular muscle latency and deactivation time in people with and without shoulder impingement. J Electromyogr Kinesiol. 2013;23(2):469-475. doi:10.1016/j.jelekin.2012.10.004

-肩の怪我のメカニズム

© 2021 Hero's Body