コラム

腸腰筋と怪我との関係について

腸腰筋の解剖図

スポーツのパフォーマンスで腸腰筋の大切さを耳にすることがありますが、ついつい腸腰筋を忘れてしまうことはあるかと思います。腸腰筋は怪我のメカニズムにも影響を及ぼす可能性があり、忘れずにケアをしておくが役に立つことがあります。

 

ポイント

  • 腸腰筋が硬くなってしまうとお尻の筋肉の活動が低下してしまう可能性があります
  • 腸腰筋の筋力低下で歩行動作の質が低下することがあります
  • 腸腰筋もしっかりとケアすることで身体への負荷を軽減できる可能性があります

 

腸腰筋が硬いことでお尻の筋肉の活動量が減少する?

腸腰筋が硬くなってしまうことで色々な影響が考えられますが、そのひとつにお尻の筋肉への影響があります。

大臀筋

  • 腸腰筋が硬いとスクワット時に大臀筋の活動量が低下していたという報告があります1・2

これは腸腰筋と大臀筋が対になっているためであり、腸腰筋が硬くなってしまうことで反対側の大臀筋が抑制されてしまうのではないか?と考えられています。

このため、腸腰筋をしっかりとほぐしておくことが大切であるかと思います。

 

腸腰筋の筋力の低下が歩行動作に影響を与える

腸腰筋の筋力の低下で歩行動作の質が低下する可能性があります。

海辺を歩く人

  • 怪我をしてしまっている場合に腸腰筋の筋力が低下していることがあります。例えば、前十字靭帯再建手術を受けた人を対象に1年後に筋力を測定したところ、腸腰筋の筋力が低下している状態であったことが報告されています
  • 腸腰筋の筋力が低下していることで歩行動作にも影響が表れるようで、膝や足首などの動きで代償することもあることが確認されています
  • 十字靭帯を断裂した人は歩行時の股関節の動きにも影響があることが報告されています

腸腰筋の筋力の低下による影響は人それぞれなので一概には言えないのですが、腸腰筋をしっかりと鍛えておくことで歩行動作がスムーズになり、身体への負荷を少しだけ軽減させる可能性があるのではないでしょうか。

 

まとめ

リハビリなどでそこまで優先されないこともありますが、腸腰筋をしっかりとほぐし、忘れずに鍛えておくことが役に立つ可能性があります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Mills M, Frank B, Goto S, et al. Effect of restricted hip flexor muscle length on hip extensor muscle activity and lower extremity biomechanics in college-aged female soccer players. Int J Sports Phys Ther. 2015;10(7):946-954.

  2. Mills, Matthew Edward. Effect of Restricted Hip Flexors On Biomechanical Risk Factors for Acl Injury. University of North Carolina at Chapel Hill, 2013.

  3. Mouzopoulos G, Siebold R, Tzurbakis M. Hip flexion strength remains decreased in anterior cruciate ligament reconstructed patients at one-year follow up compared to healthy controls. Int Orthop. 2015;39(7):1427-1432.

  4. Siegel KL, Kepple TM, Stanhope SJ. A case study of gait compensations for hip muscle weakness in idiopathic inflammatory myopathy. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2007;22(3):319-326.

  5. Ismail SA, Button K, Simic M, Van Deursen R, Pappas E. Three-dimensional kinematic and kinetic gait deviations in individuals with chronic anterior cruciate ligament deficient knee: A systematic review and meta-analysis. Clin Biomech (Bristol, Avon). 2016;35:68-80.

-コラム

© 2021 Hero's Body