ハムストリングスの肉離れ

ハムストリングスの肉離れと筋持久力や筋疲労との関係

ハムストリングスの肉離れには様々な要因がありますが、筋持久力や筋疲労なども肉離れの原因となります。

関連する文献を交えながら、そのメカニズムについてご紹介していきます。

 

ポイント

  • 肉離れは試合の後半など筋疲労があるときに起こりやすい傾向にあります。
  • ハムストリングスの肉離れをした選手は持久力が低い傾向にあります。
  • ハムストリングスの筋持久力が低い選手は肉離れのリスクがあります。

 

筋疲労によるハムストリングスの肉離れ

ハムストリングスの肉離れはどのような状況で起きやすいのか?それを理解することでハムストリングスの肉離れの予防につなげることができます。

肉離れの発生状況

肉離れは疲労が溜まっている時に起こりやすい傾向にあります。

サッカー怪我

  • ヨーロッパサッカーを複数シーズン分析した研究では肉離れは試合の後半のほうが多いことが明らかになっています
  • 試合後半になるとハムストリングスの活動量が落ちやすく、大腿四頭筋と比べてハムストリングスの筋力が落ちやすい傾向にあります4・5

このように激しい試合や大会などで筋肉が疲労していくと、ハムストリングスの肉離れへとつながる可能性があります。

 

疲労による肉離れのメカニズム

疲労した筋肉は衝撃吸収能力が低下していることが明らかになっており、これが肉離れにつながっていることが示唆されています

(Mair et al 1996より引用)

一般的に肉離れは筋肉が引き伸ばされることが原因と考えられていますが、筋肉が疲労した状態でも筋肉は同じ長さで肉離れが起こることが動物実験で明らかになっています

ストレッチで肉離れ防ぐには限界がある?

 

筋持久力とハムストリングスの肉離れ

ハムストリングスの筋持久力が低い選手は肉離れを起こしやすい可能性があります。

疲労したアスリート

  • ハムストリングスの肉離れをした選手は持久力が低く、ダッシュやスプリントを繰り返す持久力が低い傾向にあります7・8
  • 持久力が低い選手がダッシュやスプリントの回数を増やすとハムストリングスを肉離れしやすいようです
  • ハムストリングスの筋力が大腿四頭筋に対して弱いと肉離れをしやすいのですが、これも疲労を考慮した上で考えたほうがいいのではないか?という意見もあります10

このようにハムストリングスの筋持久力の弱さが肉離れにつながる可能性があるため、しっかりと持久力も鍛えておきたいところです。

ハムストリングスの肉離れと走行距離による影響

 

まとめ

ハムストリングスの肉離れは筋肉が疲れている時に起こりやすいため、持久力もしっかりと鍛えておきたいところです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Huygaerts S, Cos F, Cohen DD, et al. Mechanisms of Hamstring Strain Injury: Interactions between Fatigue, Muscle Activation and Function. Sports (Basel). 2020;8(5). doi:10.3390/sports8050065
  2. Ekstrand J, Hägglund M, Waldén M. Epidemiology of Muscle Injuries in Professional Football (Soccer). Am J Sports Med. 2011;39(6):1226-1232. doi:10.1177/0363546510395879
  3. Marshall PWM, Lovell R, Jeppesen GK, Andersen K, Siegler JC. Hamstring Muscle Fatigue and Central Motor Output during a Simulated Soccer Match. Hug F, ed. PLoS ONE. 2014;9(7):e102753. doi:10.1371/journal.pone.0102753
  4. Small K, McNaughton L, Greig M, Lovell R. The effects of multidirectional soccer-specific fatigue on markers of hamstring injury risk. Journal of Science and Medicine in Sport. 2010;13(1):120-125. doi:10.1016/j.jsams.2008.08.005
  5. Rahnama N, Reilly T, Lees A, Graham-Smith P. Muscle fatigue induced by exercise simulating the work rate of competitive soccer. Journal of Sports Sciences. 2003;21(11):933-942. doi:10.1080/0264041031000140428
  6. Mair SD, Seaber AV, Glisson RR, Garrett WE. The Role of Fatigue in Susceptibility to Acute Muscle Strain Injury. Am J Sports Med. 1996;24(2):137-143. doi:10.1177/036354659602400203
  7. Schuermans J, Van Tiggelen D, Danneels L, Witvrouw E. Susceptibility to Hamstring Injuries in Soccer: A Prospective Study Using Muscle Functional Magnetic Resonance Imaging. Am J Sports Med. 2016;44(5):1276-1285. doi:10.1177/0363546515626538
  8. Røksund OD, Kristoffersen M, Bogen BE, et al. Higher Drop in Speed during a Repeated Sprint Test in Soccer Players Reporting Former Hamstring Strain Injury. Front Physiol. 2017;8. doi:10.3389/fphys.2017.00025
  9. Malone S, Owen A, Mendes B, Hughes B, Collins K, Gabbett TJ. High-speed running and sprinting as an injury risk factor in soccer: Can well-developed physical qualities reduce the risk? J Sci Med Sport. 2018;21(3):257-262. doi:10.1016/j.jsams.2017.05.016
  10. Pinto MD, Blazevich AJ, Andersen LL, Mil-Homens P, Pinto RS. Hamstring-to-quadriceps fatigue ratio offers new and different muscle function information than the conventional non-fatigued ratio. Scand J Med Sci Sports. 2018;28(1):282-293. doi:10.1111/sms.12891

-ハムストリングスの肉離れ

© 2021 Hero's Body