股関節の怪我のメカニズム

小臀筋の機能とエクササイズについて

小臀筋はお尻の奥深くにある筋肉のひとつであり、そこまで存在感が強くはありませんが、股関節の安定性にも関係しています。小臀筋の機能が低下することで片足でのバランスが取りにくくなったり、転倒しやすくなったりする可能性もあるようです。小さな筋肉ですがエクササイズの選択肢のひとつとして考えておくことで損はないかと思います。

 

ポイント

  • 小臀筋も股関節の安定性に影響を与えます
  • 小臀筋の前部と後部で微妙に機能が違う可能性があります
  • 小臀筋はお尻の奥にあり、思うように鍛えられないことも珍しくありません

 

小臀筋と怪我の関係について

小臀筋が股関節の安定性に影響を与え、これが怪我と関係している場合があります。

転倒

  • 人工股関節の人たちの動作を調べた研究がありますが、手術後に小臀筋が衰えておりこれが股関節を圧迫するような負荷につながっている可能性が示唆されています。これは小臀筋が股関節の安定性に関わっているためであり、小臀筋の衰えによって筋肉のバランスがうまく取れていないのかもしれません。
  • 別の研究では転倒により骨折した人達の筋肉を調べたところ、小臀筋や中臀筋が衰えている傾向にあったことが報告されています。これもお尻の筋肉が衰えることが股関節などが不安定になり転倒しやすくなるという例を示しているかと思います。
  • そして、股関節痛を持っている人達は小臀筋が働くタイミングが早かったという報告があります。これは小臀筋をより働かせて股関節を安定させて身体を守ろうとしているのではないかと考えられます。

 

このように小臀筋は股関節の安定性をもたらしていると考えられる報告があるわけですね。

 

小臀筋の各繊維について

股関節の安定性を高めるために小臀筋にも刺激を入れることはひとつの選択肢かもしれません。

小臀筋の前部と後部で微妙に機能や筋肉が活動するタイミングが違う可能性があり、こういったことも頭の片隅にあるとエクササイズの効果が変わってくるかもしれません。

ランニングの着地

小臀筋の後部線維は着地の瞬間に働いており、前部線維は少し後のタイミングで働いてたことが報告されています

これはそれぞれの繊維で微妙に役割が異なるためにこのようなことが起きている可能性が考えられます。というのも、それぞれの繊維が付いている位置により有利なポジションが変わってくるためです。

 

小臀筋のエクササイズ

小臀筋を鍛えるにはいくつかのエクササイズがあります

(Moore et al 2019より引用)

  • どのようなエクササイズが小臀筋が働くのかを調べた研究があり、中臀筋の前部線維は股関節の外転&伸展で活動量が増えていたそうです5。
  • 一方で後部線維は片足でバランスをとるエクササイズ全般的に活動量が増えている傾向にあったそうです

小臀筋は身体の奥の筋肉であり、他のお尻の筋肉にも影響されてしまうし、そもそも筋電図自体の限界があるため、こういったエクササイズで小臀筋を思うように鍛えられていないケースもありうるので注意は必要であるかと思います。

あくまで簡易的なものとして捉えていただければと思います。

 

まとめ

小臀筋はあまり目立たない存在ですが影から股関節の安定性に貢献しています。小臀筋の機能が低下することで片足でのバランスが取りにくくなったり、転倒しやすくなったりする可能性もあり、エクササイズのひとつとして鍛えてみるのも悪くないかもしれませんね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Damm P, Zonneveld J, Brackertz S, Streitparth F, Winkler T. Gluteal muscle damage leads to higher in vivo hip joint loads 3 months after total hip arthroplasty. PLoS One. 2018;13(1).
  2. Chi AS, Long SS, Zoga AC, Parker L, Morrison WB. Association of Gluteus Medius and Minimus Muscle Atrophy and Fall-Related Hip Fracture in Older Individuals Using Computed Tomography. J Comput Assist Tomogr. 2016;40(2):238-242.
  3. Dieterich AV, Deshon L, Strauss GR, McKay J, Pickard CM. M-Mode Ultrasound Reveals Earlier Gluteus Minimus Activity in Individuals With Chronic Hip Pain During a Step-down Task. J Orthop Sports Phys Ther. 2016;46(4):277-285.
  4. Semciw AI, Green RA, Murley GS, Pizzari T. Gluteus minimus: an intramuscular EMG investigation of anterior and posterior segments during gait. Gait Posture. 2014;39(2):822-826.
  5. Moore D, Semciw AI, McClelland J, Wajswelner H, Pizzari T. Rehabilitation Exercises for the Gluteus Minimus Muscle Segments: An Electromyography Study. Journal of Sport Rehabilitation. 2019;28(6):544-551.

-股関節の怪我のメカニズム

© 2021 Hero's Body