身体のケア

力に頼りすぎるのではなく、しなやかな強さを手にいれる方法

柔軟性があり、しなやかな動きで圧倒する。たとえ小さな身体だったとしても大きな選手を圧倒していく姿は素晴らしいものがあります。みなさんも一度はそういうものに憧れを抱いたことはないでしょうか?

 

「柔よく剛を制す」という方法論

「柔よく剛を制す」という方法を最大化するには、あらゆる場面にその哲学を取り入れることが重要になってくるかもしれません。

小さい体でもアメリカの屈強な大男を圧倒してきたイチロー選手こそ、「柔よく剛を制す」ということを体現していた選手ではないでしょうか。惜しまれながらも引退されましたが、イチロー選手の考え方は大きな影響を与えたと思います。しかし、イチロー選手の方法論の一部だけを真似をしてもあまり意味がなく、そのイチロー流トレーニングの哲学があってはじめて成り立つものだと私は思います。

つまり、力に頼りすぎず柔よく剛を制すという考え方を徹底しているからだと思います。この特別な器具を取り入れている選手はちらほら耳にするかと思いますが、やはり練習から身体のケアまであらゆる場面にその哲学を取り入れるのとでは効果が違ってくるかと思います。

その一つの例として挙げられるのがウェイトトレーニングです。よく、ウェイトトレーニングは不要だ!という議論を耳にするかと思いますが、ウェイトトレーニングをやりながらでは「柔よく剛を制す」というようなやり方が難しいんですよね。ウェイトトレーニングをやると身体が持っている繊細なバランスを乱しやすくなってしまいます。せっかく頑張って整えた身体のバランスが崩れやすくなってしまうというデメリットがあります。

ウェイトトレーニングをする男性

このウェイトトレーニング不要論のポイントは、脱力した動きを徹底的に追求するのに邪魔になるという点です。「柔よく剛を制す」という方法の効果を最大限に引き出したいから、ウェイトトレーニングが要らないという結論になるんですね。脱力した動きを引き出せる技術を習得しているから成り立つのであって、ウェイトトレーニングは逆効果だ!という部分だけを切り取ってもあまり意味がないと思います。むしろ適度なウェイトトレーニングにはいい効果がたくさんあります。

ということで、イチロー選手のようなやり方は一部だけ真似をしてもあまり意味がなく、
その哲学をあらゆる場面に取り入れて、それを実現するための技術、徹底した身体のケアという習慣があって成り立つものだと思います。

 

しなやかで強い身体をつくるためには?

これは簡単なことではありませんが、しなやかで強い身体をつくるのに大切なポイントがあります。

 

日々の徹底した身体のケア

まずはストレッチやマッサージなどで身体のメンテナンスをすることが大切となります。特にスポーツに取り組んでいる場合には日々の練習による負荷で、筋肉が徐々に硬くなったり、疲労がたまって代償動作が引き起こされたり、少しずつ身体のバランスが乱れてしまいます。これを改善するためには、まとまった時間を身体のメンテナンスにあてることが大切です。まずは質よりも一定の量が必要で、身体のケアをするという習慣を身につけることから始めます。

全身のストレッチ

 

身体のバランスの乱れを修正し続けること

身体のケアをするという習慣が身についたら、次のステップへと進みます。というのも毎回同じストレッチをしていれば、特定の筋肉しかほぐされいという状況になってしまいます。これでは疲労を防ぐことはできても、身体のバランスを整えることには限界があります。バランスを整えるためには、身体のどの筋肉が硬いのか?どの筋肉の動きが悪いか?といった身体の状態に合わせたケアが大切になってきます。

 

身体が発している声に敏感に気がつくこと

身体のバランスを整えようと意識しても、何週間か経過する頃には「どこを整えたらいいのかわからない!」という状況になっていることは珍しくありません。最初のうちは単純だったものでも、身体の状態が良くなっていくにつれて修正点を見つけることが難しくなっていきます。このような状況になってきた時に大切なのは、身体の些細な変化に気が付けることです。いわゆる身体が発しているメッセージに敏感に気が付けるかどうか?がとても重要になってきます。これができるようになってきるときっと身体は劇的に変化することでしょう。

これができるようになってきた人の実際の例として、50歳を超えているのにもかかわらず、高校のサッカー部時代よりも足が速くなった!という例があります。本人いわく、力に頼ってないからそれができるんだとか。凄いですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-身体のケア

© 2021 Hero's Body