膝の怪我のメカニズム

前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂からのスポーツへの復帰について

前十字靭帯断裂後のスポーツへの復帰には大きな議論があります。早くスポーツに復帰したいという気持ちと、不完全な状態で下手にスポーツに復帰すると前十字靭帯の再断裂などのリスクがあります。できるだけ怪我を減 ...

前十字靭帯損傷

エキセントリック収縮による脳への刺激

前十字靭帯断裂した人の脳の働きが変化が生じており、これによって大腿四頭筋の筋力発揮が抑制されているという説があります。この問題を解決するためには脳に刺激を入れることが役に立つ可能性があり、筋肉エキセン ...

大腿二頭筋

前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷と内側外側ハムストリングスのバランス

前十字靭帯損傷することでハムストリングスの筋肉のバランスが乱れることがあります。特に内側と外側のハムストリングスのどちらかに力が入りにくいといったことが珍しくありません。このような筋肉のバランスの乱れ ...

疲労

前十字靭帯損傷

疲労による前十字靭帯への負荷の増加

スポーツで身体を追い込むような練習や激しい試合などでは疲労することは珍しくありませんが、身体が疲労している状態では前十字靭帯への負荷が大きくなってしまうことがあります。疲労時には身体がうまく機能しにく ...

前十字靭帯損傷

前十字靭帯への負荷で膝関節が硬くなる

前十字靭帯には感覚器としての機能があり、靭帯に負荷がかかりそうになるとこれを防ぐために周辺の筋肉が反応することがあります。特に膝の外反は前十字靭帯断裂との関わりがあり、こういった負荷がかかることで周辺 ...

ハムストリングス

前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂と筋肉の反応速度の低下

前十字靭帯を守るための筋肉がいくつかありますが、これらの筋肉の反応が遅れることで膝に負荷がかかる可能性が考えられます。筋肉が適切なタイミングで働くことは怪我予防の上で大切なことなのですが、どのようなト ...

レッグプレス

前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂後の筋力回復について

前十字靭帯断裂後は筋力発揮が抑制されてしまうことが起こりますが、その原因には様々な神経伝達の問題が関係している可能性があります。比較的シンプルなものから少々難解なものまで色々な議論があり、現在のスポー ...

膝アイシング

膝の怪我のメカニズム

アイシングと電気刺激による筋力抑制の軽減

怪我をしたときにアイシングや電気刺激などの応急処置が行われますが、これらの処置によって筋力発揮にも効果がある可能性があります。怪我をすることで神経伝達に変化が生じ、これによって筋力発揮が抑制されてしま ...

膝関節

膝の怪我のメカニズム

膝を圧迫することで膝の機能が変化する

膝を怪我した時にサポーターが使われることがありますが、膝が腫れることにもサポーターに通ずるメカニズムが隠されている可能性があります。身体にはまだまだ隠された役割があると考えられ、私たちの身体は想像以上 ...

膝の腫れ

前十字靭帯損傷

膝の腫れによって起こる代償動作

怪我すると膝が腫れてしまうことは珍しくなく、膝の腫れをコントロールすることは膝の回復のためにとても重要です。その一方で、怪我をしたときに引き起こされる現象は身体を守るための反応だったりする可能性もあり ...

© 2021 Hero's Body