コラム

バイオメカニクス

コラム

保護中: バイオメカニクスの本質〜怪我を減らすことはできるのか?〜

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

コラム

筋膜による力の伝達と運動連鎖について

人の身体は不思議なもので患部に直接アプローチしなくとも、遠く離れた筋肉などによっても影響を受けることが珍しくありません。このような事象を説明するのに筋膜によって身体がつながっているという説を用いられる ...

ウェイトリフティング

コラム

FMSは怪我の発生率と関係しているのか?

FMS(ファンクショナルムーブメントスクーリン)などで動作のクセを分析するアプローチがありますが、高い点数があるからといって怪我予防やスポーツのパフォーマンスが優れているとは限らないようです。 &nb ...

高所からのパルクールでの着地

コラム

パルクールの着地は衝撃吸収に優れている

ジャンプの着地時の衝撃吸収は怪我との関連性があると考えられていますが、パルクールの着地は一般的なスポーツの着地に比べて衝撃吸収能力に優れているようです。パルクールにおける障害物を乗り越えてかなりの高さ ...

ハムストリングス

コラム

ハムストリングスの内側の筋力が与える影響について

興味深いことに、ハムストリングスの内側の筋力が弱いことで変形性膝関節症につながる膝の負荷が軽減されるのではないか?とする論文がありました。果たして本当にそうなのだろうか?という疑問が湧いてきたので、そ ...

海辺を歩く人

コラム

正しい歩き方をすれば怪我を減らせる?

正しい歩き方をすれば身体の負担が減るかもしれない、というような考え方があるかと思います。スター選手の歩き方はとても美しい、といったことを耳にすることもあるかと思います。正しい歩き方をしようと意識してみ ...

腸腰筋の解剖図

コラム

腸腰筋と怪我との関係について

スポーツのパフォーマンスで腸腰筋の大切さを耳にすることがありますが、ついつい腸腰筋を忘れてしまうことはあるかと思います。腸腰筋は怪我のメカニズムにも影響を及ぼす可能性があり、忘れずにケアをしておくが役 ...

コラム

靭帯を鍛えて強くするという発想について

靭帯断裂などの怪我は数カ月から1年といった長い戦線離脱を強いられることが珍しくなく、選手生命を左右しかねない怪我です。もしも、靭帯を鍛えて強くすることでこういった怪我を防ぐことができるのならば・・・こ ...

© 2021 Hero's Body