肘の怪我のメカニズム

MOTUSウェアラブルセンサー

野球肘

ウェアラブルセンサーによる投球フォームの改善について

軽量なセンサーを取り付けたスリーブをつけることで投球時の肘のストレスを簡単に評価できるとあって、何かと話題を呼びつつあるMotusのウェアラブルセンサーです。従来ではこのような負荷の分析には数千万円も ...

テニス肘

テニス肘にはグリップを握る動作の質も関係している!?

テニス選手にとって悩ましいもののひとつにテニス肘の怪我があります。慢性的な怪我であり、回復するのに意外と時間がかかってしまうことも珍しくありません。テニス肘の症状にはグリップを握ると痛みが出たり、グリ ...

テニス肘

テニス肘の原因はラケットの振り方にもある?

テニス肘の原因はバックハンド時に手首を伸ばす動作を何度も繰り返すから、と一般的に考えられています。しかしながら、この考え方はあまりにも単純すぎやしないかと疑問に思うわけです。テニス選手はバックハンドば ...

テニスラケットを握る場面

テニス肘

テニス肘は手首だけではなく上腕も関係している!?

一般的にテニス肘は手首の伸展動作を繰り返すことで引き起こされると考えられていますが、その原因は上腕部にもある可能性があります。前腕の筋肉のケアやリハビリが行われることが多いのですが、ついつい上腕部の筋 ...

肘内側側副靱帯

野球肘

ピッチング時の肘の内反トルクが怪我のリスクを高める?

ピッチャーの肘の怪我に泣かされる事例はたくさんあり、ピッチング時の肘の内反トルクが怪我のリスクを高めると言われたりしています。しかしながら、この考え方には混乱する部分もありしっかりと理解しきれていない ...

肘の痛み

野球肘

ピッチング時の肘の外反ストレスと靭帯損傷のリスク

ピッチャーの肘の怪我に苦しむ野球選手は多く、肘の靭帯の手術をした選手も珍しくありません。手術をすると約1年にわたり戦線離脱しリハビリをする必要があり、肘の怪我は選手生命に影響を与えることも珍しくありま ...

野球肘

ピッチング時の肘の高さと怪我の関係性について

ピッチング時の肘の高さが重要であるということを耳にすることがあるかと思います。例えば、肘が下がっているとパフォーマンスが悪くなるといったことが言われているかと思います。では、肘の高さと怪我のリスクには ...

ピッチャーの手首とボール

野球肘

変化球の手首の動きで肘の靭帯への負荷が変わってくる?

変化球を投げることがピッチャーの怪我に繋がるという考え方がありますが、そのメカニズムはまだまだわからないことも多くあります。特に手首の動きによる身体の負荷への影響は盲点になっていることが多く、投球動作 ...

野球グローブとボール

野球肘

変化球を投げることが肘の怪我の原因になっているのか?

成長期のピッチャーが変化球を投げると怪我をしやすいと言われることがあるかと思います。骨などが成長過程にある選手に高い負荷をかけ続けると怪我をしやすいのですが、本当に変化球を投げることが負荷を生み出して ...

野球のピッチャー

野球肘

投球動作で肘の靭帯にどのくらいの負荷がかかっているのか?

技術の進化はすさまじく、今でも膨大な量の研究が行われており次々と新たな発表がなされています。それでも現代のスポーツ科学で解明できることと、解明できない技術的な限界があります。今回はその技術的な限界につ ...

© 2021 Hero's Body