野球肘

ピッチャーの肘関節の緩さが靭帯の怪我につながる

関節が緩いことで怪我をしやすい傾向にありますが、ピッチャーの肘関節においても同じことが言えます。

ここでピッチング動作による肘関節の緩さについてご紹介していきたいと思います。

 

ポイント

  • 肘関節が緩いピッチャーは肘の靭帯に負荷がかかりやすく、怪我のリスクがあります。
  • 投球数が増えてくると肘の靭帯の弾力性が変化し、肘が緩くなります。
  • 肘周りの筋肉を鍛えることで肘の緩さを軽減できます。

 

肘関節の緩さとピッチャーの肘の怪我

ピッチャーの肘関節の緩さは肘の怪我のリスクであると考えられています。

レントゲンによる肘の緩みの測定

(Ellenbecker et al 1998より引用)

実際に肘の緩さを抱えているピッチャーは将来肘の靭帯を痛めるリスクがあることが報告されていますし

肘が緩すぎる場合には肘の靭帯を怪我している可能性も疑われることもあります

 

ピッチング後の肘の靭帯の緩さ

繰り返しの投球により徐々に肘の靭帯が緩くなっていく可能性があります。

ある実験では100球投げたあとは肘の靭帯の弾力性が変化し、投球後は肘が緩くなることが報告されています5・6

ピッチャーの肘

そして、一般的にピッチャーは利き腕のほうが肘が緩い傾向にあるそうです3・4

これは投球を繰り返しているほうの肘が緩くなりやすいということを表しているのではないかと思います。

 

これも程度の問題であり、過度な負荷が繰り返されれば靭帯が緩い状態が回復せずに肘の状態に悪影響を与える可能性がありますが、

適度な負荷であれば靭帯が適応して強度が高まっていく可能性はあると思います。

靭帯を鍛えて強くすることの長所と短所について

 

前腕の筋肉と肘関節の緩さ

一般的に筋肉を鍛えることは関節を安定させる役割があり、ピッチャーの肘関節においても腕の筋肉を鍛えることで肘の緩さを軽減できる可能性があります。

前腕の筋肉の解剖図

前腕の筋肉を鍛えることが怪我予防に役立ちますが、前腕の筋肉はトレーニングメニューが限られていることもありバランスよく鍛えることが難しかったりします。

前腕の筋肉を満遍なく鍛えることは意外と難しく、特定の筋肉が弱かったり盲点が生まれることが珍しくありません。

前腕の筋肉によるピッチャーの肘の怪我予防

 

まとめ

投球数が多くなってくると肘の靭帯が緩くなりやすく、これが怪我につながる可能性があります。

しっかりとした休養や身体のケアによって肘を良い状態に保ち、その上で筋肉もしっかりと鍛えておくことが大切です。

 

<参考文献>

  1. Shanley E, Smith M, Mayer BK, et al. Using Stress Ultrasonography to Understand the Risk of UCL Injury Among Professional Baseball Pitchers Based on Ligament Morphology and Dynamic Abnormalities. Orthopaedic Journal of Sports Medicine. 2018;6(8):232596711878884. doi:10.1177/2325967118788847
  2. Park J-Y, Kim H, Lee J-H, et al. Valgus stress ultrasound for medial ulnar collateral ligament injuries in athletes: is ultrasound alone enough for diagnosis? Journal of Shoulder and Elbow Surgery. 2020;29(3):578-586. doi:10.1016/j.jse.2019.12.005
  3. Ellenbecker TS, Mattalino AJ, Elam EA, Caplinger RA. Medial elbow joint laxity in professional baseball pitchers. A bilateral comparison using stress radiography. Am J Sports Med. 1998;26(3):420-424. doi:10.1177/03635465980260031301
  4. Sasaki J, Takahara M, Ogino T, Kashiwa H, Ishigaki D, Kanauchi Y. Ultrasonographic assessment of the ulnar collateral ligament and medial elbow laxity in college baseball players. J Bone Joint Surg Am. 2002;84(4):525-531. doi:10.2106/00004623-200204000-00003
  5. Hattori H, Akasaka K, Otsudo T, Hall T, Sakaguchi K, Tachibana Y. Ulnar Collateral Ligament Laxity After Repetitive Pitching: Associated Factors in High School Baseball Pitchers. Am J Sports Med. 2021;49(6):1626-1633. doi:10.1177/03635465211002507
  6. Hattori H, Akasaka K, Otsudo T, Hall T, Amemiya K, Mori Y. The effect of repetitive baseball pitching on medial elbow joint space gapping associated with 2 elbow valgus stressors in high school baseball players. Journal of Shoulder and Elbow Surgery. 2018;27(4):592-598. doi:10.1016/j.jse.2017.10.031

-野球肘

© 2022 Hero's Body