外反母趾

バレエダンサーの外反母趾のメカニズム

バレエでは独特のシューズを履き難しいポーズをとることから身体に様々な負荷がかかります。

そして過度な柔軟性が求められることから怪我が絶えず、バレエダンサーで外反母趾に悩んでいる人も珍しくありません。

どうやったら足の指先への負荷を減らせるのか?そのメカニズムを理解することが役に立つかもしれません。

 

ポイント

  • バレエのポーズは指先に負荷がかかり、バレエダンサーは外反母趾の傾向が強いようです。
  • 膝や股関節のアライメントの乱れが外反母趾へとつながる負荷を生み出します。
  • バランスを整えてポーズを決めることで指先への負荷を軽減できる可能性があります。

 

バレエダンサーと外反母趾

バレエに取り組むことで外反母趾につながる負荷がかかりやすくなります。

外反母趾

  • バレエダンサーのほうが親指の角度が大きい傾向にあるようです1・2
  • 特に女性の角度が大きい傾向にあることが報告されています1・2

このようにバレエダンサーは一般の人よりも外反母趾の傾向にあるようです。

 

バレエのポーズと外反母趾

指先に限らず身体のどこかが左右にぶれてしまっている場合には、外反母趾につながるような負荷が生み出される可能性があります。

 

指先のポジション

親指など特定の箇所に負荷が集中してしまうポーズになっていることもあるかもしれません。

(Davenport et al 2014より引用)

股関節の外旋筋群を使って膝や足首のポジションを整え、指先の重心を均等に分散させることが役に立つ可能性があります

この方法に関して強い科学的根拠はありませんが、現場の知恵のひとつとして知っておいて損はないかと思います。

外反母趾と重心の変化について

 

膝のアライメント

膝のポジション次第でも足の指への負荷が高まってしまう可能性が考えられます。

膝の内反及び外反

  • ある研究では外反母趾を抱えていた人はO脚の傾向が強かったという報告があります
  • 他にも外反母趾を抱えていた人は膝のアライメントの乱れが大きい傾向にあるというデータもあるようです

このようにしっかりと膝も整えておきたいところです。

 

骨盤の働き

骨盤周りの乱れが指先への負荷へとつながってしまうことがあります。

骨盤の傾き

  • バレエダンサーを対象に複数のバレエのポーズを調べた研究では、骨盤の傾きが大きいほど親指の外反母趾の負荷が大きい傾向にあることが報告されています
  • 股関節の可動域が小さいと膝や足の動きで代償する傾向にあることが報告されています

このように骨盤の機能低下が足の負荷へとつながってしまうことが考えられるわけです。

 

脊柱のアライメント

背骨の左右のカーブも外反母趾に影響するかもしれません。

脊柱側彎症

ある研究では外反母趾を抱えていた人は脊柱側彎症の傾向が強かったという報告があります

脊柱側彎症による腰痛のメカニズム

 

ポアント(En pointe)

バレエのポーズの中でも指先に全体重を加えるポーズは、外反母趾に関係している可能性があります。

怪我の予防のためには十分な年齢に達していることや柔軟性、筋力そしてスキルが伴っているかといった要素が大切です

たとえば、足関節の底屈は通常であれば約50°なのですがバレエダンサーは110°近く可動域があるといったデータがあります。

足関節の底屈の可動域

しかし、科学的にポアントを安全にできる明確な基準はないため経験や勘によって判断するしかないのが現状のようです。

怪我のリスクを抑えつつ可動域をあげるヒント

 

まとめ

バレエの競技特性で足の指に負荷がかかりやすいですが、身体のバランスを整えることで指先への負荷を減らし、外反母趾の予防へとつながる可能性があります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Davenport KL, Simmel L, Kadel N. Hallux valgus in dancers: a closer look at dance technique and its impact on dancers’ feet. J Dance Med Sci. 2014;18(2):86-92. doi:10.12678/1089-313X.18.2.86
  2. Einarsdóttir H, Troell S, Wykman A. Hallux valgus in ballet dancers: a myth? Foot Ankle Int. 1995;16(2):92-94. doi:10.1177/107110079501600208
  3. Steinberg N, Siev-Ner I, Zeev A, Dar G. The Association between Hallux Valgus and Proximal Joint Alignment in Young Female Dancers. Int J Sports Med. 2014;36(01):67-74. doi:10.1055/s-0034-1384550
  4. Steinberg N, Finestone A, Noff M, Zeev A, Dar G. Relationship between lower extremity alignment and hallux valgus in women. Foot Ankle Int. 2013;34(6):824-831. doi:10.1177/1071100713478407
  5. Seki H, Miura A, Sato N, Yuda J, Shimauchi T. Correlation between degree of hallux valgus and kinematics in classical ballet: A pilot study. PLoS One. 2020;15(4):e0231015. doi:10.1371/journal.pone.0231015
  6. Carter SL, Duncan R, Weidemann AL, Hopper LS. Lower leg and foot contributions to turnout in female pre-professional dancers: A 3D kinematic analysis. J Sports Sci. 2018;36(19):2217-2225. doi:10.1080/02640414.2018.1446386
  7. Altmann C, Roberts J, Scharfbillig R, Jones S. Readiness for En Pointe Work in Young Ballet Dancers Are There Proven Screening Tools and Training Protocols for a Population at Increased Risk of Injury? J Dance Med Sci. 2019;23(1):40-45. doi:10.12678/1089-313X.23.1.40
  8. Hamilton WG, Hamilton LH, Marshall P, Molnar M. A profile of the musculoskeletal characteristics of elite professional ballet dancers. Am J Sports Med. 1992;20(3):267-273. doi:10.1177/036354659202000306

-外反母趾

© 2021 Hero's Body