Hiroshi_850089

Hiroshi_850089

怪我を頻発し10年近く思うようにサッカーができない経験をしています。色々な治療法やトレーニングに大金をつぎ込み、最終的には公認会計士を辞めてアメリカで医療従事者資格ATCを取得。現在は怪我のメカニズムの研究とお店の運営をしています。

膝関節

膝の怪我のメカニズム

膝を圧迫することで膝の機能が変化する

膝を怪我した時にサポーターが使われることがありますが、膝が腫れることにもサポーターに通ずるメカニズムが隠されている可能性があります。身体にはまだまだ隠された役割があると考えられ、私たちの身体は想像以上 ...

膝の腫れ

前十字靭帯損傷

膝の腫れによって起こる代償動作

怪我すると膝が腫れてしまうことは珍しくなく、膝の腫れをコントロールすることは膝の回復のためにとても重要です。その一方で、怪我をしたときに引き起こされる現象は身体を守るための反応だったりする可能性もあり ...

肩のローテーターカフ

肩の怪我のメカニズム

ローテーターカフの筋力と怪我の関連性

肩の怪我予防としてローテーターカフの重要だとよく言われるかと思います。そこでローテーターカフの筋力と怪我の発生率などの科学的根拠などを交えながら基本的なようで意外と見落としているかもしれないところにつ ...

首と肩の痛み

首の怪我のメカニズム

首の筋肉が肩の障害に影響するかもしれない

肩の怪我をした選手は首回りの筋肉が硬かったり、姿勢が悪かったりすることが珍しくありません。肩周りの怪我には首回りの状態の悪さも多少なりとも関係していることがあり、首回りもしっかりと整えておくことが役に ...

コラム

筋膜による力の伝達と運動連鎖について

人の身体は不思議なもので患部に直接アプローチしなくとも、遠く離れた筋肉などによっても影響を受けることが珍しくありません。このような事象を説明するのに筋膜によって身体がつながっているという説を用いられる ...

脳

前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂後は脳への刺激に対する反応が悪い?

前十字靭帯断裂後に筋力発揮が低下することがありますが、その理由のひとつに脳神経の働きが低下しているという説があります。まだまだ研究で解明されていないことも多いですが、数ある説のひとつとしてご紹介したい ...

肋骨

身体のケア

肋骨周りが硬いことによる影響

肋骨周りをケアすることは少ないですが、肋骨周りの硬さが身体に影響を与えることがあります。特に脊柱の動きや負荷に関連しており、こういったところにアプローチすることで思わぬ効果を生み出すこともあるのではな ...

胸椎

肩の怪我のメカニズム

胸椎伸展の可動域低下は肩の怪我の原因なのか?

胸椎は肩の動きなどにも関わっているため、胸椎の動きが大切だと言われることがあります。そこで胸椎伸展に関する研究ではどのような結果が出ているのか?どのくらい肩の怪我に関わりがあるのか?などについて説明さ ...

片足ジャンプ

前十字靭帯損傷

大腿四頭筋の筋力と前十字靭帯損傷後のパフォーマンス

前十字靭帯を断裂すると大腿四頭筋などの筋肉が働きにくくなると言われています。大腿四頭筋の働きが低下することで身体に負荷がかかりやすくなったり、パフォーマンスが低下したりする可能性があります。 ポイント ...

神経伝達ニューロン

前十字靭帯損傷

膝関節の痛みと腫れが筋力発揮に影響している?

前十字靭帯損傷後に筋力発揮が抑制され、なかなか筋力が回復しないことが珍しくありません。筋力を回復させることはリハビリや怪我予防に重要なのですが、怪我によって膝関節の状態が変化することで神経伝達へ影響を ...

© 2021 Hero's Body