Hiroshi_850089

Hiroshi_850089

怪我を頻発し10年近く思うようにサッカーができない経験をしています。色々な治療法やトレーニングに大金をつぎ込み、最終的には公認会計士を辞めてアメリカで医療従事者資格ATCを取得。現在は怪我のメカニズムの研究とお店の運営をしています。

神経伝達

ハムストリングスの肉離れ

ハムストリングスの肉離れと神経伝達速度

疲労の蓄積によって神経伝達が乱れ、ハムストリングスの肉離れが引き起こされるという考え方があります。そこでハムストリングスの肉離れと神経伝達に関するメカニズムや、負荷を与え続けることによる神経伝達速度へ ...

バイオメカニクス

コラム

保護中: バイオメカニクスの本質〜怪我を減らすことはできるのか?〜

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

大腿二頭筋

前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷と内側外側ハムストリングスのバランス

前十字靭帯損傷することでハムストリングスの筋肉のバランスが乱れることがあります。特に内側と外側のハムストリングスのどちらかに力が入りにくいといったことが珍しくありません。このような筋肉のバランスの乱れ ...

肩の怪我のメカニズム

肩甲骨の機能不全が怪我を引き起こす?

肩の怪我に肩甲骨の働きが密接に関わっており、肩甲骨に対するアプローチが広く行われていることかと思います。そこで肩甲骨の機能不全がどのように肩の怪我に関わっているのか、ざっくりと概要をまとめてみたいと思 ...

肩の怪我のメカニズム

肩甲骨の安定性の評価 Scapular Retraction Test

肩甲骨が大事ということを耳にすることがあるかと思います。肩甲骨の柔軟性や可動性は比較的わかりやすいけれども、肩甲骨の安定性というのは意外と評価しにくかったりします。肩甲骨の安定性を評価するために用いら ...

疲労

前十字靭帯損傷

疲労による前十字靭帯への負荷の増加

スポーツで身体を追い込むような練習や激しい試合などでは疲労することは珍しくありませんが、身体が疲労している状態では前十字靭帯への負荷が大きくなってしまうことがあります。疲労時には身体がうまく機能しにく ...

前十字靭帯損傷

前十字靭帯への負荷で膝関節が硬くなる

前十字靭帯には感覚器としての機能があり、靭帯に負荷がかかりそうになるとこれを防ぐために周辺の筋肉が反応することがあります。特に膝の外反は前十字靭帯断裂との関わりがあり、こういった負荷がかかることで周辺 ...

ハムストリングス

前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂と筋肉の反応速度の低下

前十字靭帯を守るための筋肉がいくつかありますが、これらの筋肉の反応が遅れることで膝に負荷がかかる可能性が考えられます。筋肉が適切なタイミングで働くことは怪我予防の上で大切なことなのですが、どのようなト ...

レッグプレス

前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂後の筋力回復について

前十字靭帯断裂後は筋力発揮が抑制されてしまうことが起こりますが、その原因には様々な神経伝達の問題が関係している可能性があります。比較的シンプルなものから少々難解なものまで色々な議論があり、現在のスポー ...

膝アイシング

膝の怪我のメカニズム

アイシングと電気刺激による筋力抑制の軽減

怪我をしたときにアイシングや電気刺激などの応急処置が行われますが、これらの処置によって筋力発揮にも効果がある可能性があります。怪我をすることで神経伝達に変化が生じ、これによって筋力発揮が抑制されてしま ...

© 2021 Hero's Body