前十字靭帯損傷

前十字靭帯断裂後の変形性膝関節症のリスク要因について

変形性膝関節症

前十字靭帯を断裂することで膝の機能が低下し、変形性膝関節症へと繋がりやすくなってしまうことがあります。そこで今回はどのような要素が変形性膝関節症のリスクと関係しているのか?について解説させていただきたいと思います。

 

ポイント

  • 前十字靭帯損傷した人の半数近くが将来的に変形性膝関節症を発症するようです
  • 前十字靭帯断裂に伴う半月板や他の靭帯、軟骨などの損傷が大きいほど変形性膝関節症のリスクが高まるようです
  • リハビリやエクササイズに取り組み膝の機能を高めていくことが大切です

 

前十字靭帯断裂後の変形性膝関節症の発症について

前十字靭帯を断裂した人は怪我の影響により将来的に変形性膝関節症のリスクがあると言われており、半数近くの人が変形性膝関節症を発症すると報告されています

変形性座関節症

これは前十字靭帯損傷に伴い膝の本来の機能が失われてしまうことがひとつの原因であると考えられています。

前十字靭帯は膝の安定性を確保するために重要な役割を果たしているのですが、これを再建手術を行うことで靭帯の機能をある程度は取り戻すことはできますが、前十字靭帯の怪我によって周辺の組織へのダメージや、感覚器の損傷、神経への影響などにより完全に膝の機能を取り戻すことが簡単ではありません。

このため前十字靭帯再建手術をしても変形性膝関節症に対する一定のリスクがあるようです

 

前十字靭帯断裂後の変形性膝関節症のリスクを高める要素

どのような要素が変形性膝関節症のリスクを高めてしまうのかといいますと、怪我による周辺組織の損傷が大きいほど変形性膝関節症を発症する可能性が高いようです

半月板

前十字靭帯の損傷に伴い、半月板や他の靭帯、軟骨などにもダメージを負うことが珍しくありません。これらの周辺の組織にも膝を安定させる機能や衝撃吸収といった役割があるため、ダメージが大きいほどに膝の機能が低下して変形性膝関節症などへと発展しまうというわけです。

関連記事
膝のダメージ
前十字靭帯損傷に伴う周辺組織へのダメージが膝の機能を低下させる

続きを見る

 

また、手術方法や年齢、BMIなども変形性膝関節症のリスク要因となっているようです。そして、軟骨へ負担がかかりやすい歩行動作などもあり、こういったことによっても影響を受ける可能性があります。

 

変形性膝関節症のリスクを減らすには?

変形性膝関節症を予防するためにできることはいくつかあります。

まずは激しい過度な負荷がかかってしまうのを減らすこと、体重をコントロールすることも膝の負荷を軽減するのに役に立ちます

ジョギング

リハビリやエクササイズをしっかりと行い膝の機能を回復させていくこと、そしてジョギングなどの適度な運動の習慣は身体にいい刺激を与えることができる可能性があります。

また、理にかなった質の高いリハビリやトレーニングを取り入れることも変形性膝関節症のリスクを減らすことができます。

関連記事
前十字靭帯再建後のリハビリで見逃されやすいポイント

続きを見る

 

まとめ

怪我による損傷が大きい人ほど膝の機能が低下する可能性があり、リハビリによって膝の機能を回復させることや生活習慣を改善していくことの重要性が高まるかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Cheung EC, DiLallo M, Feeley BT, Lansdown DA. Osteoarthritis and ACL Reconstruction—Myths and Risks. Curr Rev Musculoskelet Med. 2020;13(1):115-122.

  2. Harris KP, Driban JB, Sitler MR, Cattano NM, Balasubramanian E, Hootman JM. Tibiofemoral Osteoarthritis After Surgical or Nonsurgical Treatment of Anterior Cruciate Ligament Rupture: A Systematic Review. Journal of Athletic Training. 2015;52(6):507-517.

  3. Øiestad BE, Engebretsen L, Storheim K, Risberg MA. Knee osteoarthritis after anterior cruciate ligament injury: a systematic review. Am J Sports Med. 2009;37(7):1434-1443.

  4. Jones MH, Oak SR, Andrish JT, et al. Predictors of Radiographic Osteoarthritis 2 to 3 Years After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: Data From the MOON On-site Nested Cohort. Orthop J Sports Med. 2019;7(8).

  5. Simon D, Mascarenhas R, Saltzman BM, Rollins M, Bach BR, MacDonald P. The Relationship between Anterior Cruciate Ligament Injury and Osteoarthritis of the Knee. Adv Orthop. 2015;2015.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body