研究手法

前十字靭帯断裂後の筋力測定方法

前十字靭帯断裂後の筋力測定方法について少しマニアックで研究者向けの内容を書いていきます。主に私自身が研究を進める上でのメモみたいな内容になっています。

 

Biodex

前十字靭帯断裂後の筋力測定の指標として、健康な脚の90%の筋力が望ましいというものがあります。

大腿四頭筋

前十字靭帯断裂した人の大腿四頭筋の筋力は怪我をしていない脚でも健康な人よりも劣っていることが報告されています

このため左右差で比べる場合には怪我をしていないほうの脚も真の100%の筋力発揮ができていないことに注意が必要なんですね2・3

 

Interpolated Technique

筋電図の波形などから真の100%を推定する方法です

理論や計算方法が難しいというのが難点であり、推定値なので多少のズレが生じる可能性もなくはないようです

 

 

CAR(Central Activation Ratio)

電気刺激を加えた時の筋力発揮を真の100%の筋力発揮とする方法です

最大筋力を発揮している時に電気刺激を加えます

 

以下の式でCARを算出します6・7

QA = (MVIC/[MVIC Burst])

 

 

まとめ

前十字靭帯断裂後の大腿四頭筋の筋力測定には色々な方法がありますが、真の100%の筋力発揮ができているかどうかは電気刺激を加えた時と比べてみるのが個人的にはわかりやすくて好きです。

 

<参考文献>

  1. Norte GE, Hertel JN, Saliba SA, Diduch DR, Hart JM. Quadriceps and Patient-Reported Function in ACL-Reconstructed Patients: A Principal Component Analysis. J Sport Rehabil. Published online June 25, 2018:1-9. doi:10.1123/jsr.2017-0080
  2. Urbach D, Nebelung W, Weiler HT, Awiszus F. Bilateral deficit of voluntary quadriceps muscle activation after unilateral ACL tear. Med Sci Sports Exerc. 1999;31(12):1691-1696. doi:10.1097/00005768-199912000-00001
  3. Zult T, Gokeler A, van Raay JJAM, Brouwer RW, Zijdewind I, Hortobágyi T. An anterior cruciate ligament injury does not affect the neuromuscular function of the non-injured leg except for dynamic balance and voluntary quadriceps activation. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2017;25(1):172-183. doi:10.1007/s00167-016-4335-3
  4. Herbert RD, Gandevia SC. Twitch interpolation in human muscles: mechanisms and implications for measurement of voluntary activation. J Neurophysiol. 1999;82(5):2271-2283.z
  5. Behm DG, St-Pierre DM, Perez D. Muscle inactivation: assessment of interpolated twitch technique. J Appl Physiol (1985). 1996;81(5):2267-2273. doi:10.1152/jappl.1996.81.5.2267
  6. Hart JM, Fritz JM, Kerrigan DC, Saliba EN, Gansneder BM, Ingersoll CD. Reduced Quadriceps Activation After Lumbar Paraspinal Fatiguing Exercise. J Athl Train. 2006;41(1):79-86.
  7. Kent-Braun JA, Le Blanc R. Quantitation of central activation failure during maximal voluntary contractions in humans. Muscle Nerve. 1996;19(7):861-869.

 

 

 

-研究手法

© 2021 Hero's Body