前十字靭帯損傷

前十字靭帯再建手術の時期の遅れによる怪我のリスク

前十字靭帯損傷をした後に様々な事情で、できれば手術を避けたいと思うこともあるかもしれません。

ここで手術をせずに長期間放置しておくとどのような結果になるのかご紹介してきたいと思います。

 

ポイント

  • 前十字靭帯再建手術が遅れると半月板損傷などの二次的な怪我が起こる可能性があります。
  • 前十字靭帯が切れた状態だと通常よりも半月板に負荷がかかりやすくなります。
  • 手術が遅れると膝が回復しにくくなる可能性もあります。

 

前十字靭帯再建手術の遅れによる二次的損傷

前十字靭帯再建手術が遅れると半月板損傷などの二次的な怪我へとつながる可能性があります。

半月板損傷

前十字靭帯損傷してから手術せずに6ヶ月経過すると内側の半月板損傷のリスクが高まり、12ヶ月経過すると軟骨の損傷のリスクが高まることがメタ分析による研究で明らかになっています

手術をせずに長期間放置していると変形性膝関節症などのさらなる怪我の悪化へとつながるわけです。

 

前十字靭帯断裂の放置による膝の機能の変化

前十字靭帯が断裂した状態では半月板への負荷が高まります。

膝のサポーター

  • 前十字靭帯断裂してからの期間が長いほど膝が緩さが悪化し、前後左右ともに膝が緩くなっていたことが報告されています
  • 前十字靭帯がない状態で膝へ力が加わると、通常よりも半月板への負荷が高まることが報告されています3・4
  • 前十字靭帯が切断されると回旋の負荷にも不安定になり、半月板の負荷も高まります
  • 前十字靭帯がない脚はアライメントが乱れ、骨棘が形成されやすいことが報告されています

このようにたとえ同じ動きだったとしても、前十字靭帯がないだけで膝はより大きなダメージを受けやすくなります。

 

前十字靭帯再建手術のタイミングと手術後の経過

前十字靭帯再建手術を行うタイミングが遅れると、手術後に膝が回復しにくくなる可能性があります。

  • 前十字靭帯再建手術を早い時期に行った方が膝の状態がいい傾向にあり、3〜6ヶ月経過すると膝の状態に影響が出るようです7・8
  • 手術が遅れても、ひとたび手術を行えばその後の膝の状態は変わらないという研究結果もあります9・10・11

前十字靭帯損傷してからある程度時間が経過しても手術をしても膝の状態が良くなる可能性はありますが、

手術を行うまでに二次的損傷が発生する可能性もあるので、手術を放置してもいいというほどの強い根拠はないかと思います。

 

まとめ

前十字靭帯が断裂した状態では半月板や軟骨などに負荷がかかりやすく、手術をせずにいると怪我が悪化していく可能性があります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Mehl J, Otto A, Baldino JB, et al. The ACL-deficient knee and the prevalence of meniscus and cartilage lesions: a systematic review and meta-analysis (CRD42017076897). Arch Orthop Trauma Surg. 2019;139(6):819-841. doi:10.1007/s00402-019-03128-4
  2. Signorelli C, Filardo G, Bonanzinga T, Grassi A, Zaffagnini S, Marcacci M. ACL rupture and joint laxity progression: a quantitative in vivo analysis. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2016;24(11):3605-3611. doi:10.1007/s00167-016-4158-2
  3. Guess TM, Razu S. Loading of the medial meniscus in the ACL deficient knee: A multibody computational study. Med Eng Phys. 2017;41:26-34. doi:10.1016/j.medengphy.2016.12.006
  4. Markolf KL, Jackson SR, McAllister DR. Force measurements in the medial meniscus posterior horn attachment: effects of anterior cruciate ligament removal. Am J Sports Med. 2012;40(2):332-338. doi:10.1177/0363546511426100
  5. McDonald LS, Boorman-Padgett J, Kent R, et al. ACL Deficiency Increases Forces on the Medial Femoral Condyle and the Lateral Meniscus with Applied Rotatory Loads. J Bone Joint Surg Am. 2016;98(20):1713-1721. doi:10.2106/JBJS.15.00878
  6. Berend ME, Meding JB, Malinzak RA, et al. ACL Damage and Deficiency is Associated with More Severe Preoperative Deformity, Lower Range of Motion at the Time of TKA. HSS J. 2016;12(3):235-239. doi:10.1007/s11420-016-9504-x
  7. Marcacci M, Zaffagnini S, Iacono F, Neri MP, Petitto A. Early versus late reconstruction for anterior cruciate ligament rupture. Results after five years of followup. Am J Sports Med. 1995;23(6):690-693. doi:10.1177/036354659502300610
  8. Wasilewski SA, Covall DJ, Cohen S. Effect of surgical timing on recovery and associated injuries after anterior cruciate ligament reconstruction. Am J Sports Med. 1993;21(3):338-342. doi:10.1177/036354659302100302
  9. Andernord D, Karlsson J, Musahl V, Bhandari M, Fu FH, Samuelsson K. Timing of surgery of the anterior cruciate ligament. Arthroscopy. 2013;29(11):1863-1871. doi:10.1016/j.arthro.2013.07.270
  10. Goradia VK, Grana WA. A comparison of outcomes at 2 to 6 years after acute and chronic anterior cruciate ligament reconstructions using hamstring tendon grafts. Arthroscopy. 2001;17(4):383-392. doi:10.1053/jars.2001.21493
  11. Łyp M, Stanisławska I, Witek B, Majerowska M, Czarny-Działak M, Włostowska E. The Timing of Rehabilitation Commencement After Reconstruction of the Anterior Cruciate Ligament. Adv Exp Med Biol. 2018;1096:53-57. doi:10.1007/5584_2018_210

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body