前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷後の骨棘の形成による膝の悪化

前十字靭帯損傷後はリハビリをしても、なかなか思うように膝の機能が回復しにくいことが珍しくありません。

これには様々な理由がありますが、知らず知らずのうちに骨の形状が変化したり、軟骨などにダメージが生じていたりと構造的な要因も関わっているかもしれません。

 

ポイント

  • 前十字靭帯損傷後は骨がトゲのように出っ張るような骨棘が形成されやすくなります。
  • 20代であってもアスリートであっても骨棘が形成されるリスクがあります。
  • 骨棘によって痛みやアライメントの変化が生じやすく、繊細で丁寧なケアが大切になります。

 

前十字靭帯損傷と骨棘の形成

前十字靭帯再建手術後も膝の骨がトゲのように出っ張るような骨棘が形成される可能性はあります。

(Wong et al 2016より引用)

前十字靭帯損傷をした人はアスリートであっても骨棘が形成される可能性があり、手術から約3年の時点で怪我していない脚と比べて多く骨棘が形成されていたという研究結果もあります2・3

これは20代の人でも起こりうることで、高齢になるとよりリスクが高まると考えられています1・2

 

この他にも栄養も関わっており、栄養状態が悪いと骨がもろくなり骨棘が形成されやすくなる可能性があります4・5

 

骨棘が形成される影響

膝の骨がトゲのように出っ張るような形になるため、これによって痛みが生じたり膝のアライメントが乱れたり、何かと膝の状態が悪化する可能性が考えられます。

変形性膝関節症と骨棘の形成について

 

特に前十字靭帯再建手術から一定期間経過してもリハビリがうまくいかなかった人の場合には、知らず知らずのうちに骨棘が形成されている可能性が考えられ、

ちょっとしたことで痛みを感じてしまったり、負荷の高い運動に取り組みにくかったりと、膝がとても繊細な状態になりやすいと思います。

この状態に陥ってしまった場合には、通常の前十字靭帯損傷後のリハビリを行っても思うような効果が得られないということもあるかと思います。

膝の痛み

前十字靭帯損傷後のリハビリがうまくいっていないということは、骨棘の形成だけでなく軟骨や半月板へのダメージも生じている可能性があり、

そもそもの構造的な違いが膝の状態を悪化させていると考えられます。

前十字靭帯再建手術の時期の遅れによる怪我のリスク

 

対処法

前十字靭帯損傷後の骨棘の形成の診断自体はレントゲンやMRIがないと正確に評価できないものの、

手術から一定期間経過しているのに膝の機能が十分に回復していないなど、リスクが高い人には慎重に繊細に膝のケアやトレーニングをしていくことが大切だと思います。

膝伸展制限

私の経験上こういったケースでは闇雲に筋力トレーニングで負荷をかけるよりも、

膝のアライメントを整え、膝の安定性を確保し、安心できる環境づくりを最初に行うことが大切だと思います。

そもそも骨棘が形成されるのは膝に過剰な負荷がかかっていることが原因のひとつであり、適度な負荷や心地よい負荷で丁寧に膝をケアしていくことが賢明だと思います。

 

リハビリなどで膝の状態を回復させるのに一定の効果がありますが、骨棘は骨の変形であるのでやはり一定の限界があり、重度の場合には手術などで対応することになる可能性もあります。

 

まとめ

前十字靭帯損傷後は知らず知らずのうちに骨棘が形成され、膝の状態が悪化している可能性もあります。

手術後のリハビリがうまくいかずに一定期間経過してしまった場合には、慎重で繊細な対応が大切だと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Roemer FW, Jarraya M, Niu J, Silva J-R, Frobell R, Guermazi A. Increased risk for radiographic osteoarthritis features in young active athletes: a cross-sectional matched case-control study. Osteoarthritis Cartilage. 2015;23(2):239-243. doi:10.1016/j.joca.2014.11.011
  2. Panzer S, Augat P, Atzwanger J, Hergan K. 3-T MRI assessment of osteophyte formation in patients with unilateral anterior cruciate ligament injury and reconstruction. Skeletal Radiol. 2012;41(12):1597-1604. doi:10.1007/s00256-012-1445-y
  3. Buckland-Wright J, Lynch J, Dave B. Early radiographic features in patients with anterior cruciate ligament rupture. Ann Rheum Dis. 2000;59(8):641-646. doi:10.1136/ard.59.8.641
  4. Wong SHJ, Chiu KY, Yan CH. Review Article: Osteophytes. J Orthop Surg (Hong Kong). 2016;24(3):403-410. doi:10.1177/1602400327
  5. Nagaosa Y, Lanyon P, Doherty M. Characterisation of size and direction of osteophyte in knee osteoarthritis: a radiographic study. Ann Rheum Dis. 2002;61(4):319-324. doi:10.1136/ard.61.4.319

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body