前十字靭帯損傷

前十字靭帯への負荷で膝関節が硬くなる

前十字靭帯には感覚器としての機能があり、靭帯に負荷がかかりそうになるとこれを防ぐために周辺の筋肉が反応することがあります。特に膝の外反は前十字靭帯断裂との関わりがあり、こういった負荷がかかることで周辺の筋肉の反応が促進され、膝を固めたりといった反応につながるようです。

 

ポイント

  • 膝に外反の負荷がかかり続けることで周辺の筋肉の反応が促進されるようです。
  • 前十字靭帯を強く引っ張るような負荷など、刺激の種類によっては好ましくない反応がでることもあるようです。

 

膝への負荷に周辺の筋肉が反応する?

膝が不安定になったり、負荷がかかったりすることで身体を守るために周辺の筋肉が働くことがあります。

膝の外反

(Hewett et al 2005より引用)

  • 膝に外反の負荷をかけ続けることで周辺の筋肉が活動が促進され、結果として膝が固めて安定性を高める状態になることが報告されています
  • 興味深いことに、この時に筋肉はあまり伸ばされていないことから、靭帯や関節包などの反応による可能性が示唆されていますただし、一定程度以上の膝の外反の負荷をかけないと反応が出ないようです

 

このように人の身体には防御反応が備わっており、前十字靭帯など膝への負担を防ぐための防衛機能として周辺の筋肉が反応するのではないでしょうか。

膝の外反
膝の外反と前十字靭帯損傷について

前十字靭帯損傷の原因として有名なのが膝の外反であるかと思います。膝の外反にアプローチすることには一定の効果があるかと思いますが同時に限界もあり、これが怪我のメカニズムの全てではなく、あくまでひとつの要 ...

続きを見る

 

刺激の種類で悪い反応にもなりうる?

前十字靭帯

先ほどの研究のように刺激に対する反応として周辺の筋肉の活動が高まることは、膝の安定性へと繋がり結果として膝を守る可能性があります1・2。(状況によっては逆効果になることもありますが)

 

一方で、膝周りに麻酔を投与した上で前十字靭帯を引っ張ることで筋肉の反応が鈍くなったという研究報告もあります

ハムストリングス
前十字靭帯断裂と筋肉の反応速度の低下

前十字靭帯を守るための筋肉がいくつかありますが、これらの筋肉の反応が遅れることで膝に負荷がかかる可能性が考えられます。筋肉が適切なタイミングで働くことは怪我予防の上で大切なことなのですが、どのようなト ...

続きを見る

 

刺激の種類によっては身体にとって好ましくない反応が出ることも十分に考えれると思います。

 

まとめ

前十字靭帯は感覚器としての役割もあり、前十字靭帯への刺激によって周辺の筋肉の反応に影響を及ぼすことがあります。身体を守るための反応が出ることがある一方で、好ましくない反応を引き起こすような刺激もあるようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Dhaher YY, Tsoumanis AD, Houle TT, Rymer WZ. Neuromuscular reflexes contribute to knee stiffness during valgus loading. J Neurophysiol. 2005;93(5):2698-2709.
  2. Dhaher YY, Tsoumanis AD, Rymer WZ. Reflex muscle contractions can be elicited by valgus positional perturbations of the human knee. Journal of Biomechanics. 2003;36(2):199-209.
  3. Friemert B, Faist M, Spengler C, Gerngross H, Claes L, Melnyk M. Intraoperative Direct Mechanical Stimulation of the Anterior Cruciate Ligament Elicits Short- and Medium-Latency Hamstring Reflexes. Journal of Neurophysiology. 2005;94(6):3996-4001.
  4. Hewett TE, Myer GD, Ford KR, et al. Biomechanical measures of neuromuscular control and valgus loading of the knee predict anterior cruciate ligament injury risk in female athletes: a prospective study. Am J Sports Med. 2005;33(4):492-501.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body