前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷と内側側副靭帯損傷の併発について

前十字靭帯損傷及び内側側副靱帯損傷

前十字靭帯断裂に伴い膝の内側側副靱帯を損傷することがあります。

この場合にどのような影響があるのか、文献を交えながらご紹介していきたいと思います。

 

ポイント

  • スポーツ時の膝のねじれによって内側側副靱帯の断裂が併発する可能性があります
  • 膝の損傷度合いが大きいほど膝の機能は低下していきます
  • 再断裂や変形性膝関節症へとつながる可能性が考えられます

 

内側側副靱帯

前十字靭帯断裂時には、前十字靭帯だけでなく膝の他の組織を複数損傷することがよくあります。

その中のひとつに内側側副靱帯を損傷があり、前十字靭帯損傷と併発することが珍しくありません。

内側側副靱帯

 

スポーツ時の膝の靭帯への負荷

膝が内側に入ってしまうような動きで内側側副靭帯に負荷がかかりやすく、膝のねじれと組み合わさると内側側副靭帯への負荷がさらに大きくなります1・2

これは前十字靭帯損傷にもつながる動きであり、複数の靭帯に負荷がかかるような動作と言えるかもしれません。

膝の外反と前十字靭帯損傷について

一方で前十字靭帯への負荷が高いとされているジャンプ着地や方向転換のカッティング動作などでは、内側側副靭帯にそこまで負荷がかからないようです

ジャンプの着地と前十字靭帯への負荷

 

靭帯損傷による他の靭帯への影響

膝の靭帯はそれぞれお互いに支え合っており、ひとつの靭帯を損傷すると他の人体に負荷がかかりやすくなります。

膝の靭帯

  • 内側側副靭帯を損傷している状態だと前十字靭帯への負荷が高まることが報告されています
  • 一方で前十字靭帯を損傷した場合にも内側側副靭帯への負荷が高まることがあります

このようなことから前十字靭帯損傷に加えて内側側副靭帯損傷を併発すると、膝の機能がさらに低下して際断裂や変形性膝関節症のリスクが高まると考えられます。

前十字靭帯断裂後の変形性膝関節症のリスク要因について

 

膝の状態

前十字靭帯損傷に加えて内側側副靭帯損傷を併発によって膝の状態が悪影響を及ぼす可能性があり、その対処法についても議論があり、

単独で内側側副靭帯の手術をしたほうがいいのか、前十字靭帯と同時に手術をした方がいいのか、それともと内側側副靭帯は手術をせずに保存療法を選択したほうがいいのか?などの議論があります

膝の痛みを抱えてる様子

基本的には保存療法でも膝の機能が回復する可能性があり7・8、前十字靭帯と同時に内側側副靭帯を手術をしても大きな問題はないようです8・9

明確に優れている方法はないようで、個別の事例を勘案して整形外科医の先生の判断になることかと思います。

 

まとめ

基本的には膝の組織の損傷の度合いが大きいほど膝が機能低下しやすく、膝の回復や怪我の再発リスクなどへと影響してきます。

前十字靭帯断裂とともに内側側副靱帯を損傷している場合にも慎重な判断が大切ではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Bates NA, Nesbitt RJ, Shearn JT, Myer GD, Hewett TE. Knee Abduction Affects Greater Magnitude of Change in ACL and MCL Strains Than Matched Internal Tibial Rotation In Vitro. Clinical Orthopaedics & Related Research. 2017;475(10):2385-2396. doi:10.1007/s11999-017-5367-9
  2. Quatman CE, Kiapour AM, Demetropoulos CK, et al. Preferential Loading of the ACL Compared With the MCL During Landing: A Novel In Sim Approach Yields the Multiplanar Mechanism of Dynamic Valgus During ACL Injuries. Am J Sports Med. 2014;42(1):177-186. doi:10.1177/0363546513506558
  3. Bates NA, Nesbitt RJ, Shearn JT, Myer GD, Hewett TE. Relative Strain in the Anterior Cruciate Ligament and Medial Collateral Ligament During Simulated Jump Landing and Sidestep Cutting Tasks: Implications for Injury Risk. Am J Sports Med. 2015;43(9):2259-2269. doi:10.1177/0363546515589165
  4. Mancini EJ, Kohen R, Esquivel AO, Cracchiolo AM, Lemos SE. Comparison of ACL Strain in the MCL-Deficient and MCL-Reconstructed Knee During Simulated Landing in a Cadaveric Model. Am J Sports Med. 2017;45(5):1090-1094. doi:10.1177/0363546516685312
  5. Lujan TJ, Dalton MS, Thompson BM, Ellis BJ, Weiss JA. Effect of ACL Deficiency on MCL Strains and Joint Kinematics. Journal of Biomechanical Engineering. 2007;129(3):386-392. doi:10.1115/1.2720915
  6. Elkin JL, Zamora E, Gallo RA. Combined Anterior Cruciate Ligament and Medial Collateral Ligament Knee Injuries: Anatomy, Diagnosis, Management Recommendations, and Return to Sport. Curr Rev Musculoskelet Med. 2019;12(2):239-244. doi:10.1007/s12178-019-09549-3
  7. Halinen J, Lindahl J, Hirvensalo E, Santavirta S. Operative and Nonoperative Treatments of Medial Collateral Ligament Rupture with Early Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: A Prospective Randomized Study. Am J Sports Med. 2006;34(7):1134-1140. doi:10.1177/0363546505284889
  8. Smyth MP, Koh JL. A Review of Surgical and Nonsurgical Outcomes of Medial Knee Injuries. Sports Medicine and Arthroscopy Review. 2015;23(2):e15-e22. doi:10.1097/JSA.0000000000000063
  9. Razi M, Soufali AP, Ziabari EZ, Dadgostar H, Askari A, Arasteh P. Treatment of Concomitant ACL and MCL Injuries: Spontaneous Healing of Complete ACL and MCL Tears. J Knee Surg. 2021;34(12):1329-1336. doi:10.1055/s-0040-1708858
  10. Zhang H, Sun Y, Han X, et al. Simultaneous Reconstruction of the Anterior Cruciate Ligament and Medial Collateral Ligament in Patients With Chronic ACL-MCL Lesions: A Minimum 2-Year Follow-up Study. Am J Sports Med. 2014;42(7):1675-1681. doi:10.1177/0363546514531394

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body