前十字靭帯損傷

前十字靭帯再建後のジョギングについて

前十字靭帯損傷後は脚の機能を回復させるために様々な運動に取り組むことが多いかと思います。

その中でジョギングもひとつの選択肢であり、ジョギングをしてもいいのか不安に思うこともあるかもしれません。

ここで前十字靭帯損傷後のジョギングに関する文献を紹介していきたいと思います。

 

ポイント

  • 前十字靭帯損傷後はジョギング時の脚の動きに乱れが生じることが珍しくあります。
  • 特に筋力が十分に回復していないケースでジョギングの効率の低下につながります。
  • 筋力に不安がある場合には、十分な筋力を獲得してからジョギングをしたほうがいいかもしれません。

 

ジョギング時のバランスについて

前十字靭帯損傷後はジョギング時の動きに乱れが生じることがあります。

  • 前十字靭帯再建手術をした人はジョギング時の脚の動きに左右差が生じやすいことが報告されています
  • ハムストリングスの筋力の左右差を抱えている人はジョギング時の脚のねじれやパワー不足などの変化が生じやすいという報告もあります
  • 大腿四頭筋の筋力低下もジョギング時の影響を与え、大腿四頭筋の筋力が十分な場合にはジョギング時に大きな乱れは見られなかったそうです3。

前十字靭帯損傷後は筋力が簡単に回復しないこともあり、筋力の左右差がジョギング時の乱れへとつながるのかもしれません。

前十字靭帯損傷後は筋力が簡単に戻らない

 

ジョギングによる疲労について

前十字靭帯再建後のジョギングは通常よりも疲れやすく、身体に負荷がかかりやすい傾向にあります。

疲労

  • 時速10キロくらいでジョギングをした時に、前十字靭帯損傷をした人のほうが酸素消費量が多く、ジョギングで疲れやすい可能性が示唆されています
  • ジョギング時の酸素消費量の増加は筋力低下との関連性が示唆されているようです
  • 前十字靭帯損傷をした人は疲労によってジョギングフォームが変化しやすいことが報告されています

このように前十字靭帯を損傷した影響で、ジョギングに対して今までよりも多くのエネルギーを必要とする可能性があるわけです。

 

前十字靭帯再建後のジョギングの目安

一般的には前十字靭帯再建後の3〜4ヶ月がジョギングを開始してもいい目安のようです

これに加えて筋力回復の度合いなどもジョギングの可否に影響してくるようです。

片側レッグエクステンション

ある研究では大腿四頭筋の筋力がポイントであり、十分な筋力を獲得していることでジョギングやその後のリハビリを通して膝の状態がいい傾向にあったようです

具体的な筋力の数値の計測が難しいところですが、筋力に不安を抱えている場合にはジョギングは控えておいたほうがいいのかもしれません。

 

まとめ

前十字靭帯損傷後に安全に効果的にジョギングをするためには十分に筋力を獲得しておいたほうがいいかもしれません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. J G, J H, Sa S, Sf B, Jm H. Gait Biomechanics in Anterior Cruciate Ligament-reconstructed Knees at Different Time Frames Postsurgery. Medicine and science in sports and exercise. 2018;50(11). doi:10.1249/MSS.0000000000001693
  2. Abourezk MN, Ithurburn MP, McNally MP, et al. Hamstring Strength Asymmetry at 3 Years After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction Alters Knee Mechanics During Gait and Jogging. Am J Sports Med. 2017;45(1):97-105. doi:10.1177/0363546516664705
  3. Lewek M, Rudolph K, Axe M, Snyder-Mackler L. The effect of insufficient quadriceps strength on gait after anterior cruciate ligament reconstruction. Clinical Biomechanics. 2002;17(1):56-63. doi:10.1016/S0268-0033(01)00097-3
  4. McHugh MP, Spitz AL, Lorei MP, Nicholas SJ, Hershman EB, Gleim GW. Effect of anterior cruciate ligament deficiency on economy of walking and jogging. J Orthop Res. 1994;12(4):592-597. doi:10.1002/jor.1100120416
  5. Kuenze C, Hertel J, Weltman A, Diduch DR, Saliba S, Hart JM. Jogging biomechanics after exercise in individuals with ACL-reconstructed knees. Med Sci Sports Exerc. 2014;46(6):1067-1076. doi:10.1249/MSS.0000000000000217
  6. Iwame T, Matsuura T, Okahisa T, et al. Quadriceps strength to body weight ratio is a significant indicator for initiating jogging after anterior cruciate ligament reconstruction. Knee. 2021;28:240-246. doi:10.1016/j.knee.2020.12.010

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body