前十字靭帯損傷

中臀筋を鍛えて前十字靭帯への負荷を減らす

中臀筋

前十字靭帯損傷のメカニズムにはたくさんの要素がありますが、有名なものが膝が内側に入ってしまうものです。これを防ぐためには中臀筋を鍛えることが効果的であると考えられており、前十字靭帯損傷予防の基本となるもののひとつであるかと思います。

 

ポイント

  • 膝が内側に入ってしまうような動きは前十字靭帯のリスクであると考えられています
  • 中臀筋の活動量が少ないと膝が内側に入りやすくなる傾向にあります
  • 中臀筋をしっかりと鍛えることが前十字靭帯への負荷を減らすのに役に立つ可能性があります

 

膝の外反と中臀筋の働き

膝が内側に入ってしまうような動きは前十字靭帯のリスクであると考えられています1・2

膝の外反

(Hewett et al 2005より引用)

中臀筋と膝の動きには関係があると考えられており、中臀筋の活動量が少ないと膝が内側に入りやすくなる傾向にあることが報告されています

このため中臀筋の働きが前十字靭帯損傷に関係しているのではないか?と考えられています。

膝の外反と前十字靭帯損傷について

 

前十字靭帯断裂と中臀筋の働き

前十字靭帯断裂した人は中臀筋の働きが低下している可能性があるかもしれません。

ジャンプの着地

  • ある研究で前十字靭帯を断裂した人の中臀筋の働きを調べたところ、階段を降りるときや片足バランスの特定の動きにおいて中臀筋の活動量が低下していたことが報告されています
  • ジャンプの着地時には前十字靭帯断裂した人は中臀筋や内転筋の働きが低下している傾向にあることが報告されています
  • 一方で前十字靭帯断裂していた人の中臀筋の活動量が増えていたという報告もあります。個人差も多く前十字靭帯断裂をした人が特定のパターンを示すわけではありませんが、必要なタイミングで必要な筋肉の活動量が低下しているというのは望ましくないかと思います。

このように基本的には股関節の安定性を高めるためには中臀筋などの活動量が増えていることが望ましいと考えらています。

 

中臀筋のエクササイズで前十字靭帯損傷の予防

中臀筋のエクササイズには色々なものがありますが、膝が内側に入ることを防ぐことが目的ならば、チューブを使って膝を外側に開く動きに負荷をかけるのもひとつかと思います。ただこれだけで膝が改善するわけではなく、色々なバリエーションのエクササイズを取り入れていくことが大事なんですけれども。

中臀筋のチューブエクササイズ

そして、中臀筋の疲労によって膝が内側に入りやすくなってしまう可能性があるため、持久力もしっかりと鍛えておきたいところですね。

中臀筋を鍛えて前十字靭帯への負荷を減らす

 

まとめ

中臀筋を鍛えることで膝が内側に入ってしまうことを防ぐのに役に立ち、これは前十字靭帯損傷予防の基本となるもののひとつとなっています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Hewett TE, Myer GD. The mechanistic connection between the trunk, hip, knee, and anterior cruciate ligament injury. Exerc Sport Sci Rev. 2011;39(4):161-166.
  2. Hewett TE, Myer GD, Ford KR, et al. Biomechanical measures of neuromuscular control and valgus loading of the knee predict anterior cruciate ligament injury risk in female athletes: a prospective study. Am J Sports Med. 2005;33(4):492-501.
  3. Ueno R, Navacchia A, DiCesare CA, et al. Knee abduction moment is predicted by lower gluteus medius force and larger vertical and lateral ground reaction forces during drop vertical jump in female athletes. J Biomech. 2020;103:109669.
  4. Harput G, Howard JS, Mattacola C. Comparison of Muscle Activation Levels Between Healthy Individuals and Persons Who Have Undergone Anterior Cruciate Ligament Reconstruction During Different Phases of Weight-Bearing Exercises. J Orthop Sports Phys Ther. 2016;46(11):984-992.
  5. Rostami KD, Naderi A, Thomas A. Hip Abductor and Adductor Muscles Activity Patterns During Landing After Anterior Cruciate Ligament Injury. Journal of Sport Rehabilitation. 2019;28(8):871-876.
  6. Hall M, Stevermer CA, Gillette JC. Muscle activity amplitudes and co-contraction during stair ambulation following anterior cruciate ligament reconstruction. J Electromyogr Kinesiol. 2015;25(2):298-304.
  7. Patrek MF, Kernozek TW, Willson JD, Wright GA, Doberstein ST. Hip-Abductor Fatigue and Single-Leg Landing Mechanics in Women Athletes. J Athl Train. 2011;46(1):31-42.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body