前十字靭帯損傷

女性ホルモンが前十字靭帯損傷に及ぼす影響

女性アスリートは前十字靭帯損傷が多く、女性ならではの怪我のメカニズムが議論されています。

その中でも女性ホルモンが前十字靭帯損傷に関わっているという説もあります。

ここで関連する文献を紹介しながら、その影響についてご紹介していきたいと思います。

 

ポイント

  • 女性アスリートは男性アスリートに比べての前十字靭帯損傷の発生率が高い傾向にあります。
  • 女性ホルモンの分泌量によっては前十字靭帯の強度が低下することがあります。
  • 成長期の女性アスリートは関節が緩くなりやすく、靭帯に負荷がかかりやすいようです。

 

女性ホルモンと前十字靭帯断裂のリスク

女性ホルモンの働きが前十字靭帯に関係している可能性が考えられ、ホルモンの分泌次第では靭帯や筋力など身体の様々な要素に影響を与えるようです。

エストロゲン

 

女性ホルモンと靭帯の強度

生理の周期によって前十字靭帯の強度が変わると考えられています。

女性ホルモン

  • 排卵期(ovulatory phase)にはエストロゲンの分泌が増えることで、前十字靭帯が少しばかり緩み靭帯の強度が低下していることがメタ分析などによる研究で明らかになっています2・3

 

経口避妊薬による影響

経口避妊薬を服用することで前十字靭帯損傷が起こりにくくなるという説もあるようです。

(Chidi-Ogbolu and Baar 2018より引用)

  • 経口の避妊薬を服用することでエストロゲンの分泌が抑制され、これによって前十字靭帯の緩みが減少し、結果として前十字靭帯断裂が少なくなることが報告されています

 

女性ホルモンと筋力

生理の周期によって筋力にも影響を及ぼす可能性があります。

ワイドスクワット

卵胞期(follicular phase )は黄体期(Luteal phase)に比べて筋力が劣る傾向にあることが報告されています

しかしながら、異なる研究結果も多く明確な答えは得られていないようです。

 

生理の周期と前十字靭帯断裂の発生率

排卵期には靭帯が緩みやすく、この時期には前十字靭帯断裂が起きやすいという考え方があります。

(Chidi-Ogbolu and Baar 2018より引用)

しかしながら他の要素によっても影響を受けるため、必ずしも特定の生理の周期と前十字靭帯の発生率は関係するとは限らないことが明らかになっています

 

 

思春期の女性アスリートの前十字靭帯損傷

高校生や大学生の女性アスリートは前十字靭帯損傷が多い傾向にあります

これはスポーツの競技レベルの向上によって身体への負荷が増えること、あるいは思春期ならではの要因が相まって前十字靭帯損傷のリスクが高まる可能性が考えられます。

女子サッカー

 

成長期の靭帯の強度の変化

成長期を迎えた女性アスリートは膝の安定性が低下し、怪我をしやすい状態になることもあるようです。

女子バスケットボール

  • 初経を迎えると関節が緩くなり、全身の可動域が上がることが報告されています
  • 成長期を迎えた女性は前十字靭帯のサイズが小さい傾向にあることが報告されています

明確なメカニズムはわかっていませんが、成長期のホルモンの分泌によって靭帯が弱くなってしまうこともあるのかもしれません。

 

相対的な筋力の変化

身体の変化が著しい時期には、相対的な筋力不足を招くことも考えられます。

膝の解剖

  • 急激な身体の成長に筋力が追いつかない可能性があることが複数の研究で示唆されています9・10・11。
  • 成長期にはスポーツ時の膝の負荷も増えやすくなり12、筋力が追いつかないと膝のニーインといった動作のクセも生まれることもあるようです13

 

食事などによる影響

食事や心理面による影響によって怪我をしやすくなることも珍しくありません。

拒食症

過度な食事制限やダイエットなどによって身体に十分な栄養が行き渡らないと、スポーツにおける靭帯のダメージが少しずつ蓄積していく可能性が考えられます。

このような状態が長期化すると、突発的な前十字靭帯断裂も起こりうるかもしれません。

適切な食事や体重コントロールというのは怪我予防にも関わってくるかと思います。

 

まとめ

女性ホルモンの分泌は身体の状態に影響を与えるため、前十字靭帯断裂との関わりがあると考えられています。

女性アスリートの前十字靭帯断裂が多いことから、身体のケアをしっかりと行うことが大切になってくるではないでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Chidi-Ogbolu N, Baar K. Effect of Estrogen on Musculoskeletal Performance and Injury Risk. Front Physiol. 2018;9:1834. doi:10.3389/fphys.2018.01834
  2. Herzberg SD, Motu’apuaka ML, Lambert W, Fu R, Brady J, Guise J-M. The Effect of Menstrual Cycle and Contraceptives on ACL Injuries and Laxity: A Systematic Review and Meta-analysis. Orthop J Sports Med. 2017;5(7):2325967117718781. doi:10.1177/2325967117718781
  3. Balachandar V, Marciniak J-L, Wall O, Balachandar C. Effects of the menstrual cycle on lower-limb biomechanics, neuromuscular control, and anterior cruciate ligament injury risk: a systematic review. Muscles Ligaments Tendons J. 2017;7(1):136-146. doi:10.11138/mltj/2017.7.1.136
  4. Konopka JA, Hsue LJ, Dragoo JL. Effect of Oral Contraceptives on Soft Tissue Injury Risk, Soft Tissue Laxity, and Muscle Strength: A Systematic Review of the Literature. Orthop J Sports Med. 2019;7(3):2325967119831061. doi:10.1177/2325967119831061
  5. Dos Santos Andrade M, Mascarin NC, Foster R, de Jármy di Bella ZI, Vancini RL, Barbosa de Lira CA. Is muscular strength balance influenced by menstrual cycle in female soccer players? J Sports Med Phys Fitness. 2017;57(6):859-864. doi:10.23736/S0022-4707.16.06290-3
  6. Somerson JS, Isby IJ, Hagen MS, Kweon CY, Gee AO. The Menstrual Cycle May Affect Anterior Knee Laxity and the Rate of Anterior Cruciate Ligament Rupture: A Systematic Review and Meta-Analysis. JBJS Rev. 2019;7(9):e2. doi:10.2106/JBJS.RVW.18.00198
  7. Beynnon BD, Vacek PM, Newell MK, et al. The Effects of Level of Competition, Sport, and Sex on the Incidence of First-Time Noncontact Anterior Cruciate Ligament Injury. Am J Sports Med. 2014;42(8):1806-1812. doi:10.1177/0363546514540862
  8. Quatman CE, Ford KR, Myer GD, Paterno MV, Hewett TE. The effects of gender and pubertal status on generalized joint laxity in young athletes. J Sci Med Sport. 2008;11(3):257-263. doi:10.1016/j.jsams.2007.05.005
  9. Davidson SP, McLean SG. Effects of maturation on combined female muscle strength and ACL structural factors. J Sci Med Sport. 2016;19(7):553-558. doi:10.1016/j.jsams.2015.07.016
  10. Myer GD, Ford KR, Divine JG, Wall EJ, Kahanov L, Hewett TE. Longitudinal assessment of noncontact anterior cruciate ligament injury risk factors during maturation in a female athlete: a case report. J Athl Train. 2009;44(1):101-109. doi:10.4085/1062-6050-44.1.101
  11. Ford KR, Myer GD, Hewett TE. Longitudinal Effects of Maturation on Lower Extremity Joint Stiffness in Adolescent Athletes. Am J Sports Med. 2010;38(9):1829-1837. doi:10.1177/0363546510367425
  12. DiCesare CA, Montalvo A, Barber Foss KD, et al. Lower Extremity Biomechanics Are Altered Across Maturation in Sport-Specialized Female Adolescent Athletes. Front Pediatr. 2019;7:268. doi:10.3389/fped.2019.00268
  13. Hewett TE, Myer GD, Ford KR. Decrease in neuromuscular control about the knee with maturation in female athletes. J Bone Joint Surg Am. 2004;86(8):1601-1608. doi:10.2106/00004623-200408000-00001

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body