前十字靭帯損傷

ふくらはぎの筋肉も前十字靭帯の負荷を減らせるかもしれない

ふくらはぎの筋肉

前十字靭帯を損傷すると長いリハビリに取り組む必要があります。痛みと戦いながら、可動域を確保し、筋肉を鍛えながらできるだけ元の筋力を取り戻すように地道なことを積み重ねていく必要があります。一般的には太ももの筋肉のバランスなどが注目されることが多いのですが、ふくらはぎの筋肉のバランスにあまり意識を払っていないこともあるのではないでしょうか。

 

ポイント

  • ふくらはぎの筋肉は前十字靭帯への負荷を軽減する可能性があります
  • ヒラメ筋が特に前十字靭帯を安定させる効果が高いようです
  • ヒラメ筋はついつい忘れがちですが、しっかりと鍛えることが役に立つかもしれません

 

腓腹筋による前十字靭帯の負荷の軽減

腓腹筋を鍛えることで前十字靭帯への負荷を軽減できる可能性があります。

ふくらはぎの筋肉

  • ある研究では前十字靭帯損傷を経験した人の腓腹筋の活動が長くなっている傾向にあったそうです
  • さらに、前十字靭帯損傷を経験した人は腓腹筋だけでなく前脛骨筋の活動も長くなっている傾向にあったそうです

このように前十字靭帯損傷による不安定さを補うために周辺の筋肉を固めていくことで、膝の安定性を確保しているのではないかと考えられます。

 

腓腹筋の外側と内側について

腓腹筋の繊維によってその機能が微妙に違ってくることもあるようです。

 

腓腹筋

  • 腓腹筋の外側頭はその繊維の長さから弾力的な筋力の発揮に大きく貢献している可能性があります
  • 内側頭についてはジャンプなどの爆発的な筋力発揮にやや劣る可能性があります。というのも片足ジャンプ中の腓腹筋の内側頭を超音波で調べたところ、筋肉がそこまで伸びているわけではなかったそうです

このようにそれぞれの筋肉によって微妙に機能が違ってきますが、基本的には前十字靭帯の負荷の軽減に何らかの形で貢献している可能性があります。

 

ヒラメ筋による前十字靭帯への負荷の軽減

ヒラメ筋を鍛えることは前十字靭帯の負荷を軽減するうえで、思っている以上に価値があるかもしれません。

献体を使った研究において足首を背屈させてふくらはぎの筋肉による張力を増やしたところ、前十字靭帯の負荷が軽減されていたそうです。この効果は腓腹筋を切断しても継続していたそうですが、ヒラメ筋を切断すると消失したそうです。

ヒラメ筋

このことから腓腹筋とヒラメ筋のどちらも前十字靭帯の負荷を軽減させる効果があるが、ヒラメ筋のほうがより効果的ではないかと考えられます。

ついつい忘れがちなヒラメ筋もしっかりと鍛えておくことが前十字靭帯の負荷を軽減させるのに役に立つ可能性があります。

 

まとめ

ふくらはぎの筋肉は前十字靭帯損傷を防ぐためのメインの筋肉ではないかもしれませんが、その筋肉を鍛えることで負荷を軽減させる可能性があります。全ての筋肉には役割があり、細かい筋肉も忘れずにしっかりと鍛えておくことが大切になってくるかと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Klyne DM, Keays SL, Bullock-Saxton JE, Newcombe PA. The effect of anterior cruciate ligament rupture on the timing and amplitude of gastrocnemius muscle activation: a study of alterations in EMG measures and their relationship to knee joint stability. J Electromyogr Kinesiol. 2012;22(3):446-455.

  2. Lindström M, Felländer-Tsai L, Wredmark T, Henriksson M. Adaptations of gait and muscle activation in chronic ACL deficiency. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2010;18(1):106-114.

  3. Kawakami Y, Ichinose Y, Fukunaga T. Architectural and functional features of human triceps surae muscles during contraction. J Appl Physiol. 1998;85(2):398-404.

  4. Aeles J, Vanwanseele B. Do Stretch-Shortening Cycles Really Occur in the Medial Gastrocnemius? A Detailed Bilateral Analysis of the Muscle-Tendon Interaction During Jumping. FRONTIERS IN PHYSIOLOGY. 2019;10.

  5. Sherbondy PS, Queale WS, McFarland EG, Mizuno Y, Cosgarea AJ. Soleus and gastrocnemius muscle loading decreases anterior tibial translation in anterior cruciate ligament intact and deficient knees. J Knee Surg. 2003;16(3):152-158.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body