前十字靭帯損傷

前十字靭帯損傷に伴う骨挫傷による膝の状態の悪化

前十字靭帯損傷は大きな怪我であり、靭帯断裂時に他の組織を損傷することが珍しくなく、骨へのダメージもそのひとつです。

前十字靭帯損傷にともなう骨へのダメージがあると、その後にどのような影響があるのか?文献を交えながら紹介していきたいと思います。

 

ポイント

  • 前十字靭帯損傷時に骨にも力が加わり、骨挫傷を引き起こすことが珍しくありません。
  • 骨挫傷は数週間から数ヶ月で消えるため、手術後の膝の痛みの度合いにそこまで影響しないようです。
  • 骨挫傷がある場合には将来の軟骨のダメージへとつながりやすくなる可能性があります。

 

前十字靭帯断裂時の骨挫傷

前十字靭帯断裂にともなう骨挫傷について、基本的なところを説明していきたいと思います。

 

骨挫傷(Bone Bruise)

前十字靭帯損傷時に骨を痛めることが珍しくなく、怪我をした瞬間に骨にも力が加わって骨にダメージが与えられ、これが骨挫傷となります。

(Kia et al 2020より引用)

 

対側損傷(Contrecoup)説

前十字靭帯損傷に伴う骨挫傷でよく言われることが、直接的に外力が加わっていない部分、いわゆる力が加わった部分と反対の部分を負傷する対外損傷です。

(Kaplan et al 1999より引用)

少し難しい内容ではありますが、膝の内側の打撲は前十字靭帯断裂に伴う骨の脱臼の整復時に対外損傷によって引き起こされたのではないかと考えられています

  • 膝の外反ストレスで大腿骨が外旋し、前十字靭帯が断裂、それとともに大腿骨の外顆を打撲
  • その後に骨を整復するために大腿骨が内旋し、大腿骨内顆を対外損傷
  • 前十字靭帯損傷時の骨挫傷は外側に多く、内側が軽いためこのような説が考えられているのでは・・・

どのくらい正しいのかはわかりませんが、目にすることがある仮説ですので一応触れておきます。

 

典型的なパターン

怪我には様々な種類があるのですが、前十字靭帯損傷に伴う骨挫傷には一定のパターンもみられるようです。

(Filardo et al 2019より引用)

  • 前十字靭帯損傷時には外側の骨挫傷が起こることが多いようです4・5・10。(上の図参照)
  • 献体による実験でジャンプ着地動作を検証したところ、膝のねじれが骨挫傷につながっている可能性が示唆されています
  • 前十字靭帯断裂時には骨挫傷だけではなく、半月板などの他の組織も損傷することが多いようです6〜9。大きな負荷がかかった時には複数の組織がまとめて損傷してしまうと考えられます。

 

骨挫傷と膝の回復度合い

前十字靭帯損傷時の骨挫傷は、手術後の膝の回復可能性や、将来の怪我のリスクなどに影響を与えることもあるかもしれません。

 

膝の状態

骨挫傷が伴うと怪我をした当初は痛みが大きくなることもありますが、長期的には膝の回復度合いに大きな影響はないと考えられています。

膝の骨の痛み

  • 前十字靭帯損傷時の骨挫傷の有無は、手術後の膝の状態に大きな影響を与えないことが報告されています11
  • 膝の怪我に伴う骨挫傷は、6ヶ月時点や数年経過した時点でも膝の状態に大きな違いはないことが報告されています12・13
  • 前十字靭帯損傷に伴う骨挫傷自体は数週間で小さくなっていき、数ヶ月経過するとなくなっていることが報告されています14

このように怪我をした当初は影響があるかもしれませんが、一定期間経過するとなくなっていくため骨挫傷が長期的に膝の回復度合いに影響を及ぼす可能性は低そうです。

 

変形性膝関節症の発症について

骨挫傷の有無は、軟骨の欠損に関係していて、将来の変形性膝関節症へとつながる可能性があります。

  • 前十字靭帯損傷時の骨挫傷は将来の軟骨へのダメージにつながる可能性があることが報告されています15〜18
  • 骨挫傷の範囲が広いほど、将来の軟骨のダメージにつながりやすいことが報告されています15。(上の図参照)

前十字靭帯損傷後はただでさえ変形性膝関節症のリスクが高いのですが、骨挫傷がさらなるリスクへとつながるかもしれません。

前十字靭帯断裂後の変形性膝関節症のリスク要因について

 

骨挫傷と膝の機能の関係性

前十字靭帯損傷による骨挫傷は膝の靭帯の機能や、膝の安定性とったことにはあまり関係していません。

膝のサポーター

  • 前十字靭帯損傷にともなう骨挫傷は膝の回旋の不安定さと関係しているという研究結果がありますが19、一方で膝の回旋の不安定さとの関係性もないという報告もあります20
  • 前十字靭帯損傷にともなう骨挫傷は前十字靭帯の緩さとの関連性は弱いことが報告されています21

このように賛否両論あるものの、基本的には骨挫傷が膝の安定性や靭帯の機能を著しく損なう強い根拠はないようです。

前十字靭帯損傷におけるバランス感覚の低下について

 

考察

ここからは私の考察を書かせて頂きますが、いち専門家の意見は客観的な証明力が弱いとされており、参考程度に読んでいただければと思います。

 

前十字靭帯損傷時に骨挫傷があっても一定期間が経過すれば骨挫傷が消えていくので、長期的には前十字靭帯再建後の膝の状態に大きな影響を及ぼさないと考えられます。

 

一方で骨挫傷は将来の変形性膝関節症のリスクを高める可能性もありますが、

骨挫傷によって膝の靭帯の機能低下や、膝の不安定さにつながることは少ないため、骨挫傷自体が軟骨のダメージを引き起こす可能性が低いのではないかと思います。

しかし、骨挫傷がある場合には半月板損傷が伴っていることが多く、これが将来の変形性膝関節症の発症に大きく影響するのではないかと考えられます。

前十字靭帯損傷に伴う半月板損傷が変形性膝関節症へとつながる

 

まとめ

基本的には怪我をした時により大きな損傷があるほど膝の状態が悪化しやすくなる可能性があるので注意が必要かと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Yoon KH, Yoo JH, Kim K-I. Bone contusion and associated meniscal and medial collateral ligament injury in patients with anterior cruciate ligament rupture. J Bone Joint Surg Am. 2011;93(16):1510-1518. doi:10.2106/JBJS.J.01320
  2. Kaplan PA, Gehl RH, Dussault RG, Anderson MW, Diduch DR. Bone Contusions of the Posterior Lip of the Medial Tibial Plateau (Contrecoup Injury) and Associated Internal Derangements of the Knee at MR Imaging. Radiology. 1999;211(3):747-753. doi:10.1148/radiology.211.3.r99jn30747
  3. Levine JW, Kiapour AM, Quatman CE, et al. Clinically Relevant Injury Patterns After an Anterior Cruciate Ligament Injury Provide Insight Into Injury Mechanisms. Am J Sports Med. 2013;41(2):385-395. doi:10.1177/0363546512465167
  4. Patel SA, Hageman J, Quatman CE, Wordeman SC, Hewett TE. Prevalence and Location of Bone Bruises Associated with Anterior Cruciate Ligament Injury and Implications for Mechanism of Injury: A Systematic Review. Sports Med. 2014;44(2):281-293. doi:10.1007/s40279-013-0116-z
  5. Shi H, Ding L, Jiang Y, et al. Bone Bruise Distribution Patterns After Acute Anterior Cruciate Ligament Ruptures: Implications for the Injury Mechanism. Orthopaedic Journal of Sports Medicine. 2020;8(4):232596712091116. doi:10.1177/2325967120911162
  6. Aravindh P, Wu T, Chan CX, Wong KL, Krishna L. Association of Compartmental Bone Bruise Distribution With Concomitant Intra-articular and Extra-articular Injuries in Acute Anterior Cruciate Ligament Tears After Noncontact Sports Trauma. Orthopaedic Journal of Sports Medicine. 2018;6(4):232596711876762. doi:10.1177/2325967118767625
  7. Beel W, Mouton C, Tradati D, Nührenbörger C, Seil R. Ramp lesions are six times more likely to be observed in the presence of a posterior medial tibial bone bruise in ACL-injured patients. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. Published online March 4, 2021. doi:10.1007/s00167-021-06520-z
  8. Illingworth KD, Hensler D, Casagranda B, Borrero C, van Eck CF, Fu FH. Relationship between bone bruise volume and the presence of meniscal tears in acute anterior cruciate ligament rupture. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. Published online September 4, 2013. doi:10.1007/s00167-013-2657-y
  9. Bisson LJ, Kluczynski MA, Hagstrom LS, Marzo JM. A prospective study of the association between bone contusion and intra-articular injuries associated with acute anterior cruciate ligament tear. Am J Sports Med. 2013;41(8):1801-1807. doi:10.1177/0363546513490649
  10. Amendola A, Papalia R, Torre G, et al. Bone bruises in anterior cruciate ligament injured knee and long-term outcomes. A review of the evidence. OAJSM. Published online February 2015:37. doi:10.2147/OAJSM.S75345
  11. Amendola A, Papalia R, Torre G, et al. Bone bruises in anterior cruciate ligament injured knee and long-term outcomes. A review of the evidence. OAJSM. Published online February 2015:37. doi:10.2147/OAJSM.S75345
  12. Vincken PWJ, ter Braak BPM, van Erkel AR, Coerkamp EG, Mallens WMC, Bloem JL. Clinical consequences of bone bruise around the knee. Eur Radiol. 2006;16(1):97-107. doi:10.1007/s00330-005-2735-8
  13. Lattermann C, Jacobs CA, Reinke EK, et al. Are Bone Bruise Characteristics and Articular Cartilage Pathology Associated with Inferior Outcomes 2 and 6 Years After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction? Cartilage. 2017;8(2):139-145. doi:10.1177/1947603516653209
  14. Szkopek K, Warming T, Neergaard K, Jørgensen HL, Christensen HE, Krogsgaard M. Pain and knee function in relation to degree of bone bruise after acute anterior cruciate ligament rupture: Pain and knee function in relation to degree of bone bruise. Scandinavian Journal of Medicine & Science in Sports. 2012;22(5):635-642. doi:10.1111/j.1600-0838.2011.01297.x
  15. Kia C, Cavanaugh Z, Gillis E, et al. Size of Initial Bone Bruise Predicts Future Lateral Chondral Degeneration in ACL Injuries: A Radiographic Analysis. Orthopaedic Journal of Sports Medicine. 2020;8(5):232596712091683. doi:10.1177/2325967120916834
  16. Filardo G, Andriolo L, di Laura Frattura G, Napoli F, Zaffagnini S, Candrian C. Bone bruise in anterior cruciate ligament rupture entails a more severe joint damage affecting joint degenerative progression. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2019;27(1):44-59. doi:10.1007/s00167-018-4993-4
  17. Bordoni V, di Laura Frattura G, Previtali D, et al. Bone Bruise and Anterior Cruciate Ligament Tears: Presence, Distribution Pattern, and Associated Lesions in the Pediatric Population. Am J Sports Med. 2019;47(13):3181-3186. doi:10.1177/0363546519872975
  18. Van Ginckel A, Verdonk P, Witvrouw E. Cartilage adaptation after anterior cruciate ligament injury and reconstruction: implications for clinical management and research? A systematic review of longitudinal MRI studies. Osteoarthritis and Cartilage. 2013;21(8):1009-1024. doi:10.1016/j.joca.2013.04.015
  19. Song G, Zhang H, Wang Q, Zhang J, Li Y, Feng H. Bone Contusions After Acute Noncontact Anterior Cruciate Ligament Injury Are Associated With Knee Joint Laxity, Concomitant Meniscal Lesions, and Anterolateral Ligament Abnormality. Arthroscopy: The Journal of Arthroscopic & Related Surgery. 2016;32(11):2331-2341. doi:10.1016/j.arthro.2016.03.015
  20. Marot V, Corin B, Reina N, Murgier J, Berard E, Cavaignac E. Femoral and tibial bone bruise volume is not correlated with ALL injury or rotational instability in patients with ACL-deficient knee. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2021;29(3):900-906. doi:10.1007/s00167-020-06045-x
  21. Bastos R. Tibiofemoral bone bruise volume is not associated with meniscal injury and knee laxity in patients with anterior cruciate ligament rupture. Knee Surgery.:9.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body