アキレス腱障害

アキレス腱断裂のメカニズム

アキレス腱断裂はある日突然起こり、アキレス腱断裂によって長期的なリハビリ生活を余儀なくされてしまいます。

突発的にみえるアキレス腱の断裂ですが、日々の習慣の積み重ねによる慢性的な要因によって引き起こされる可能性もあります。

 

ポイント

  • アキレス腱断裂の平均年齢は45歳前後であり、急な運動や週末のスポーツなどでの断裂も多いようです。
  • 日々の運動習慣やトレーニング不足などもアキレス腱断裂に関係しています。
  • プロのアスリートでも激しい運動による慢性的なアキレス腱の炎症もアキレス腱断裂につながる可能性があります。

 

アキレス腱断裂の発生状況

アキレス腱断裂は頻繁に起こるものではありませんが、その発生状況には特徴があります。

 

趣味のスポーツでのアキレス腱断裂

30歳を超えたレクリエーション目的のスポーツにおいてアキレス腱断裂が発生しやすい傾向にあり1・2、アキレス腱断裂の平均年齢は45歳前後で近年では50代を超える人のアキレス腱断裂も増えてきているそうです2・3

アキレス腱断裂

ランニングやジャンプなど急激な負荷がかかるような動きでアキレス腱断裂するケースが多く、特に週末だけスポーツをするといったケースでのアキレス腱断裂が多い傾向にあるようです。

 

プロスポーツでのアキレス腱断裂

プロスポーツ選手においてもアキレス腱断裂は起こりうるもので5・8、過剰な負荷がかかり続けている場合には普段から運動している人でもアキレス腱断裂のリスクがあると言えます。

NBAのバスケットボール選手を対象とした研究では新人選手よりも何シーズンも経験しているベテラン選手のほうがアキレス腱断裂が起こる傾向にあるようです

(Lemme et al 2019より引用)

相手選手との接触時のアキレス腱断裂は少なく、それよりもジャンプやダッシュなどの加速する瞬間のアキレス腱が引き伸ばされながら高い負荷がかかる時の断裂が顕著であるようです

 

腱断裂のメカニズム

アキレス腱の断裂は基本的にアキレス腱の強度が低下している状態で急激に高い負荷がかかることで引き起こされると考えられます。

ある日突然アキレス腱が断裂しますが、アキレス腱の強度の低下は慢性的に進行している可能性も考えられます。

 

加齢にともなうアキレス腱の強度の低下

30〜40代のアキレス腱断裂が多いのは、加齢による身体の変化と若い時のままのイメージが残っていることが関係しているかもしれません。

高齢者ジョギング

加齢とともに血流や代謝の低下などによりアキレス腱の細胞の生成が衰え、アキレス腱の強度の低下していく傾向にあります3・4

アキレス腱の強度の低下は将来の断裂のリスクを高め、特にアキレス腱繊維のサイズが小さいことが断裂のリスクとの関係性が強いようです

 

運動やトレーニングの不足

ウェイトトレーニング

賛否両論ありますがアキレス腱の強度は筋力と関係があると言われており、普段からどのような運動やトレーニングをしているかが関わってくる可能性があります。

一般的には高重量のウェイトトレーニングなどのトレーニングが腱を強くするのに効果的であると言われています。

腱を強くするためのトレーニング

 

慢性的な炎症

ある日突然アキレス腱が断裂が起こりますが、そこには慢性的なアキレス腱へのダメージが蓄積していた可能性があります。

かかとの痛み

アキレス腱断裂をした人達のアキレス腱の細胞を調べたところ慢性的な炎症が報告されています

このことから日々のアキレス腱への負荷によって微細な損傷や炎症を起こし、修復が追いつかずに慢性的な炎症を抱えアキレス腱の強度が低下してしまうことが考えられます。

 

運動やトレーニングなどで適度な負荷をかけることはアキレス腱の強度を保つことに役立つのですが、負荷が高すぎたり身体のケアがいまいちな状態ではアキレス腱のダメージが蓄積していく可能性があります。

 

手術について

アキレス腱を断裂した場合には基本的に手術を選択することになるかと思います

プロのバスケットボール選手でも復帰するのに平均で10ヶ月近くかかり5・10、試合で以前と同じようなパフォーマンスを発揮するのに約2年近くかかってしまうというデータもあります10

バスケジャンプ

このようにアキレス腱断裂は怪我が長期化してしまうおそれがあるため、アキレス腱の違和感は放置せずに早めに治療やリハビリなどに取り組んでアキレス腱断裂を防いでいくことが大切です。

 

まとめ

アキレス腱断裂は30〜40代で起こりやすく、急激な運動などによって断裂へとつながります。

慢性的な運動不足あるいは激しい運動によってアキレス腱の強度が低下していることもアキレス腱断裂につながる可能性があります。

最後まで読んでいただき、ありがとうざいました。

 

<参考文献>

  1. Suchak AA, Bostick G, Reid D, Blitz S, Jomha N. The incidence of Achilles tendon ruptures in Edmonton, Canada. Foot Ankle Int. 2005;26(11):932-936. doi:10.1177/107110070502601106
  2. Ganestam A, Kallemose T, Troelsen A, Barfod KW. Increasing incidence of acute Achilles tendon rupture and a noticeable decline in surgical treatment from 1994 to 2013. A nationwide registry study of 33,160 patients. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2016;24(12):3730-3737. doi:10.1007/s00167-015-3544-5
  3. Magnan B, Bondi M, Pierantoni S, Samaila E. The pathogenesis of Achilles tendinopathy: a systematic review. Foot Ankle Surg. 2014;20(3):154-159. doi:10.1016/j.fas.2014.02.010
  4. Hess GW. Achilles Tendon Rupture: A Review of Etiology, Population, Anatomy, Risk Factors, and Injury Prevention. Foot & Ankle Specialist. 2010;3(1):29-32. doi:10.1177/1938640009355191
  5. Lemme NJ, Li NY, Kleiner JE, Tan S, DeFroda SF, Owens BD. Epidemiology and Video Analysis of Achilles Tendon Ruptures in the National Basketball Association. Am J Sports Med. 2019;47(10):2360-2366. doi:10.1177/0363546519858609
  6. Claessen FMAP, de Vos R-J, Reijman M, Meuffels DE. Predictors of primary Achilles tendon ruptures. Sports Med. 2014;44(9):1241-1259. doi:10.1007/s40279-014-0200-z
  7. Diniz P, Pacheco J, Guerra-Pinto F, Pereira H, Ferreira FC, Kerkhoffs G. Achilles tendon elongation after acute rupture: is it a problem? A systematic review. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. Published online May 3, 2020. doi:10.1007/s00167-020-06010-8
  8. Dakin SG, Newton J, Martinez FO, et al. Chronic inflammation is a feature of Achilles tendinopathy and rupture. Br J Sports Med. 2018;52(6):359-367. doi:10.1136/bjsports-2017-098161
  9. Maffulli N, Via AG, Oliva F. Chronic Achilles Tendon Disorders. Clinics in Sports Medicine. 2015;34(4):607-624. doi:10.1016/j.csm.2015.06.010
  10. Siu R, Ling SK, Fung N, Pak N, Yung PS. Prognosis of elite basketball players after an Achilles tendon rupture. Asia Pac J Sports Med Arthrosc Rehabil Technol. 2020;21:5-10. doi:10.1016/j.asmart.2020.03.002

-アキレス腱障害

© 2021 Hero's Body