アキレス腱障害

アキレス腱炎のメカニズム

アキレス腱炎

練習のしすぎなどでアキレス腱炎を発症することがあります。練習のしすぎによる慢性的な怪我は痛みが長期化することも珍しくなく、その怪我の原因から改善していくことがとても大事です。アキレス腱の役割を理解し、アキレス腱がどのようにパフォーマンスや怪我のリスクと関係しているのかを知ることで、少しでも状態がよくするためのヒントになる可能性があります。

 

ポイント

  • アキレス腱にはエネルギー伝達の役割があり、ランニングなどの推進力に貢献しています
  • アキレス腱炎を持っている人はアキレス腱の強度が低下している傾向にあります
  • ストレッチなどの柔軟性とアキレス腱炎の関係性には議論があり、必ずしも効果があるとは限らないようです

 

アキレス腱にはエネルギー伝達の役割がある

アキレス腱があることでバネのようにエネルギーを効率的に利用することができます。

バウンディング

  • バネといっても実際はかなり硬く、ほんの数ミリ単位の変化であることが多いと言われていますが、このアキレス腱の働きがランニング動作に大きく貢献しています
  • ある研究ではアキレス腱が強いほどエネルギー消費量が少ない傾向にあるという結果が出ています。これはランニング動作時の酸素消費量とアキレス腱の硬さの関係性を分析した結果となっています。
  • 興味深いことにアキレス腱がマラソンの後半の失速と関係している可能性があるようです。この研究では90分走った後にアキレス腱の強さを調べていますが、アキレス腱の強さが低下していたそうですそして、同じ速度で走っても酸素消費量が増えていたことから、アキレス腱の強さがランニング動作の効率と関係しているのではないか?と考えているわけですね。

このようにアキレス腱はラニング動作のパフォーマンスと大きな関わりを持っている可能性があります。

 

アキレス腱の強さが怪我の原因にもなりうる?

アキレス腱の耐久力の低下で怪我が起きやすくなる可能性があります。

ふくらはぎの筋肉

  • アキレス腱にかかる負荷を調べた研究があり、ふくらはぎに同じような強さの力を込めているのにもかかわらずアキレス腱障害を持っているランナーの方がアキレス腱により大きな負荷がかかっていたそうです
  • ある研究でアキレス腱障害を持っている人達のアキレス腱の強さを調べたところ、次の図のようにアキレス腱の強さが低下していたという結果となっています

このようにアキレス腱障害を持っている人達のアキレス腱は弱くなっていることが原因ではないかと考えられています。

怪我をしたことでアキレス腱が弱くなってしまったのか、アキレス腱が弱いから怪我をしたのかについてまだまだ疑問は残ります。

しかし、アキレス腱の強さは怪我と関係している可能性があり、エクササイズなどでアキレス腱の強さを改善していくことが大事であると考えられます。

 

足首の可動域による影響

足首の可動域がアキレス腱障害と関係しているのかについては意見がわかれています。アキレス腱障害を持っていた人は足首の可動域が低下していたと報告する研究があれば、そうでないという研究結果もあります。いずれにせよ足首の可動域が変化することでアキレス腱への負荷が変わる可能性があります。

足首の硬さを改善するためのストレッチやケアの方法は比較的シンプルなものも多く、可動域が減少している場合には改善させて損することは少ないのではないかと思います。

そして、アキレス腱炎との関係性は微妙であったとしても他の怪我を防ぐためにはふくらはぎのストレッチは重要であるかと思います。

 

まとめ

アキレス腱の強さはランニング動作のパフォーマンスや怪我のリスクと関わってきます。定期的なケアやエクササイズなどで、アキレス腱を良い状態に保つことが役に立つ可能性があります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Lai A, Schache AG, Lin Y-C, Pandy MG. Tendon elastic strain energy in the human ankle plantar-flexors and its role with increased running speed. Journal of Experimental Biology. 2014;217(17):3159-3168.

  2. Fletcher JR, Esau SP, MacIntosh BR. Changes in tendon stiffness and running economy in highly trained distance runners. Eur J Appl Physiol. 2010;110(5):1037-1046.

  3. Fletcher JR, MacIntosh BR. Changes in Achilles tendon stiffness and energy cost following a prolonged run in trained distance runners. PLoS ONE. 2018;13(8):1-17.

  4. Child S, Bryant AL, Clark RA, Crossley KM. Mechanical Properties of the Achilles Tendon Aponeurosis Are Altered in Athletes With Achilles Tendinopathy. Am J Sports Med. 2010;38(9):1885-1893.

  5. Arya S, Kulig K. Tendinopathy alters mechanical and material properties of the Achilles tendon. Journal of Applied Physiology. 2010;108(3):670-675.

  6. Vlist AC van der, Breda SJ, Oei EHG, Verhaar JAN, Vos R-J de. Clinical risk factors for Achilles tendinopathy: a systematic review. Br J Sports Med. 2019;53(21):1352-1361.

-アキレス腱障害

© 2021 Hero's Body