前十字靭帯損傷

前十字靭帯の耐久性も怪我の原因のひとつかもしれない

前十字靭帯

筋肉を鍛えることができても靭帯は鍛えることができない、という発言が話題になったことがあります。しかし近年の研究ではトレーニングや疲労などで靭帯の強さも変わってくる可能性があるのではないか?という考え方もあるようです。

もしかしたら前十字靭帯断裂などの怪我は突発的に起こったのではなく、靭帯の耐久性が落ちていたことがひとつの原因と言えるのかもしれません。

 

ポイント

  • 日々の練習で前十字靭帯に軽微な損傷が起こり、腫れることがあります。
  • 疲労が蓄積していくと前十字靭帯の耐久性が低下するということが起こり得ます
  • トレーニング次第では前十字靭帯を強くできる可能性があるかもしれませんが、効果的な方法は確立されていません

 

前十字靭帯はすでに脆くなっていた?

前十字靭帯の耐久性がすでに低下していた可能性も考えられます。

前十字靭帯損傷をした人とそうでない人の前十字靭帯を調べた研究があります。その結果、前十字靭帯を断裂した人のほうが逆足の前十字靭帯が小さく、健康的な人に比べて耐久性に劣る可能性があるようです

MRIによる前十字靭帯の測定

(Chaudhari et al 2009より引用)

ただし、この研究では靭帯を断裂してしまっては靭帯の評価できないため逆足の前十字靭帯を評価の対象としていますし、怪我をした後に安静にしていたことによる萎縮などによる影響がどの程度あるのかはわかりません。

 

長年のトレーニングで前十字靭帯が強くなる?

ここ最近ではトレーニングで靭帯もある程度鍛えられる可能性が示唆されています。

ここでウェイトリフティングの選手とそうでない人の前十字靭帯を比べた研究があり、ウェイトリフティングの選手のほうが丈夫な前十字靭帯だった傾向にあったようです

ウェイトリフティング選手の前十字靭帯の測定

(Grzelak et al 2012より引用)

このことから適度なトレーニングを行うことで靭帯もある程度強くなる可能性があり、反対に適切な負荷が加えられていない場合には前十字靭帯の耐久性が相対的に落ちている可能性を示すのではないでしょうか?

 

靭帯への適切な負荷の与え方はわからない

靭帯を強くするための適切な負荷は不明なことが多く、リスクもつきまといます。

サッカー選手の前十字靭帯をシーズン前後で比べている研究があり、利き足である右足の前十字靭帯ほうがシーズン後にサイズが大きくなっており、一方で利き足でない左足の前十字靭帯のほうが腫れが大きくなっていたそうです。この研究では全員の利き足が右足であり、MRIを用いて前十字靭帯の測定をしています。

サッカーのキック

この結果は負荷の与え方次第で靭帯が異なる反応を示すということを表していると思います。

ただし、靭帯が強くなっているのか炎症で腫れてサイズが大きくなっているだけなのか、現時点では判断できないようです。

 

こういったことからトレーニングや負荷が靭帯を強くするのに効果的なのか?この差が本当に怪我を防止する効果があるのか?ということはまだまだ不明なことが多いようです。

そもそも靭帯を鍛えるようとする発想にはリスクもつきまといます。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

関連記事
靭帯を鍛えて強くするという発想について

続きを見る

 

このため現状では前十字靭帯を直接強くするのではなく、膝周りの筋肉をしっかりと鍛え、前十字靭帯に負荷がかかるような動作を減らし、適度な休息をとるなどして前十字靭帯損傷を防いでいくことが大切になってくるかと思います。

 

まとめ

これらの結果を踏まえると前十字靭帯の断裂は突発的に起こったのではなく、日々の疲労の蓄積や予防のためのトレーニングがしっかり行われていなかったことで前十字靭帯の耐久性が落ちていたこともひとつの原因かもしれないということですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

<参考文献>

  1. Chaudhari AMW, Zelman EA, Flanigan DC, Kaeding CC, Nagaraja HN. ACL-Injured Subjects Have Smaller ACLs Than Matched Controls: An MRI Study. Am J Sports Med. 2009;37(7):1282-1287.

  2. Grzelak P, Podgorski M, Stefanczyk L, Krochmalski M, Domzalski M. Hypertrophied cruciate ligament in high performance weightlifters observed in magnetic resonance imaging. Int Orthop. 2012;36(8):1715-1719.

  3. Myrick KM, Voss A, Feinn RS, Martin T, Mele BM, Garbalosa JC. Effects of season long participation on ACL volume in female intercollegiate soccer athletes. J Exp Orthop. 2019;6(1):12.

-前十字靭帯損傷

© 2021 Hero's Body