足底筋膜炎の整体施術 | Hero's Body | 越谷市

足底筋膜炎足底筋膜炎の原因を根本的に解決するためには、足関節を整え、筋力を高め、身体のクセを改善していくことが大切です。

痛みを減らすだけの対処療法ではより激しい練習などで足底筋膜炎の再発リスクがあります。

 

足底筋膜炎の原因

足底筋膜は足元を安定させる機能があり、他にも走ったりジャンプしたりする時のバネのような役割も果たします。

このため過度な走り込みやなどの繰り返しの負荷によって足底筋膜炎が引き起こされます。

 

体重が重い場合や可動域の低下、筋力低下などによって足底筋膜炎のリスクが高まります。

骨棘の形成など骨に影響もある場合もあり、重大な損傷が疑われる場合には整形外科で診断を受けることが大切です。

 

足底筋膜炎の整体施術

マッサージ

足底筋膜炎を抱えている時に足の裏をマッサージしたくなるかもしれません。

足裏のマッサージ

足ツボマットなどに体重を乗せて、足の裏をほぐすということを試してみたことがあるのではないでしょうか。

しかし、足底筋膜炎を抱えている人は既に足の裏が柔らかい傾向があり、マッサージによって足関節が緩くなり過ぎて逆効果になってしまう可能性もあります。

マッサージ直後の歩行時に痛みが増すといった事例もあり、注意が必要です。

 

ストレッチ

足底筋膜炎を抱えている人は足首の可動域が低下している傾向にあり、ストレッチで足首の可動域を向上させることが役に立ちます。

足首の背屈の可動域

ふくらはぎの筋肉をストレッチすることで足底筋膜炎の症状が和らぐことがあります。

これは身体は連鎖してつながっているためと考えられています。

 

足関節を整える施術

足関節が歪んだり、動きが悪かったりすることで、負荷がかかりやすくなります。

足底筋膜炎

足関節は知らず知らずのうちにズレや歪みが生じやすく、そのことに気が付かないまま放置されていることも珍しくありません。

足関節を整えるだけで足元の動きが見違えるように楽になることがよくあります。

 

足底筋膜炎のトレーニング

足の指のトレーニング

足底筋膜炎を防ぐためには足の指を鍛えることが重要で、ランニングなどの動作では想像以上に強い筋力が足の指に求められます。

一般的なタオルギャザーのエクササイズは重りなしで行うことが多いかもしれませんが、それだけでは十分な筋力を獲得することができません。

足の指のエクササイズ

さらに足の指にはたくさんの筋肉がついているため、指を様々な方向に鍛えることも大事です。

前後左右、グーチョキパーなど足の指を様々な動きでトレーニングすることが役に立ちます。

しかし、足の指は思うように動かせないことも多く、意識してもなかなか上手く鍛えられない人も少なくありません。

 

足首のトレーニング

足底筋膜炎を防ぐためには足首も鍛えることが大切で、足首が安定していないと足の指や足底筋膜などへの負担が大きくなります。

 

足の指を刺激しながら足首を鍛えられるようなエクササイズが紹介されることも多々あります。

しかし、足首のバランスが整っていない場合には十分な効果を発揮しない場合もあり、足首を単独で鍛えるような負荷の低いところから段階的に進めていくことが大切です。

 

足元を整えるアイテム

シューズの調整

インソールの処方

足底筋膜炎を防ぐためには身体に合った適切なシューズを選択することが役に立ちます。

オーダーメイドのインソールなども高い効果があることが知られていますし、シューズのかかと部分にヒールクッションを入れることも足底筋膜炎の痛みが軽減することがあります。

 

テーピング

さらにはテーピングなどで足のアーチをサポートすることも足底筋膜炎の予防に効果があります。

足底筋膜炎は回復するのに想像以上に時間がかかってしまうことと、筋肉が小さいためトレーニングの効果に限界があることから、テーピングを積極的に使っていくのが賢明であると思います。

足底筋膜炎のテーピングには様々な種類がありますが、足のアーチを強固にサポートすることが基本になります。

それに加えて足首の関節を整えるようなテーピングや、他の場所との連動性など身体の状態に合わせてテーピングのバリエーションも変わってきます。

 

まとめ

足底筋膜炎を根本的に解決するためには、足関節の歪みを整え、筋力を高め、シューズやテーピングなどを使い改善していくことが役に立ちます。

 

<参考文献>

  1. Hamstra-Wright KL, Huxel Bliven KC, Bay RC, Aydemir B. Risk Factors for Plantar Fasciitis in Physically Active Individuals: A Systematic Review and Meta-analysis. Sports Health. 2021 May-Jun;13(3):296-303. doi: 10.1177/1941738120970976. Epub 2021 Feb 3. PMID: 33530860; PMCID: PMC8083151.
  2. Trojian T, Tucker AK. Plantar Fasciitis. Am Fam Physician. 2019 Jun 15;99(12):744-750. PMID: 31194492.
  3. Baur D, Schwabl C, Kremser C, Taljanovic MS, Widmann G, Sconfienza LM, Sztankay J, Feuchtner G, Klauser AS. Shear Wave Elastography of the Plantar Fascia: Comparison between Patients with Plantar Fasciitis and Healthy Control Subjects. J Clin Med. 2021 May 27;10(11):2351. doi: 10.3390/jcm10112351. PMID: 34072045; PMCID: PMC8199455.
  4. Petraglia F, Ramazzina I, Costantino C. Plantar fasciitis in athletes: diagnostic and treatment strategies. A systematic review. Muscles Ligaments Tendons J. 2017 May 10;7(1):107-118. doi: 10.11138/mltj/2017.7.1.107. PMID: 28717618; PMCID: PMC5505577.

 

アクセス(越谷市蒲生駅から徒歩5分)

​<住所>
​埼玉県越谷市蒲生茜町23-2  WAnest W204
東武伊勢崎線「蒲生駅」徒歩5分
アクセス方法の詳細

<営業時間>
10:00ー21:00(平日)
10:00ー18:00(土日祝日)​
完全予約制

 

料金

お問い合わせ

2022年11月8日

© 2020 biomechclinic.com