半月板損傷の整体施術 | 越谷市 | Hero's Body

半月板損傷

 

半月板損傷の原因

スポーツで半月板損傷が起こりやすく、ダッシュやジャンプ、方向転換などの動作が半月板に負荷がかかりやすいと考えられています。

多くのスポーツ選手が無症状ながらも半月板に微細な傷を抱えており、慢性的にダメージが蓄積されていくと半月板損傷の痛みへとつながります。

半月板損傷

半月板に供給されている血流が限られているなどの理由から、半月板の修復能力はそんなに高くありません。

このため半月板損傷からの回復には時間がかかりやすいこと、そして手術で対応する事例も多い印象です。

闇雲に手術で半月板を削りすぎてしまうと、膝の機能が低下してしまう可能性があり、将来的に怪我をしやすい身体になってしまうことも考えられます。

半月板損傷手術

半月板損傷の疑いがある場合には整形外科で精密検査を受け、手術のメリットやデメリットを含めて整形外科医の先生としっかり話し合うことが大切です。

 

半月板損傷の整体施術

柔軟性を高める整体施術

柔軟性を高めることが一般的に良いとされていますが、半月板損傷の場合には柔軟性を高めても半月板損傷の痛みの改善にあまり役立たないことが複数の研究結果で報告されています。

 

身体のバランスを整える整体施術

整体施術は身体のバランスを整えるためのものであり、膝にかかる負担を減らしていく、膝のアライメントを整える、筋肉の使い方のクセを解消するなどの目的で身体を整えることになります。

膝の整体施術

 

半月板損傷のトレーニング

半月板損傷の改善のためには膝周りの筋肉を鍛えることが欠かせません。

階段の登り下りや、ジャンプの着地、スポーツにおけるブレーキ動作など膝に負担がかかりやすい場面で膝の筋肉が役立ちます。

大腿四頭筋

とはいえ、膝の状態が悪いと膝周りの筋肉を鍛えるトレーニング自体で痛みが出やすいため注意が必要で、身体の状態に合わせた負荷の調整やトレーニング種目の選択がとても大切です。

 

お尻

半月板損傷においてもお尻の筋肉を鍛えることはとても大事なことで、お尻が強くなることで膝の負担を和らげることができます。

また、お尻のトレーニングは膝に直接の負担がかかりにくいためトレーニングで膝を痛めるリスクも小さいと言えます。

大臀筋

 

体幹

体幹トレーニングは半月板損傷の改善にも役立ち、体幹がしっかりしていることで膝に安定性をもたらすことができます。

体幹には様々な筋肉があり、特に横方向の筋肉が膝の負担を減らすためのポイントとなりますが、 膝を痛めている人はこの筋肉が弱いことが多くみられます。

 

 

<参考文献>

  1. Wedge C, Crowell M, Mason J, Pitt W. Rehabilitation and Return to Play Following Meniscus Repair. Sports Med Arthrosc Rev. 2021 Sep 1;29(3):173-179. doi: 10.1097/JSA.0000000000000303. PMID: 34398124.
  2. Luvsannyam E, Jain MS, Leitao AR, Maikawa N, Leitao AE. Meniscus Tear: Pathology, Incidence, and Management. Cureus. 2022 May 18;14(5):e25121. doi: 10.7759/cureus.25121. PMID: 35733484; PMCID: PMC9205760.
  3. Chirichella PS, Jow S, Iacono S, Wey HE, Malanga GA. Treatment of Knee Meniscus Pathology: Rehabilitation, Surgery, and Orthobiologics. PM R. 2019 Mar;11(3):292-308. doi: 10.1016/j.pmrj.2018.08.384. Epub 2019 Feb 27. PMID: 30195704.
  4. Harput G, Guney-Deniz H, Nyland J, Kocabey Y. Postoperative rehabilitation and outcomes following arthroscopic isolated meniscus repairs: A systematic review. Phys Ther Sport. 2020 Sep;45:76-85. doi: 10.1016/j.ptsp.2020.06.011. Epub 2020 Jul 13. PMID: 32688294.
  5. Stensrud S, Risberg MA, Roos EM. Effect of exercise therapy compared with arthroscopic surgery on knee muscle strength and functional performance in middle-aged patients with degenerative meniscus tears: a 3-mo follow-up of a randomized controlled trial. Am J Phys Med Rehabil. 2015 Jun;94(6):460-73. doi: 10.1097/PHM.0000000000000209. PMID: 25299520.

 

アクセス(越谷市蒲生駅から徒歩5分)

​<住所>
​埼玉県越谷市蒲生茜町23-2  WAnest W204
東武伊勢崎線「蒲生駅」徒歩5分
アクセス方法の詳細

<営業時間>
10:00ー21:00(平日)
10:00ー18:00(土日祝日)​
完全予約制

 

料金

お問い合わせ

2023年5月29日

© 2020 biomechclinic.com