肉離れの整体施術 | Hero's Body | 越谷市

肉離れ

肉離れを根本的に解決するためには、柔軟性を高め、十分な筋力を確保することが大切です。

肉離れは何度も再発してしまうことが珍しくなく、痛みを減らすだけの対処療法では肉離れが再発してしまうリスクがあります。

 

肉離れの原因

肉離れは筋肉が高い負荷を受けながら、急激に引き伸ばされることで引き起こされると考えられています。

強度の高い試合でのスプリントや、練習量が急激に増えてくると肉離れが多くなります。

スプリント

スポーツでの高い強度の動きに耐えられる身体が重要であり、筋力不足が肉離れの原因となります。

また筋持久力も大切であり、普段から練習量の多い選手ほど肉離れになりにくいことが知られています。

負傷度合いによりますが、肉離れは数週間や数ヶ月と治るのに意外と時間がかかってしまうことが珍しくありません。

急いでスポーツ復帰しようとするとかえって症状を悪化させる可能性があり、冷静な判断が大切になります。

 

肉離れの整体施術

ストレッチ

ストレッチなどで一定の可動域を確保することは肉離れを防ぐのに役立つ可能性があります。

とはいえ闇雲にストレッチをすることが効果を発揮するとは限りません。

ハムストリングスのストレッチ

プロのサッカー選手438人のハムストリングスの可動域を調べた研究ではハムストリングスの肉離れをした人とそうでない人の間に可動域の差はなかったようです。

このように柔軟性と肉離れの発生率は微妙なところで、柔軟性が高ければ高いほど肉離れを防げるわけではありません。

とはいえ筋肉が硬すぎるのは問題であり、基本的にはスポーツごとに必要な最低限の可動域を確保することが目標となります。

 

骨盤の施術

整体施術で骨盤の歪みを解消することや、股関節周りの筋肉のコリを取り除くことも肉離れを防ぐのに役立ちます。

骨盤股関節

骨盤や股関節周りが乱れていることで、筋肉が適切な働きができずに機能低下し、肉離れにつながるような負荷が生まれてしまうことがあります。

⇨整体での骨盤矯正の効果について

 

肉離れのトレーニング

ハムストリングスのトレーニング

肉離れの中で多いのがハムストリングスの肉離れです。

肉離れを防ぐためには一定の筋力が必要であり、トレーニングで筋力を強化することで肉離れを防ぐことができます。

ハムストリングス

太ももの前面にある大腿四頭筋に対してハムストリングスの筋力が弱いと、肉離れを引き起こしやすくなります。

さらにハムストリングスは複数の筋肉に別れていて、肉離れをした選手は内側や外側など筋肉の活動量が低下している部分が見受けられます。

ハムストリングスの肉離れに限らず、他の部位の肉離れにおいても負傷箇所の筋力強化は大切です。

 

お尻の筋肉のトレーニング

肉離れを引き起こす選手はお尻の筋肉の活動量が低下していることが知られています。

お尻の筋肉を鍛えることは肉離れを防ぐのに役立ち、重点的に鍛えたい筋肉のひとつです。

大臀筋

お尻の筋肉を鍛えることは意外と難しく、痛みがひどい人ほど思うようにお尻の筋肉に力を入れることができない傾向にあります。

専門家の指導のもと、段階を踏んでお尻の筋肉に刺激を入れていくことで、お尻の筋肉が活性化していきます。

 

体幹のトレーニング

体幹の筋肉を鍛えることも肉離れを防ぐのに役立ちます。

強い脚力を生み出すためには、土台となる体幹部分が強いことが大切になります。

腹筋

一般的に腹筋を重点的に鍛えることが多いのですが、横方向の腹筋や背筋など体幹全体をバランス良く鍛えることが肉離れを防ぐポイントになります。

 

まとめ

肉離れを防ぐためにスポーツに求められる標準的な柔軟性を確保し、肉離れを引き起こした筋肉やお尻の筋肉、体幹の筋肉もしっかりとトレーニングで鍛えることが大切です。

 

<参考文献>

  1. Van Dyk N, Farooq A, Bahr R, Witvrouw E. Hamstring and Ankle Flexibility Deficits Are Weak Risk Factors for Hamstring Injury in Professional Soccer Players: A Prospective Cohort Study of 438 Players Including 78 Injuries.Am J Sports Med. 2018;46(9):2203-2210.

  2. Liu H, Garrett WE, Moorman CT, Yu B. Injury rate, mechanism, and risk factors of hamstring strain injuries in sports: A review of the literature. Journal of Sport and Health Science. 2012;1(2):92-101.

  3. uddy JD, Pollard CW, Timmins RG, Williams MD, Shield AJ, Opar DA. Running exposure is associated with the risk of hamstring strain injury in elite Australian footballers. Br J Sports Med. 2018;52(14):919-928. doi:10.1136/bjsports-2016-096777

  4. Duhig S, Shield AJ, Opar D, Gabbett TJ, Ferguson C, Williams M. Effect of high-speed running on hamstring strain injury risk. Br J Sports Med. 2016;50(24):1536-1540. doi:10.1136/bjsports-2015-095679

  5. Malone S, Owen A, Mendes B, Hughes B, Collins K, Gabbett TJ. High-speed running and sprinting as an injury risk factor in soccer: Can well-developed physical qualities reduce the risk? J Sci Med Sport. 2018;21(3):257-262. doi:10.1016/j.jsams.2017.05.016

 

アクセス(越谷市蒲生駅から徒歩5分)

​<住所>
​埼玉県越谷市蒲生茜町23-2  WAnest W204
東武伊勢崎線「蒲生駅」徒歩5分
アクセス方法の詳細

<営業時間>
10:00ー21:00(平日)
10:00ー18:00(土日祝日)​
完全予約制

 

料金

お問い合わせ

© 2020 biomechclinic.com